FC2ブログ

しがみつく

 『月刊JTU』8月号の「なださんのメンタル・スケッチ」より引用。  菅首相が、首相の座にしがみついている、と批判する人がいる。じゃあ、その人たちは、あっさり簡単に、遊びに飽きたおもちゃみたいに、首相の座を放り出す方がいいというのか。ぼくはしがみついて、結構じゃないか、と思う。これまでの鳩山前首相、福田元首相、安倍元首相らが、困難にぶつかって「やーめた」と簡単に放り出したのと比べれば、しがみつく方がいい。  日本のマスコミは、民主主義の中でも、政権が変わるのは、権力争いの結果だということを忘れている。この次の選挙では、政界の再編成が行われざるを得ない。そもそも民主党はすでに2つに割れている。自民党だってすでにいくつにも割れて、現在の姿になっている。そもそも大きな政策目標があって、一緒になっている政党はこれまでなかった。ぼくは自民と民主と、八割方考えが共通していると見ていた。それがこの次の選挙では、自民も民主も解体して、新しい軸の周りに結集する。簡単にいえば、原子力発電に、これからも頼り続けるか、否か、の選択で割れて、選挙は争われるだろうということだ。国の方針の転換をめぐって、選挙が行われるのは、日本ではあまりないことだ。安保改定以来ということになる。  ドイツでは緑の党が地方で躍進するのを見て、保守党ですら、原子力からの脱却の方針を決めた。ドイツはそのために、選挙で対立軸を見つけるのが難しくなった。  菅首相はやめる時が迫って、自分の役割が見えてきたらしい。だから、原子力脱却の足掛かりの法律を、ともかく拙速でいいから、作ってしまおうと考えるのだろう。それまでは、どんなに苦しくても、首相の座にしがみついていなければならない。それが、自分の存在意義だということに、気が付いたのだろう。大震災がなければ、まだまだ気が付かなかっただろうが。  おそらく奥さんにもそういわれたのではないか。かれのところの奥さんは強くて、賢そうだから。それに政治を外側から見られる立場だ。見たところ、かれの周りには、その助言ができそうな人物が見えない。いるとしたら、陰に隠れていて見えないのだろうと思う。奥さん云々は、そこから出てきた推定だ。これは当たるも八卦、程度に聞き流してほしい。ともかく、こう考えれば、菅首相が、首相の座にしがみつくこと、大いに結構という気持ちになるだろう。
スポンサーサイト

アルツハイマー病に電気治療 マウスの実験で効果

 2011年8月3日 07時00分のニュースに「アルツハイマー病に電気治療 マウスの実験で効果」という記事が出ていた。  重症のうつ病患者らの治療に使われる電気刺激療法が、アルツハイマー病にも有効であるとするマウスの実験結果を、加藤伸郎金沢医大教授と国立病院機構宇多野病院(京都市)の山本兼司医師らのチームが、3日付の米科学誌ジャーナル・オブ・ニューロサイエンスに発表した。  病気の進行を遅らせることが主眼の現在の治療薬と異なり、アルツハイマー病の主な原因物質のタンパク質「ベータアミロイド」の作用を直接抑えるのが特長。  細胞の内外を出入りするイオンの通り道のうち、細胞を死滅から守るカリウムイオンの通り道が、必要な時にベータアミロイドの影響で開けなくなっている現象に注目。 (共同) http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011080301000052.html

「[Eduブログ] サービス終了のご案内」というメールが届いた。

 明治図書のblogが終わってしまうのですね。 2011年07月上旬 バックアップデータ提供開始 2011年10月31日 更新の停止及びサービス終了 2011年12月31日 バックアップデータ提供終了 ということだ。  さあて、この後、このblogの続きはどうしよう・・・!?

◆著者インタビュー:あの子にピッタリの、”元気になる”一言を贈ろう!

 明治図書より、2011年6月第4週号のメルマガ。  今回は中嶋公喜先生と田代敏博先生に、新刊『新学習指導要領準拠 子どもが元気になる!通知表の文例集』について伺いました。

セロトニンとタッチング

 『 やすらぎ通信 』第351号 2011.6.18よりの引用。  感情を安定させる、脳内神経伝達物質のセロトニン。先週は、食事で増やす方法を紹介しましたが、今回は、触れる(タッチング)ことで、セロトニンを増やす方法を紹介します。  赤ちゃんが泣いていると、お母さんが、抱いて、背中をトントンとしてあげますね。しばらくすると、赤ちゃんは泣き止み、安心した顔で、お母さんの腕に抱かれている。  あれには、ちゃんと科学的な根拠があったのです。  あの、抱いたり、トントンとしてあげることが、セロトニンの分泌を増やして、不安をなくして、感情を安定させていたのです。  これは、赤ちゃんだけではなく、大人でも同じ効果があることが、いろんな実験で実証されています。  例えば、震災の後の心のケアー。どんな言葉より、抱きしめて、背中をトントンとしてあげることが、どれだけ、その人の心を癒したか。  だけど、日本人はハグ(抱き合うこと)の習慣がないので、いきなり、抱きしめられるのには、抵抗を持つ方も多いはずです。  そこで、タッチングです。体のいろんなところを、指の腹でトントンと、軽く、たたくようにします。これは、タッピングとも呼ばれ、自律神経の働きを調えたり、セロトニンの分泌を増やす方法として、確立した治療にもなっています。  いろんなところを、トントンするのですが、自分で気持ちよく感じるところがいいです。僕は、肩から二の腕の辺りをトントンするのが、気持ちよく感じます。  また、落ち込んだり、寂しいときは、何も言わずに、好きな人に、抱きしめてもらえたらいいですね。  だけど、抱きしめてもらう人がいないという人は、自分で自分を抱きしめてあげましょう。胸の前で両手を交差させて、肩や二の腕の辺りをつかんで、ぎゅっと、自分を抱きしめてあげます。そのときに、「だいじょうぶ」「よく、がんばったね」って、自分自身に言ってあげてもいいです。  また、誰か落ち込んでいるときは、本人が嫌がらない範囲で、トントンしてあげましょう。変な力みがなく、自然な気持ちで、タッチングしてあげると、やってもらった相手だけではなく、やってあげた、自分も気持ちが落ち着いてきますよ。  タッチングは、お互いの気が交流するので、相手だけではなく、自分のセロトニンの分泌も増えます。  今の日本人には、もっともっと、タッチングが必要な気がします。みんなで、トントンしてみませんか。 ■ やすらぎの里の検査・治療 http://www.y-sato.com/262.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR