ディスレクシアと合理的配慮①

 『内外教育』2018年4月3日より、「ディスレクシアと合理的配慮」第1回、「読み書きが困難とは?」の引用。
 ディスレクシアはギリシャ語のDYS(できない)とLEXIA(読む)をつなげた医学用語である。書くことが困難なディスグラフィア、計算が困難なディスカリキュアなどと並んで、発達障害の中の学習障害(LD)の中核症状といわれている。
 LDは発達障害の中でも一番大きな部分を占めているにもかかわらず、見た目では困難さが分からないことや、社会性や行動の問題が顕著に出ないため、保護者や教員、さらには本人も気付かずにいることが多い。
 文字ができて数千年、世界を見回せばまだまだまだ識字率が低い国や文字を持たない文化もある中で、日本は識字率こそほとんど100%だが、実際には読み書きの困難を示す児童生徒の数がは意外に多い。文部科学省の調査でも通常学級にいる児童生徒の4.5%が学習に困難を示しているとされている。
 先天的な脳の機能の問題といわれているので、ただやみくもに音読の練習を重ねたり、漢字をひたすら何百回も練習したりしてもほとんど身につかず、教師も保護者もがっかりすることが多い。しかし、一番がっかりしているのは本人である。叱咤したり、課題の量を増やしたりしたのでは埒が明かない問題である。
 発達障害者支援法、障害者差別解消法や教科書バリアフリー法など数々の法律ができ、施策もそろってきているが、まだまだ現場では混乱が多くみられるのが現状である。教材や教え方を調整・変更すれば対応でき、本来の力を発揮できるはずなのだが、まだそこまでいっていない。
 教師もディスレクシアかどうかを見分ける方法を持っている人はほんの一握りで、発達障害の専門家も自閉症スペクトラムやADHDなどの社会性や行動面における問題については対応できても、ディスレクシアへの対応ができる人はそれほど多くない。
 まずは理解をして、大変さに気付き、その程度や表れ方のアセスメントをし、できることをうまく使い、環境整備をして一人一人のニーズに応えることが大切だ。そうすれば本人は、学習内容を理解して、自分なりの表現方法を使用していくことで、「障害」を「強み」に代えていくことができる。
 ディスレクシアがある人たちを苦しめるのは、外見で分からないということである。スポーツができ、発言もしっかりとしていて、友人もいるし、ルールも守っているとなると、支援の対象として挙がることは少ない。自分でも他の人と自分はどうやら何か違うようだとは感じているのだが、それが何だか分からないまま時が過ぎていく。ディスレクシアのほとんどは通常学級に在籍しており通級に行っても対応がされないことが多い。
 保護者からの訴えで多いのは、ディスレクシアの診断を受け、合理的な配慮を求めても、学校からは「前例がない」「1人だけ特別なことができない」「自分できちんと周りに説明ができたら」「何をしたらいいか分からない」など、実にさまざまな理由をつけて、対応がされていないということである。
 これから1年にわたって、ちょっとした工夫、ニーズに合った教材、人材、指導方法、支援やスキルを紹介し、このような現状を少しで変えることができたらと思う。
(藤堂栄子=認定NPO法人エッジ会長)

スポンサーサイト

『増補版 ちょっとしたスペースで 発達障がい児の脳と感覚を育てる かんたん運動』森嶋勉 著、太田篤志 監修(合同出版)1700円+税

子どもたちに身体を十分につかってあそぶ機会を!
 子どもたちが取り組みやすい運動を写真で紹介。学校の休み時間や家庭での空き時間に、手軽な道具を使ってできる楽しい運動あそびが満載です。
 ロングセラーの増補版!
*森嶋勉(NPO法人チャットチャット理事長)
*太田篤志(姫路独協大学客員教授)

『おそい・はやい・ひくい・たかい 100号 学校でつまずかない人生』(ジャパンマシニスト社)1200円(税別)

 特集は「学校でつまずかない人生」。
 小学校の教員らが学校教育の20年を振り返り、対談した内容、ジャーナリストや児童精神神経科医、社会学者の意見などを掲載。発達障害や不登校についても紹介する。

『発達障害 大人が変われば「薬」はいらない!?』おそい・はやい・たかい99号(ジャパンマシニスト社)1200円+税


 特集「発達障害 大人が変われば「薬」はいらない!?」では、心理カウンセラーや学校教員などの体験談や意見を掲載。精神科医が服薬の効果や影響を紹介するコーナーもある。

思わず熱中「発達支援玩具」 成長ゆっくりな子の療育に

 2017年10月6日の朝刊より、「思わず熱中「発達支援玩具」 成長ゆっくりな子の療育に」の引用。
一般向けにも販売
 乳幼児の発達を促すおもちゃ「発達支援玩具」が注目されている。今までは発達が心配される子の療育などに使われてきたが、最近は一般の子向けにも販売されるようになってきている。
 子ども向けの本やおもちゃをそろえる東京都港区の「クレヨンハウス」。売り場では、三歳から小学校低学年くらいの子どもたちが、おもちゃを手に熱心に遊んでいる。昨年八月に設けたこのコーナーには、常時十数種類の発達支援玩具が置かれている。
 コーナーの一角で女の子が遊んでいるのは、「回転式ドラム」という六角柱を横にした水車のような形のおもちゃ。六つの面には鏡やラメをちりばめた板などが貼ってあり、回転させると光を反射しながらカラカラという音を立てる。その近くでは別の女の子が、角張ったかばんのような木箱に夢中。箱にはさまざまな種類の鍵が付いた十枚の扉があり、女の子は鍵を外したりかけたりして、扉を開け閉めしている。
 これらのおもちゃは、年齢や発達度合いに応じて、成長に必要な刺激を与えるよう作られている。回転式ドラムは、子どもが光や音に関心を持つように促す。一般に子どもはゼロ歳で「大人の顔を二、三秒見つめる」「音の方向を探す」という動きをするとされるが、発達がゆっくりな子にそういった反応を促す効果が期待できる。
 鍵付き扉の木箱は、鍵や扉を開け閉めしたり、中におもちゃを入れて回転させ、どの扉の中にあるかを当てさせたりして遊ぶ。楽しみながら指を動かしたり、記憶をつかさどる脳の領域を刺激したりする。
 発達支援玩具は、米国の教育心理学者や脳科学者を中心に一九七〇年代から作られ始めた。一般的に知育玩具といわれるものと異なり、体のどこを動かすと脳はどう刺激され、どんな発達が促されるのかという研究に基づいている。日本では、発達障害児の保育支援をするNPO法人「国際臨床保育研究所」(奈良市)が二〇一〇年に輸入を始め、主に〇~六歳程度の軽度発達障害児や学習困難児の療育向けの教具として広めてきた。
 同研究所の勝山結夢(ゆむ)研究員(30)は「保育者が一緒に遊ぶことで、年齢に応じた発達を促せる。また、遊んでいる様子を見れば、その子の発達の度合いを確かめることもできる」と話す。
 クレヨンハウスがコーナーを設けたのは「純粋におもちゃとして面白い。結果として図形や数を把握する能力や記憶力などを伸ばせるのもいい」(岩間建亜(たけつぐ)副社長)と、より広く一般の子にも遊んでもらう狙い。東京、大阪の店舗にコーナーがある。利用者からは「あまりおもちゃで遊ばなかった子が、両手を使って遊ぶようになった」などの声が寄せられているという。
 子どもの成長を心配する親からの相談もあるというが、「成長には個人差もある。遊びを通じて自然に力を伸ばしていけばいい」と、岩間副社長は言う。
 クレヨンハウス店頭のほか、国際臨床保育研究所が通信販売している。研究所ホームページの「教育玩具」をクリックして「商品のご案内」のページに入り、「バケツ○段目を埋める」という枠内のタブをクリックすると、商品の詳細な説明などが見られる。
 (今川綾音)

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR