FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外部人材活用が鍵

 つづきです。2014年8月25日の朝刊より。引用。
 夏休み。学校から日々の喧騒が消える一カ月半は、教員が自身の指導力を見つめ直し、技能向上を目指す貴重な時間にもなる。静岡県総合教育センター(掛川市)では七月下旬から八月末までの間、教職員向けの研修会が86講座も開かれる。
 8月5日に開かれた社会科の授業づくりの研修には、小中学校の教員30人が参加。子どもたちの興味を引く図表の作り方や、年表や地図などの活用法を学んだ。藤枝市立高洲南小の下山洋平教諭(38)は「子どもに学校や授業を好きになってもらえるかは、僕たちの手腕に掛かっている。もっと勉強しなければならない」と表情を引き締めた。
 「世界一忙しい」とも言われる日本の先生たち。授業に始まり、生活指導や部活動の監督、事務処理、保護者への対応。学校内のあらゆる業務を一手に担う。「消費者教育や環境教育、食育と国が新しい政策を考えるたび、学校が教える領域は広がってきた。教員の負担は限界に達している」と浜松市内の男性小学校長は打ち明ける。
 教員が生徒・児童と向き合う時間や、自らの指導力を見つめ直す時間も減っている。教員の多忙化解消が課題になる中、大きな期待が集まるのが外部人材の活用だ。
 県教委の水元敏夫教育監は、県立高校の校長を務めた経験から、教員以外が教育に携わることが有益な分野があるとみる。働く現場の第一線で活躍する社会人によるキャリア教育などだ。「外部人材を学校に迎えるには入念な準備が必要だが、受け入れの制度を整えられれば、学校現場の負担を減らすことができるだろう」と指摘する。
 川勝平太知事も「地域総ぐるみの教育」を理念に掲げ、教員以外が学校教育に関わる静岡県版のコミュニティスクール実現を目指している。「学校の先生はもっとレベルを上げねばならない。地域の大人が学校に関わることで、先生が自己研さんする時間をつくれる」。外部人材の活用は現場の教育力の底上げにも生かせると考える。
 「学校を教員だけで動かす時代は三十年前に終わっている。町工場の社長さんも、教員を目指す学生も、あらゆる人材を学校で活用すればいい」
 東京都初の民間人校長として、杉並区立和田中学校で教育改革に取り組んだ藤原和博さん(58)は七月、民間の力を教育に生かそうという県の「地域とともにある学校づくり検討委員会」で強く訴えた。
 地域社会の大人と学校現場が手を携えることが先生の力を伸ばし、子どもの成長につながっていく。
コミュニティスクール
 地域や保護者の代表が参加する「学校運営協議会」をつくり、学校の運営方針やカリキュラムなどを校長や教職員とともに話し合って決めていく制度。本年度までに42都道府県の1919校で導入され、静岡県内では、磐田市の18小中学校と富士市立高校で実施している。学校運営に地域住民が関わることで、学校の取り組みへの住民参加を促す効果も期待されている。

スポンサーサイト

生徒が万引きをしました、学校が引き取りに来て下さい。

 ふと思い出した。
 ある店舗から学校に電話。「おたくの生徒が万引きをしました。学校が引き取りに来てください。」
 普通は親でしょう。
 そうでなかったら、窃盗なんだから警察でしょう!???
 引き取りに行った後、学校は家庭に連絡をし、大忙し!!!・・・「何でも学校がやれ」ですか!???「親の責任」はどうするのですか???

コンビニに駐輪しておいた自転車がなくなりました、学校は何とかしてください。

 学校の近くのコンビニより電話が入る。
 「おたくの生徒さんが、止めておいた自転車が無くなったと騒いでします。学校で何とかして下さい。」・・・これって、学校の仕事なの???盗難は交番に届けた方がいいんじゃないの???

地域により違う「お雑煮」

 お正月です。
 昔は、各家庭でお雑煮の味や具に違いがあったでしょう・・・その土地の特産物によって、味が違っていたと思う。
 でも、現在はそれが伝承されなくなり、均一的なお雑煮になっていないでしょうか?
 核家族で伝承されなくなったと思われます。核家族では、父親方、母親方どちらのお雑煮になっているのでしょう?
 やはり、母親方かな・・・。

男の子はなぜ元気がないか

 教室ツーウェイ2009年3月号の明石要一先生の記事より。 <色:#0000ff>1 男の子の元気のなさの現象  先般千葉県の中学校の講演に出かけた。それは生徒会とPTAの合同主催であった。会の進行と挨拶は生徒会が仕切っていた。  その中学校の生徒会長は女性である。堂々とした挨拶である。  今、小中学校の児童会、生徒会の会長は女性の進出が見られる。  これだけではない。小学校の運動会の花形は応援団長である。その団長にも女の子が登場している。中学生の兄の学ランを着用して堂々と指揮を執っている。  また、中学校の文化祭の実行委員のメンバーの大半は女生徒が占める。さらに、合唱コンクールの指揮や英語コンテストのスピーチでも女生徒の独壇場である。  まだある。青少年健全育成の一環として中学生による「少年の主張」がある。約80万人近くが参加している。原稿用紙5枚程度に自分の主張をまとめ47都道府県から各1名選出される。  私は3年間選考委員をした経験がある。その間、県代表として登場する性別比率は女生徒が40名、男生徒が7名ほどである。大半が女生徒が占めている。  テープ審査をし13名ほどに絞り、11月に宮様のご臨席をいただき実際の主張をしてもらう。そして、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞などを選ぶ。その結果、なぜか女生徒が賞の大半をさらう、という事実がある。  弁論大会や選挙の立会演説などは男の子の独壇場であった。それがなぜか今や男の子の姿が見えなくなりつつある。  女の子の登場は喜ばしいものである。しかし、男の子の衰退はどこに原因があるのだろうか。 2 男の子はなぜ元気を失ったか  男の子が元気を失った理由は何か。多くの原因がある。私はその中で男の子の集団行動が消滅した、ことを指摘する。  子どもたちの放課後が消えてしまった。その影響を直接に受けたのが男の子たちである。彼らの群れ遊びが崩壊してしまったのである。  群れ遊びを思い出してほしい。集団のメンバー6から8名である。そこで遊びのルールや取り決めを自分たちで決める。  集団のサイズが大きいので、子どもが意見を言う場合必ず主語と述語を使ったメッセージを出す。だから、論理的な思考が身につく。  それが、集団が小さいと主語と述語の省略が可能である。「ねえ、ねえ、聞いて」という井戸端会議的な会話が主流となる。そこでは論理より感性が優先する。  忙しい子どもの出現で放課後の群れ遊びが崩壊し、独りぼっちの男の子が登場し始めている。友達と関われない男の子が増えている。大勢の前で自己表現をすることが苦手となっている。  子どもたちを集団の中で鍛えるシステムを再構築しなけば、海外で活躍する男の子がみられなくなる可能性が高い。

続きを読む

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。