『新任3年目までに必ず身に付けたい!子どもがサッと動く統率のワザ68』

 明治図書より、メール。2016年8月第4週号。
 今回は西野宏明先生に、新刊『新任3年目までに必ず身に付けたい!子どもがサッと動く統率のワザ68』について伺いました。
西野 宏明(にしの ひろあき)
 1983年東京都八王子市生まれ。
 2006年立正大学心理学部臨床心理学科卒業。
 2008年玉川大学教育学部(通信)卒業。
 2009年東京都八王子市立川口小学校勤務。
 2014年東京都小金井市立緑小学校勤務。
 教育サークル・オリエンタル・レボリューション代表
 八王子コーチングサークル・クリエイト代表
 著書に『新任3年目までに必ず身に付けたい!子どもがパッと集中する授業のワザ74』(明治図書)

―子どもがついてくる先生とそうでない先生の決定的な違いは何でしょうか。
 ずばり人間性です。
 技術以上に、その先生の在り方、マインドが大事だと思っています。
 子どもに言っていることをその先生がきちっと実行していれば信頼されるでしょう。間違えたときは素直に謝るという潔さがあれば、誠実さが伝わるでしょう。先生自身が誰かに憧れ、学び、成長し続けていれば、子どもはその姿勢に感化されるはずです。
 ただそうは言っても、熱意だけでなく、事実として自分を変えてくれる指導力、専門性もなくてはならないスキルだと思います。
―本書では「事前指導」と「評価」の重要性が各所で述べられています。なぜ、事前指導と評価が重要なのでしょうか。
 指導したことが定着するからです。
 事前指導をすれば、子どもはどうすればよいのか、望ましい行動がわかります。
 そして活動の後に、先生が評価(ほめる・指摘する・叱る)をすれば、子どもは次回どうしたらよいのかがわかります。
 活動の後に評価がないと、子どもは何がよくて、何がよくなかったのかがわかりません。そうなると、不安を感じます。
 ただ、子どもを育てるという観点では、毎回毎回、事前指導するのではなく、子ども自身が考え行動できるように指導することも大切です。また、評価に関しても先生だけでなく、子ども自身自己評価、相互評価する方法もあります。そのあたりのことも本書では紹介しています。
―本書に掲載されているワザの中で、夏休み明けに効果的なワザを3つ、簡単にご紹介ください。
 1つめは、134ページの「初っ端アンケート」です。子どもの得意・不得意分野がわかります。学級全体の傾向を粗っぽくですが、つかむことができます。先生の1学期の指導の振り返りにもなります。
 多くの子が苦手としているものを早めに克服させてあげましょう。そうすることで先生に対する信頼感もさらに高まるはずです。
 2つめは、106ページの「荒れの兆候」発見の視点と対処法です。
 学級の傾きが顕在化されるのが、9月頃です。「まあ、子どもたちは素直だし、何とかなるか」と安心に浸るのではなく、改めて客観的に自分の学級をチェックしてみましょう。
 3つめは、運動会関連のワザです。秋は運動会の季節です。私は初任者の頃、学年を動かすのが大変苦手でした。
 集団を動かす基本的なスキル(整列のさせ方、事前指導の仕方、評価の仕方など)を載せました。丸腰で子どもの前に立つより、ずっと自信をもって指導できるはずです。
―1章では、2章で紹介されている68のワザを7つに分類してまとめてありますね。本書の活用方法を教えてください。
 1~6の左ページにはワークが入っています。
 時間をかけて、一度しっかりと取り組んでみてほしいと思います。そうすることで、自分を振り返ることができ、指導が変わっていくと思います。
 本書の実践をただマネするだけではなく、ご自分の実践と重ね合わせたり、別の場面に応用できないか考えたりすることが実践力を高めるうえで大切だと考えます。
―最後に、学級経営に悩む読者の先生方に向け、アドバイスをお願いします。
 私は初任者時代、授業でも学級経営でも大きく挫折しました。
 とてもつらい経験をしました。子どもにもつらい思いをさせました。
 その経験を思い返しながら、当時の私と同じように悩んでいる若手の先生方に向けて本書を記しました。
 どうか、一人で抱え込まずに同僚や仲間に相談してみてください。ときには、自分のためにゆっくり休んでください。
 そして元気になったら、教育書を読んだり、セミナーやサークルに参加したりして研さんに励んでください。子どもたちが変わる手ごたえを感じ、先生自身の自尊感情が高まるはずです。そうなってからが楽しい職業だと思います。
 いつかご一緒に勉強しましょう!

スポンサーサイト

5月は学級システムの点検を

 明治図書より、メールマガジン 2015年5月第1週号より、「埼玉県さいたま市公立小学校教諭桜沢 修司先生」の引用。
 5月、新年度がスタートして1ヶ月のこの時期、掃除や給食など学級のシステムがうまく機能しているか、点検してみるとよい。
 問題があれば改善を図り、うまくいっているならば定着とレベルアップを考える。
 掃除を例に、私の方法を紹介する。
1 相互評価の予告
 「掃除の上手な人、一生懸命に取り組んでいる人が多く、嬉しく思っています。今日の掃除の後に、皆さんから見て、掃除を頑張っている人、上手な人を教えてください。1人でもいいし、5人でもかまいません。『僕のことを言ってね』と頼むのはダメです」
 これだけで、意欲が出る子も多い。掃除の後にいきなり友だちの評価をさせるのではなく、友だちの評価をすると同時に自分も評価されることをあらかじめ予告しておく。
2 状況把握
 掃除の様子をその場で見て、状況を把握しておく。そうすることで、後で子どもたちが相互に行う評価の信ぴょう性がわかる。教師のひとことは影響力が大きいので、原則としてその場で教師は評価しない。
3 評価・集計
 「掃除を頑張っていた人、上手な人を教えてください。人数は何人でもかまいません」
 1人ずつ教師のところに来てもらい、掃除を頑張っていると思った友だちの名前を聞く。聞きながら、クラス名簿に正の字で記録する。評価を聞き取る際、「見る目がある!」とか「よく○○さんの活躍に気づいてくれました」などと評価者の評価ぶりもほめる。
 競争ではないので、評価された数の多さはあまり問題にしない。掃除場所によって担当者(評価者)の人数も違う。たくさんの友だちから評価されるのにはそれなりの働きがある。一方で、たった1人でも評価してくれる友だちがいるというのも素晴らしさの表れであろう。
 誰が何人に推薦されて何位、というようなことは発表せずに、「皆さん、頑張っている友だちのよさが見つけられてすごいね。たくさんの人の頑張りが友だちに認められて、先生は嬉しいです」と笑顔で言う程度にしておく。そして、これ(1~3)を何度かくり返す。毎日続けてもいいし、数日ごとに行ってもよい。記録が数回分たまると、客観性が出てくる。
 毎回たくさん名前を言われる子を発表して、掃除名人として活躍してもらってもよい。「○○さんの掃除をまねしてみよう」と盛り上げてもいいし、本人に心がけていることやこつを話してもらうのもよい。また、意図的に名前は発表せずに、「8人もの友だちから認められた人がいました。6人から認められた人が2人。5人からが3人。……誰かしらに認めてもらった人が30人もいました」と評価の状況を話すだけにして、自分はどうだったのだろうか、とわくわくさせる方法も有効である。
 ここでポイントとなるのが、毎回ほとんど名前があがらなかった子たちの指導である。
 目立たないけれどきちんと掃除しているのか、あるいはさぼっているのか。本人はやっているつもりでも、友だちには掃除が下手とかやっていないと見えてしまうのか。
 ガツンと厳しい指導をする前に、もう一度その子たちの様子をよく観察してみよう。
 一緒に掃除して、いいところを見つけてほめる。マンツーマンで具体的に掃除の仕方を教えて、上達をほめる。「一生懸命掃除してきれいになると気持ちがいいね。○○さん、ありがとう」と言葉をかける。帰りの会で頑張りを紹介するなど、その子に応じたアプローチを試みる。
 全体的にうまくいっている場合には、レベルアップを図る。
 隅の方を指でなぞってほこりがあることに気づかせる。ほうきのはき方や雑巾の絞り方、ゴミの捨て方など、作業レベルを上げる。服装や掃除中のおしゃべりなども改善ポイントになるかもしれない。
 これでよし、ということはない。
 子どもたちには、前学年までに積み上げてきた背景がある。そこを踏まえて、一歩ずつ指導を積み上げたい。教師が方法や理想を押しつけるだけになるのは避けたい。「自分たちは頑張っている」、「自分たちは以前よりも進歩・成長している」、「先生は自分たちを認めて応援してくれる」、そう思えるような働きかけをこころがけたい。明るく、前向きな雰囲気をつくることが大切である。
 5月は子どもも教師も疲れが出る時期。無理しすぎないように気をつけましょう。
桜沢 修司(さくらざわ しゅうじ)
 1962年生。さいたま市公立小学校教諭。埼玉大学大学院修士課程修了。文部科学大臣優秀教員(平成19年度)。「授業の達人」(平成21年度さいたま市教育委員会)。
「サイコーの普通」な小学生の育成を目指している。5人(2男3女)の父親として、途切れることなく18年間小学生の保護者(記録更新中)。著書『論理的な作文の指導技術』(明治図書)。

すべての初任者が、保護者と良好な関係を築くために

 明治図書より、2012/11/23 掲載のメールが届いた。
著者インタビュー
 今回は藤本浩行先生に、新刊『はじめての学級担任2 信頼を勝ち取る「保護者対応」』について伺いました。
藤本 浩行(ふじもと ひろゆき)
 山口県公立小学校教諭。兵庫教育大学大学院学校教育研究科(教育方法コース)修了。著書に、『新任教師 はじめの一歩』(さくら社)などがある。

―若い先生方にとって、「自分よりも年上で人生経験もある保護者とうまくやっていけるか」は非常に大きな関心事かと思います。若い先生方が保護者対応をする上で、一番気をつけなければならないことはなんでしょうか。
 私自身の経験上、新卒間もない先生方は、多くの場合に保護者の方が年長者であることや子育て経験がないなどを理由として、自信をもって対応できないことが多いようです。
 しかし、子どもたちの学校生活の中の様子を一番知っているのは、担任の教師自身なのです。「学習面、生活面を含めて、子どもの成長を願っている」という信念をもち、謙虚に自信をもって指導に当たってほしいと思います。そのためには、しっかりと一人ひとりの子どもと向き合って指導することが大切です。

―本書では、保護者対応に関する様々な事例が掲載されていますが、子どもが成長するうえで、保護者の信頼を勝ち取ることの果たす意義について教えてください。
 学校教育は、保護者や地域の理解とご協力がなければ、よい方向に向かわないことは紛れもない事実です。我が子の成長を実感された保護者は、学校教育に対してより協力的になります。保護者の信頼を得られると、教室の一つ一つの教育実践が2倍にも3倍にも効果を発揮します。それによって、一人ひとりの子どもが「楽しくて、よくわかる」という授業になるという正のスパイラルができていきます。

―本書では、直接的にも間接的にも保護者と関わる様々な機会で教師の印象をアップさせるコツなどが随所に散りばめられていますが、その中でも若い先生におすすめのものがあれば教えてください。
 私は、「教師は2つの地域に住んでいる」と思っています。一つは自分自身が生活している地域。もう一つは勤務校の地域です。「地域の中の学校」ですので、校区内をしっかりと歩いて、保護者や地域の方にまずは自分自身を知ってもらうことを大事にしたいものです。
 そのためには、家庭訪問は可能な範囲で歩きや自転車を利用をすること、また地域の行事にはできるだけ参加するようにすることを心がけたいものです。地域の情報や思いや願いをしっかりと受け止めて、生活指導や授業づくりに生かしていきましょう。

―最後に、読者の先生方にメッセージをお願いします。
 保護者対応は、教育現場でしか学ぶことができないものです。学校の中には、人生経験豊かで、子育て経験のある先輩の先生方が多数いらっしゃいます。平素から、そのような先生方からいろいろな知恵をいただくことができます。職員集団という学校のチーム力を大切にしたいものです。
 保護者対応では、「スキル」より「マインド」の方が大事であると思っています。拙著は、今までの多くの先生方から学んできたものを、個人情報に配慮しつつ書かせていただきました。若い先生方はもちろん、これから若い先生を育てていく経験年数を積まれた先生方にもぜひ読んでほしいと思います。そして、さらに具体的な事例を広げたり深めたりしてくだされば幸いです。

野中流!学級経営&授業術(8)備品が壊されたり、物がなくなったりすることが多い

 明治図書より、メール。今号(11月第3週号)は、野中流!学級経営&授業術、研究会情報をお届けします!初任者指導のエキスパート、野中信行先生が、新卒や若手教師のつまずきやすい事例や悩みを徹底解決!
「備品が壊されたり、物がなくなったりすることが多い」つまずき場面
 学校の備品が壊されたり、クラスで使っている物がなくなったりすることが多くなりました。対処方法を教えてください。
1 考えられるつまずきの原因
 これは大変ですね。11月の段階でこのような状況が多くなるというのは、かなりクラスが深刻になっているということが予想されます。先生も、疲れ果てておられるのではないでしょうか。
 クラスが荒れるというのは、次のような段階を踏んでいきます。
レベル1 「ほころびの状態」
レベル2 「すでに崩れかかっている状態」
レベル3 「荒れてしまっている状態」
レベル4 「騒乱状態」
 学校の備品が壊されたり、クラスの備品がなくなったりする状態は、すでにレベル4の「騒乱状態」で頻発する事態です。
 率直に指摘しますが、今対処できることはかなり限られてきているということになります。 
2 対応法
その1 自分一人で何とかしようとしてはいけない
 もう先生一人で何とかできる段階を越えています。管理職と相談し、できればクラスを持っていない先生にT・Tでついてもらうことが必要かもしれません。
 絶対に、自分一人で何とかしようと考えてはいけません。周りの先生たちに助けてもらわなければいけないのです。
 それでもこの「学校の備品が壊され、クラスの備品がなくなる事態」は放置されることではありません。
 いじめが犯罪であるように、この事態も犯罪です。とにかく許せないということを子供たちに伝えなければいけません。そして、壊されたところはすぐに修復し、クラスの備品もきちんとした管理をしなければいけません。
その2 時間を守り、教室を整頓し、元気に振る舞う
 ここでよく先生たちは、学級会を開いたり、子供たちに本音で語らせたり、……さまざまな手立てを取ろうとされます。しかし、それらはほとんど問題を混乱させていくだけに終わってしまいます。じたばたしてはだめです。
 できることは3つです。3つだけと言えるかもしれません。
1つ目は、クラスの時間をきちんと守ること。
2つ目は、教室をいつもきれいな状態に保っていくこと。
3つ目は、先生からどんどん挨拶や言葉かけをして、元気に振る舞うこと。
 1つ目は、決まっている時間通りに進めていくことです。朝の会、終わりの会を短く簡単にすること。授業は時間通りに進め、始めと終わりをきちんと守ること。そのようにできるだけがんばることです。
 2つ目は、教室は荒れ放題になる恐れがありますので、きちんと整頓していくことを心がけて下さい。
 3つ目が大変です。先生は多分いつも怖い顔をしておられるかもしれません。ここが勝負です。元気に振る舞ってください。そういう先生に助けられる子供たちがきっといるのですから。
3 今回のポイント
 「時間を守り、教室を整頓して、元気に振る舞うこと」が、大変なクラスを凌いでいく方法です。
野中 信行(のなか のぶゆき)
1947年 佐賀県生まれ。
1971年 佐賀大学教育学部卒業。
 37年間横浜市立小学校教諭として過ごし、その後3年間初任者指導の仕事をする。主な著書に『新卒教師時代を生き抜く心得術60』、『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(単著)、『新卒教師時代を生き抜く“2W”仕事術』(編)などがある。

クラスでよくケンカが起こり、子供たちがお互いに汚い言葉で罵り合う

 明治図書よりのメールの引用。
 2012年5月第3週号は、野中流!学級経営&授業術、研究会情報をお届けします!
野中流!新卒教師時代を生き抜く学級経営&授業術 初任者指導のエキスパート、野中信行先生が、新卒や若手教師のつまずきやすい事例や悩みを徹底解決!

つまずき場面
クラスでよくケンカが起こります。どのように解決していったらいいですか?

1 考えられるつまずきの原因
 学期最初に、クラスの様子を見ていた子供たちがさまざまに動き始めているのです。 「群れ」のままのクラスは、ルールが生きていないので始終もめごとが起こります。これは教室の様子に慣れてきた5月頃に、どこのクラスでも起こってくる現象です。
 学級づくりの失敗ということではありません。でも、このままにしているとクラスのまとまりがなくなります。「群れ」の状態を「集団」にしていく手立てを打っていく必要があるのです。「集団」になるというのは、子供たちが自分たちで自分たちを動かしていく「自治」が機能していく状態を言います。

2 対応法
その1 「ちょこちょこ学級会」の導入
 指導していた4年生の初任のクラスでも、最初にこの現象が起きました。子供たちがお互いに汚い言葉を使って罵り合い、もめごとが起こっていたのです。
 すぐ「学級会を開き、『幸福言葉』と『不幸言葉』の話し合いをしたらいい」と助言しました。ケンカになる「不幸言葉」がどういう言葉で、お互いが快くなる「幸福言葉」がどういう言葉か、気づかせるためにクラスで話し合いをしたのです。
 それからこのクラスは、何かもめごとがあると、そのままにせずに、すぐにこの「ちょこちょこ学級会」(短い時間で話し合いをする)を開いてクラスの問題を解決するようになりました。 

その2 「目標達成法」の実施
 そのクラスはそれだけで終わりにしませんでした。「目標達成法」を使って、「不幸言葉のないクラスをつくろう」という目標を掲げて取り組みを始めました。
 学級会で自分たちで話し合いをしているのです。この効果は絶大でした。見事に短期間で、しょっちゅうケンカが起こる状態をぴたりと終息させたのです。
 この目標は、あっという間に達成されていきました。
 ここがこのクラスの岐路だったのです。
 そのクラスは1年間この「目標達成法」に取り組み、最後は24個の目標を達成することができました。みごとに「集団」となったクラスに成長しておりました。(この4年生の実践については『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』にくわしく書いています。参考にしてください。)

3 教師力アップのポイント
 クラスの「群れ」の状態を「集団」化していく手立てを取っていくこと。「ちょこちょこ学級会」「目標達成法」はその手立ての1つです。

野中 信行(のなか のぶゆき)
1947年 佐賀県生まれ。
1971年 佐賀大学教育学部卒業。
37年間横浜市立小学校教諭として過ごし、その後3年間初任者指導の仕事をする。
主な著書に『新卒教師時代を生き抜く心得術60』、『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(単著)、『新卒教師時代を生き抜く“2W”仕事術』(編)などがある。
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR