FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめの調査 公開してこそ役に立つ

 2017年3月2日の朝刊の社説欄より、「いじめの調査 公開してこそ役に立つ」の引用。
 自殺や不登校に追い込まれた重大ないじめを調べながら、結果を伏せる自治体が目立つ。責任逃れではないかとの疑念さえ湧く。社会全体で反省点を共有しなくては、再発防止にはつながるまい。
 いじめが引き金となって、子どもの生命や心身、財産に深刻な被害が生じたり、不登校を余儀なくされたりしていると疑われるケースを重大事態という。
 教育委員会や学校法人、または学校は、第三者委員会のような組織を置いて事実関係を調べ、被害者側に情報を提供しなくてはならない。いじめ防止対策推進法はそう定めている。
 看過できないのは、調査結果の公表に後ろ向きな自治体が多いことである。隠ぺい体質の仕業とすれば、いじめの根絶は難しい。
 共同通信の二月の集計では、公立学校での重大事態を受けて二〇一五年度に設けられた第三者委による調査で、結果がまとまった三十八件のうち、公表されたのは十六件にとどまり、十八件が非公表とされた。四件は不明だった。
 中には、被害者側の意向を確かめないまま非公表にしたり、委員の身元さえ明かさなかったりした自治体もあるという。一体、誰のため、何のために調べるのか。
 これでは調査の公平性、中立性に疑問符がつくだけではなく、単なる行政上の儀式に堕しかねない。失態を隠して、問題を矮小(わいしょう)化する意図があるのではないかと受け取られても仕方あるまい。
 例えば、福島原発事故で、福島県から横浜市に自主避難した中学生が、小学生時代にいじめられて不登校になった問題である。
 昨年十一月、被害者側が世に問うてようやく、学校側を「教育の放棄に等しい」と批判した調査報告書の一部が公表された。
 大津市でも、小学生が不登校になった問題を巡り、昨年五月にまとまった調査報告書を公表するよう被害者側が望んでいる。「加害側を生み出す土壌を放置した」と学校側を指弾している。
 無論、被害者、加害者双方のプライバシーへの配慮は欠かせない。けれども、それを盾に説明責任を避けるようでは、教育現場への不信は増すばかりだろう。
 中学生が自殺した問題を調べた名古屋市は昨年九月、学校名や生徒名を伏せた調査報告書を公表し、ホームページに載せた。こうした事例を幅広く共有して、いじめを防ぐ知恵を出し合いたい。
 子どものいじめは大人の映し鏡である。社会全体に責任がある。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017030202000139.html
スポンサーサイト

いじめ対処、親の心得は 内容をメモ、学校に相談

 2015年8月21日の朝刊の生活欄より、引用。
 岩手県で中学二年生の男子生徒が、いじめを苦に自殺したとみられる問題は、同年代の子どものいる親たちに波紋を広げた。もし自分の子どもがいじめに遭ったらどう対応すればいいのか。子どもの自殺が増える二学期を前に、専門家に聞いた。
◆サインを見逃さない
 文部科学省が一九八五年から毎年実施している調査によると、二〇一三年度に認知された小、中、高校などのいじめは十八万五千八百六十件。全体では過去最多だった一二年度を約一万二千件下回った。中学や高校の件数は減ったものの、小学校では前年度より約千四百件増加した。
 「二学期は運動会や文化祭などの集団行動が多く、グループ内の人間関係がこじれやすい」。人間環境大(愛知県大府市)特任教授で、教育学が専門の折出健二さん(66)は指摘する。小学校高学年以上では夏休みに交友が広がり、お金を脅し取られるなどの被害に遭っている可能性もある。
 折出さんによると、子どもは自分から親に「いじめられている」とは言えないことが多い。「いつも話題にしていた友達の名前が会話に出ない」「お小遣いの要求が増える」などのサインに気付くことが大切だ。普段と様子が違ったら、子どもにまず心配していることを伝える。「人に助けを求めることは勇気がある証拠」と諭したり、親自身も人間関係で悩んだ経験を話したりすると、子どもは心を開きやすいという。
 では、いじめを把握したときの親の対応は-。いじめ問題に取り組む「全国webカウンセリング協議会」(東京都)理事長の安川雅史さん(49)は「つらかったね」と子どもに共感しつつ、親が冷静になることが重要という。「そんなことで逃げてどうするの!」「もっと強くなりなさい!」などの言葉は子どもを追い詰める。
 安川さんの勧める対策は、子どもの話をじっくりと聞き、内容は後でメモにまとめる。嫌がらせのメールや無料通信アプリLINE(ライン)などのやりとりがあれば保存する。家族間で解決しようとせず学校に相談する。言い争いを避けるため、加害者の親には直接連絡しない方が良い。
 その上で、担任教師に面談を申し入れ、学校にはなるべく両親一緒にきちっとした服装で出向く。いじめの証拠となるメモのコピーを持参。話し合いは教師に断った上でボイスレコーダー(音声記録装置)で保存する。教師には加害生徒への聞き取りを求め、休み時間も子どもの様子を注視するよう頼む。
◆無理に登校させない
 子どもが「学校に行きたくない」と訴え、いじめが原因と推測される場合には、親はどうするべきか。専門家は「学校を休ませて」と口をそろえる。
 不登校の電話相談に取り組む子ども教育支援センター(東京都)によると、二学期は親からのいじめ相談が増える。代表の木下貴博さん(53)は「子どもはいじめが怖くて学校に行けない。何があっても守るという気持ちを子どもに伝え、学校は休ませてあげてほしい」と話す。
 夏休み明けには、子どもの自殺が多いことが内閣府の調査でも裏付けられている。一九七二~二〇一三年に自殺した十八歳以下の一万八千四十八人のうち、九月一日は百三十一人と最多だった。
 折出さんは「学校を休みたいというのは、心理的に相当ダメージを受けている証拠。先々の心配より、まず子どもの安全を守ることが一番」と指摘する。

 (細川暁子)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2015082102000211.html

小学校いじめ最多 「問題行動、低年齢化」

 2014年10月17日 朝刊の「小学校いじめ最多 「問題行動、低年齢化」」の引用。文科省は、どうして「学校が積極的に把握しようとした結果」なんて自分たちが都合のよい分析をするのでしょう???総合的な学習でも、総合的な学習で調べ物学習をしている学校は学力が高いと分析していたし・・・↓
ijime002.jpg
 2013年度に全国の小学校で把握されたいじめは、前年度より1421件増え、過去最多の11万8805件だったことが十六日、文部科学省の公表した調査結果で分かった。文科省の担当者は、昨年施行のいじめ防止対策推進法を踏まえ「学校が積極的に把握しようとした結果」とする一方、小学校で暴力行為も増えたため「問題行動の低年齢化や生徒指導体制に不十分な面もある」と分析した。
 いじめは小中高校など全体で18万5860件。11年の大津市の中二男子自殺事件後に調査が行われ、過去最多だった前年度を約1万2000件下回った。中学校は8386件減の5万52348件、高校は5235件減の1万1039件。
 いじめの内容は、複数回答で「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」が最も多い11万9756件(64・4%)。「パソコンや携帯電話などで誹謗(ひぼう)中傷や嫌なことをされる」は過去最多の8787件(4・7%)だった。
 自殺した小中高生は、前年度比45人増の240人。うち高校生が173人を占めた。いじめが背景とされる自殺は中高生9人だった。
 不登校は小学生2万4175人、中学生9万5442人、高校生5万5657人。前年度より小中学生は増えたが、高校生は減った。暴力行為は小学校1万896件で、初めて一万件を超えた。小学校の増加傾向に関する文科省のアンケートに対し、各都道府県教育委員会からは「人間関係の構築や感情のコントロールをうまくできない児童が増えている」などの回答が挙がったという。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014101702000138.html

小学校のいじめ過去最多 3年度、暴力行為も1万超

 2014年10月16日 17時01分のニュースに「小学校のいじめ過去最多 3年度、暴力行為も1万超」というのがあった。いじめが増えた理由に、「同省は「学校が積極的に掘り起こした結果」と分析」と書いてある。国は、自分の都合のいいように解釈するんだね!
 総合的な学習と学力の結果でも自分たちの都合の良いように解釈していたね!
 全国の国公私立の小学校が13年度に把握したいじめは、前年度比1421件増の11万8805件で過去最多を更新した。文科省の問題行動調査で16日分かった。同省は「学校が積極的に掘り起こした結果」と分析。小学校は暴力行為も増加し、初めて1万件を超えた。
 いじめは中学校で8386件減の5万5248件、高校も5235件減の1万1039件で、小中高全体では約1万2千件減の18万5860件。大津の中2自殺をきっかけに学校側が積極的な把握に努め、12年度は約19万8千件と前年度の2・8倍となった。以前は大幅増加の後は減少する傾向があったが、小学校では12年度に続き増加。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014101601001450.html

いじめ・意地悪に対する子どもと保護者の気持ちを読み解く

 明治図書より、メールが届いた。「いじめ・意地悪に対する子どもと保護者の気持ちを読み解く」というのが興味深かったので引用します。
この時期の子どもたち
 ときどき、いじめ問題がマスコミをにぎわします。その度に、子どもたちも保護者のみなさんも不安になります。いじめ対応はもちろんケース・バイ・ケースですが、少し学校と反対側からの視点で考えてみましょう。
◎ 保護者のいじめ体験を想定する
 保護者の中にも、子どもの頃にいじめられた経験のある方がたくさんいらっしゃいます。そのことに対する認識が、教師の側にはとても少ないように思われます。保護者自身がいじめに合っていたとしたら、その恐ろしさは骨身にしみています。
 いじめられたことを親にひた隠しにしていた経験。
 先生にも分かってもらえなかった経験。
 学校へ行くことが地獄だった経験。
 そのような経験をもつ保護者が、学校から帰ってきた子どもから「今日、AさんとBさんにいじめられた」という言葉を聞いたら、冷静ではいられません。そういう保護者に対して、教師が「大したことではありませんよ」等と言うことは、たとえ本当に軽い出来事であったとしても、保護者は見捨てられたような気持ちになると思います。
担任が気をつけたいポイント
 「勝ち負け」という発想にならないこと
 「何か言ってこられたら、保護者に負けないように、言うべきことは言わないといけない」
 確かに、その通りです。最近の保護者の中には、理不尽なことを平気でおっしゃる方がいらっしゃいます。言われっぱなしでは、かえって悪い状況になることもあるでしょう。クレームに対しては、学年の先生や管理職と一緒に話を聞いて、言うべきことを伝えることは必要です。
 けれども、言い勝てば教育がうまくいくことでもありません。「先生たちは分かってくれない」という気持ちをもたれてしまえば、次からが大変になります。
 保護者との関係は、負けてはいけないが、勝ってもよくないのです。
教師自身の「いじめ」のとらえ方を基準にしないこと
 いじめに定義というものはありません。「自分は『いじめ』というものをこう考えている」と言っても、それはその先生だけのとらえ方なのです。子どもや保護者に通用するものではありません。いじめの事実を受け止める心の強さは、人によって違うのです。
 「私の考えるいじめの定義にあてはまらないから、このケースはいじめではありません」ということは、いじめられているという思いの子どもと保護者には、納得できることではないのです。
多賀先生からのワンポイントアドバイス
 いじめの問題が起こったら、次のことを同時に行わなければなりません。
4. 慎重に事実関係を確かめること
5. いじめられていると感じている子どもの思いをケアすること
 一人だけで対応するのは危険です。管理職や学年の仲間と事実関係を共有して一緒に考えていくことを欠かしてはいけません。そうして、いじめの事実があるかないかということは、きっちりとおさえておかなければなりません。
 しかし、最終的に大切なのは、「いじめられている」「つらい」という子どもの気持ちと、子どもからそれを聞いている保護者の思いにいかにして寄り添うかという一点に尽きると思います。
多賀 一郎(たが いちろう)
 神戸大学付属住吉小学校を経て私立小学校に長年勤務。元日本私立小学校連合会国語部全国委員長。現在、追手門学院小学校講師。専門は国語教育。親塾を神戸と大阪で主催して、保護者教育に力を注いでいる。また、教師塾やセミナー等で、教師が育つ手助けをしている。絵本を通して心を育てることもライフワークとして、各地で絵本を読む活動もしている。
『小学校国語科授業アシスト これであなたもマイスター!国語発問づくり10のルール』(明治図書)『子どもの心をゆさぶる多賀一郎の国語の授業の作り方』『全員を聞く子どもにする教室の作り方』『今どきのこどもはこう受け止めるんやで』(黎明書房)など、著書多数。
 ブログ「多賀マークの教室日記」も好評。

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。