FC2ブログ

「静かに荒れる」小学校

 2020年6月28日の朝刊に「「静かに荒れる」小学校 東京・埼玉教員調査」の引用。教師の言うことを無視する子どもたちが増えているんじゃないのかな???「聞く耳を持たない」?・・・「自己判断」?
「よい子」振る舞う子 増える
 反抗的な子どもは減ったけれど、禁止物を持ち込んだり、給食を散乱させたりする子どもが増えているー。教員の指導に子どもが従わず、授業が成立しないなどの学級崩壊について、白梅学園大の増田修治教授(教育学)が東京都と埼玉県の公立小教員にアンケートを行ったところ、こんな実態が浮かんだ。増田教授は「学校現場に『静かな荒れ』が広がっている」とみている。
 調査は2019年9~10月に公立小中の教員を対象に実施し、このうち小学校の計429人の回答を分析した。質問は、学級崩壊が話題となった1998年に大阪府の民間教育機関が行った教員へのアンケートとほぼ同じにし、結果を比較できるようにした。
 「先生に反抗する子どもが増えている」との問いでは、「そう思う」「ややそう思う」が27.5%で、98年の61.9%から半減。「すぐカッとなって手を出す子が増えた」39.9%で、98年の71.6%から大幅に減少した。。「『よい子』を振る舞う子が増えた」は48.5%で、98年の35.4%から増加した。
 菓子やカードゲームなどの「学校で禁止されているものを持ってくる」は、「よくあった」「たまにあった」が49.9%で98年から約27ポイント増。「学級経営が困難になった経験」では、「ある」と回答が98年より約10ポイント下がったものの、半数超の56.2%。
 増田教授は静かな荒れが広がる背景について、自由記述にあった「問題が起きた時に原因を他人のせいにする親子」に注目。「保護者は学級崩壊が問題となったころに学生生活を送り、学校に不信感を持っている世代。その不信感が子どもに伝わり、教師の指導に納得していない可能性がある」と指摘する。

主なアンケート結果

スポンサーサイト



TTの功罪

 以前、T1とT2の教師がどこでどう入れ替わってもわからないくらい自然なTTの授業を見たことがある。指導内容はあるが、T1とT2の役割は分担されていない。どちらがT1をしてもできるようになっている。2人とも全体を見る力を持ち短時間での個別への配慮も二重丸だった。そして2人は、互いに授業で何を言うのか分かるというくらい仲の良い教師だった。
 「クラスの子どもの実態を、T2がT1と同じくらい把握できていること。だってTTが失敗すれば、二次障害への近道を歩ませることになるのよ」と、T2の教師は言った。TTでの指導は、教師の力が問われるのである。
 このことを現場の教師はもとより学校運営を掌る管理職にこそ熟知していて頂きたい。特別な支援を必要とする児童を扱うために、科学的な理解と実践に基づく指導を、学校ぐるみで学ぶ時代なのだと、校内での研修を重ねている新潟の大森修校長先生の『新学校づくりの記』を読めば納得できるというものである。
はじめに
 TT(Team Teaching)によるADHD/LAを含めた軽度発達障害児への支援が行われるようになりつつある。実際、軽度発達障害児への支援を目的として、TTあるいは補助員をクラスに派遣する制度を、独自の予算措置で行っている自治体も多い。また、それを望む保護者も多い。教室に大人が2人いるのであるから、2倍の手をかけてもらえると考えるからだ。期待も膨らもうというものだ。
1 罪深いTT方式の授業例
 TT方式授業を見学させていただいて、私がマンパワーを生かした良い授業・学級運営になっていると思えることは、非常に少ない。逆に、はっきり有害であることが少なくない。
 一番多い間違いは、T2が、べったりと軽度発達障害児に付き添っている授業形態である。T2が、べったりと付き添っている児童・生徒のことを、周囲の子どもたちはどう思うだろうか。健常児たちは、軽度発達障害児を、ちょっと変わっている、はみだしていると認識しているので、「あの子は変だから、先生がついている」と考える。
 ここで、ADHD/LD児は、全般的な知的発達に遅れがないことを、思い出してほしい。ADHD/LD児は、プライドからも健常児と同様にあるのだ。周囲が「あの子は変だから、先生がついている」と思っていることを認知すれば、T2を拒絶するのは、当然だ。
 しかし、実際はそういうTT指導が多い。つい先日の関連学会でも、ある自治体で、そのような事例が頻発し、困り果てているとの報告があった。
 軽度発達障害児にT2が付き添っているという感覚があれば、その時点で軽度発達障害児への支援を目的としたT2指導は破綻しかねない。軽度発達障害児のソーシャルスキルトレーニングの場としての学級を考えた場合も、そのようなT2の存在は、好ましくない。軽度発達障害児の自律と自立を妨げるからだ。
 これを避けるためには、授業参加時の、ひとりの児童に対する指導を、1回あたり数十秒にとどめることが必要だ。実際には、数分に及んでおり、べったり付き添っているという印象を、当人にも、周囲にも与えている。
 気をつけなけらばならないのは、軽度発達障害児の保護者が、上述のようなTT方式の授業を、濃厚なサポートとして、学校に望むことだ。このような短絡的な保護者の要求を受け入れてはならない。次に多い間違いは、TTが児童の一例として、模範演技をしている例である。T1・T2が協力しているようにはたから見え、授業をすすめやすいので、よく見られるのだろう。
 T2がT1の相手をしているのだから、どちらの教師も、教室の全ての子どもを観察していない、空白の時間が生じる。児童を観察しながらやればよいという意見を聞いて、私は心底驚いた。教師(T1)の顔を見ずに話をする児童(T2)や、子ども(T2)の顔を見ずに話をする教師(T1)を、児童の模範にするつもりなのだろうか。そのようなお手本は有害である。軽度発達障害児の援助には、生活指導の側面も大切であることを、ゆめゆめ忘れてはならない。
 模範演技をする場合に、子どもたちからよく見えるようにと、T1、T2とも教室の前方や真ん中に出ている例が多い。教室の後方に目が届かないことに気がつかないのだろうか。
 一般に、教室の後方にはできる子が、前方にはできない子がいることが多い。できる子で、特に、教師に反抗的な側面を持つ児童は、模範演技内容を理解しているので、T1、T2を見ずに、いたずらをしている。参観している私にはその様子がよく分かる。そして、できない子は、後方のT2を見ながら、できる子がいたずらをしているのを探し当てている。できる子がいたずらをしていても叱られないのに、自分は目をつけられていて、すぐ叱られるとふくれっつらをしている。教師が、できる子をえこひいきして

発達障害ADHDの原因 脳受容体と炎症 関係


 2020年6月14日の朝刊に「発達障害ADHDの原因 脳受容体と炎症 関係」という記事を発見!これからの研究に期待しています!
 「アスペ」はどうなんだろう???
 注意の続きにくさや落ち着きのなさを主な症状とする発達障害の一つ、注意欠陥多動性障害(ADHD)。その原因として、神経伝達物質「ドーパミンD1」受容体と脳内の神経炎症が相互に関わっていることが、浜松医科大などの共同研究で明らかになった。現在の治療薬は成長の阻害や心臓や血管への影響など副作用が課題だったが、仕組みが分かったことで飲みやすい新薬の開発につながると期待される。
(細谷真理)
浜松医大など研究 新薬の開発に期待
 ADHAは、世界で人口の約5%が診断されるといわれる発達障害。注意の程度などに関係する神経伝達物質「ドーパミン」が関与していることが知られ、脳の神経の炎症が関わっていることも推測されてきたが、人間では具体的に確認されていなかった。
 共同研究では、健常者とADHD当事者それぞれ24人の頭部を陽電子放射断層映像装置(PET)で撮影し、画像を比較。心理検査や症状の評価もして分析した。

 ADHD当事者では、注意や感情などのコントロールに重要な役割を持つ前頭葉の内側部分で、ドーパミンの一種「ドーパミンD1」のうち神経伝達の受け皿の役割を果たす「受容体」部分の機能が低下。計画性などに関わる前頭葉の外側、下側部分で脳の環境を整える細胞「ミクログリア」が活性化して過剰に働き、脳内の神経が炎症していることが分かった。
 ADHAの症状が重いほど、ドーパミンD1受容体の機能が低下し、脳内の神経炎症が進んでいた。ドーパミンD1受容体の機能が低下することでミクログリアが活性化する相関関係も確認できた。
 この研究は、浜松医科大精神医学講座の横倉正倫助教や、同大光尖端医学教育研究センター生体機能イメージング研究室の尾内康臣教授が中心となった。
 板倉教授は「今回相関関係が分かったことで、ドーパミンD1受容体を刺激する薬が開発できれば、ミクログリアの活性化を抑える期待ができる。症状の治療につながる可能性は高い」と説明する。
 研究には、浜松光医学財団、浜松ホトニクス、浜松衣装センターも参加。浜松光医学財団のPETを活用した。成果は英医学誌「モレキュラー・サイキアトリー」に掲載された。

『なぜ僕らは働くのか』池上彰(学研プラス)1,500円


 ”働く”とは?”生きる”とは?あなたは子どもたちに伝えることができますか?働くうえで考えるべき様々なテーマを、マンガと図解で多角的に伝えます。これから社会に出る若者たちや、仕事に向き合い悩む大人たちが、明るい希望を持てるように、そんな想いが込もった一冊です。

Q なぜ「テイクアウト」ではなく、「テークアウト」なの?

 2020年5月31日の朝刊に「(Q)なぜ「テーク」アウトなの (A)新聞で決めた統一表記です」という記事が出ていた!
 マスコミが、誤った英語の発音を教えているジャン!これじゃあ、いつまでたっても、日本人は英語を使えるようになりませんよ!!!
 紙面で「テークアウト」という表現を見ますが、一般的には「テイクアウト」とする印象があります。記事で紹介されたウェブサイトも「テイク」ですし、間違いではないにしても違和感がないですか? 新聞の表記としては通常なのでしょうか?
 (湖西市 六十代女性、ほかにも同様の疑問多数)
【取材班から】
 コロナ禍で食事の持ち帰りが広がり、記事で取り上げる機会が増えました。「なぜテークなのか。モヤモヤする!」という声をたくさん頂いたため、今回は余談ですが、新聞独特の表記ルールをご説明します。
 新聞では、記者によってばらばらな表現になるのを避けて読みやすくするため、使用する漢字や外来語の表記などをできるだけ統一しています。テイクは「テーク」です。飛行機が飛び立つときも「テークオフ」と書きます。
 ただ、外来語で母音が二つ並ぶ「エイ」「オウ」は、必ず長音の「ー」を使うというわけではありません。デイサービスの「デイ」のように、そのまま母音で表記する場合の二通りがあります。
 分かれ目は「どちらが一般的に使われているか」という観点です。このため、こうした表記のルールは適宜、見直されています。メインイベントの「メイン」は四年ほど前まで「メーン」と表記していました。テークもいずれ、見直しの時期が来るかもしれません。

http://blog.livedoor.jp/fmv2103/archives/56848548.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER