FC2ブログ

発達障害の感覚 疑似体験 VRでリアルに

 2019年6月3日の朝刊に「発達障害の感覚 疑似体験 VRでリアルに」という記事が出ていた。
 VR(仮想現実)で発達障害の人特有の感じ方を疑似体験し、働きやすい職場づくりに生かしてもらう取り組みが進んでいる。VRを制作したのは、認知症体験ができるプログラムなども作る千葉県浦安市の会社「シルバーウッド」で、6月からサービスの提供を始める。発達障害の特性の一つが、光や音に敏感すぎること。障害のある人に、周囲はどう見え、どう聞こえているかをリアルに再現している。
(五十住和樹)
職場環境づくりに生かす
 VRは、企業や役所の人事担当者向けだ。障害者の就労支援事業などに取り組む「LITALICO」(東京都目黒区)に協力を依頼。同社が長年接してきた発達障害の人の声を参考に制作した。社内の研修プログラムで使ってもらうことを想定している。
 サービス提供を前に四月に東京都内であった体験会には、省庁や大手企業の約五十人が参加。専用ゴーグルを着けて、発達障害の中でも自閉スペクトラム症(ASD)の人に多いとされる聴覚過敏や視覚過敏を体験した。
 聴覚過敏の映像は、周りに人がいるざわついた空間での面接の場面。面接者の声に集中しようとするが、周囲の人の声が邪魔をして全く理解できない。視覚過敏は車の後部座席に座っている設定。真っ暗なトンネルを出た瞬間には、風景が真っ白になって車と歩行者さえ判別しにくい状態に。目の前に砂嵐のような光の粒が突然現れることも。
 普段、職場で発達障害の人と接しているだけでは分からないだけに、皆、驚いた様子。「障害の状態を、自分のこととして体験することが重要」とシルバーウッド社長の下河原忠道さん(47)。参加者の一人、インテリア小売り大手「ニトリ」労働組合副書記長小池美紗登さん(39)は「組合には、お客さんらへの対応で悩む声が寄せられている。本人の感じ方が分かったので、必要に応じて会社への改善を求めたい」と話した。
 「LITALICO」の社員で、発達障害の当事者でもある吉野公篤さん(37)は「自分たちのストレスや疲れやすさを周囲に知ってもらうことが大事」と説明する。四年前に発達障害と診断された吉野さんは、視覚や聴覚、味覚など五感に過敏症状がある。
 自らも協力したVRについては「私たちの日頃の状態をうまく表している」と評価する。その上で、光に過敏な人は職場でサングラスを使えるようにすることを提案。日光が差し込む窓際を避ける席替えや照明を暖色系に取りかえることなども落ち着いて仕事をするには有効という。一方、音に過敏に反応してしまう場合は「耳当てを着けることが役立つ」。集中できる静かな場所を設けるのも効果的だ。「発達障害の人を特別扱いするのでなく、全ての人が安心して働ける職場づくりを意識してほしい」
◆国もサポーター養成講座
 厚生労働省が4月に発表した障害者雇用状況報告によると、昨年の発達障害の人を含む精神障害者の雇用者数は約6万7000人。前年比で約35%増えた。診断を受けていない人は、さらに多いとみられる。
 発達障害の人は、こだわりが強かったり人との意思疎通が苦手だったりで就労が難しい人が多い。そこで、同省は一昨年9月から「精神・発達障害者しごとサポーター」の養成講座を開催。発達障害の人の特性に応じた配慮や接し方などを教えている。これまで全国で3000回以上開き、10万人近くが受講したという。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201906/CK2019060302000170.html
スポンサーサイト

『発達が気になる子への水泳の教え方 スモールステップでみるみる泳げる!』アクアマルシェ代表 酒井泰葉 著、東京都障害者スポーツ指導者協議会会長 植田敏郎 監修(合同出版)2200円+税


★安全、楽しい、体に負担がない!
 水慣れから4泳法まで、カラー写真でわかりやすく解説。水が苦手でも、段階を経て習得できる練習メニューを豊富に収録。この夏、スモールステップでいろいろな泳ぎに挑戦しよう!

『HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法』高田明和(廣済堂出版)1512円



 2019年6月13日の朝刊のニュースに「浜松医科大 高田名誉教授が本出版」というものがあった。
敏感すぎる人、一読を
 「人の言葉を真に受けすぎる」「昔のことをいつまでも気にしてしまう」といった傾向を持つ人へアドバイスを届ける本を浜松医科大の高田明和名誉教授(83)=東京都墨田区=が出版した。
 題名は「HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法」(廣済堂出版)。自身も同じ傾向に悩んだという著者が経験を基に書いた。
 HSPは「Highly Sensitive Person」の略。一九九六年に米国の心理学者が提唱した。音や光、色彩、人間関係にとても敏感に反応する気質の人を指す。うつ病などの心の病気とは診断されないが、社会には15~20%ほど存在するという。
 この気質のため、例えば職場で上司の発言を気にし過ぎてしまい、つらくなることも。本著では、他人と自分を比較しないことや、自分が心地よい時間を過ごす習慣を持つことなどが大事と紹介する。
 高田名誉教授によると、HSPがよく表れているのが森友・加計学園を巡る一連の問題などの権力中枢への忖度(そんたく)だという。「現代は敏感な人にとって特に生きづらい世の中になってきた。だからこそ、多くの人がこの気質について理解を深めてほしい」と話す。B6判、百九十八ページ、千五百十二円。
(鎌倉優太)

https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20190613/CK2019061302000028.html

発達障害に悩む大人たちを支援

 2019年6月16日の朝刊「この人」に「発達障害に悩む大人たちを支援 白木雅代さん(49)」というのがあった。
 「その人自身を見て、抱えている生きづらさの原因を探る」。対話を繰り返すことで相手の力を引き出すコーチングで、発達障害のある人たちを支援している。
 さまざまな人がいる。幼少期、仕組みを知りたくて時計を壊し「自分は凶暴」と思い込んだ男性や、自宅庭の植物の発芽が気になり、幼稚園を脱走して「わがまま」と言われた女性。「誤解されて自分でも弱みと思い込んでいることでも、強みに変えられる」
 京都女子大で児童教育学を学んだが、実習などで現場のしきたりなどで生徒と思うようにかかわれない息苦しさを感じた。司会業などをへてコーチングの資格を取り、セミナーを開くうちに発達障害の人が参加するようになり、支援が本業に。これまで15年間で1対1で延べ約6000時間対話し、セミナーは200回以上開催した。
 自身を成長させたのは「失敗だらけの母親業」。提出物や約束事を忘れたり、一方的に価値観を押し付けたり。でも真っすぐ向き合ってきた。娘二人は現在、大学1年と高校3年。「二人には『ママって信用できないけど、信頼できる』って言われるんです」。愛知県岡崎市出身。

「凸凹ハウス」

 「凸凹ハウス」というHPがあった。
 親子で発達障害でした。
http://monzusu.blog.jp/
 「杉山登志郎先生」の言っている「発達凸凹」を思い出しますね。
 「凸凹障害」じゃないよ!!!間違えている人がいる!!!「DSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)」には、そんなこと載っていませんよ!
https://www.hama-med.ac.jp/about-us/mechanism-fig/child-mental-ctr/index.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR