FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どの子も英単語をスラスラ言えるようになる新教材!

 明治図書より、メール。(2013/10/25 掲載)
 『授業をグーンと楽しくする英語教材シリーズ25 1日5分で英会話の語彙力アップ!中学生のためのすらすら英単語2000』について伺いました。
瀧沢 広人(たきざわ ひろと)
埼玉県秩父郡小鹿野町立小鹿野小学校教諭。大学4年より、教育技術の法則化運動(現:TOSS)で学び、授業を楽しく、わかりやすく、力のつく指導法を研究。その成果を著書に残す。多くの子どもたちが英語が好きになり、活動の多い授業は、生徒を飽きさせない。現在は、達人セミナーやELECなど全国で講演・ワークショップを行っている。

―本書は、『5分間トレーニングで英語力がぐんぐんアップ!中学生のためのすらすら英会話100』の姉妹編となる「すらすら教材」の第2弾ですが、これはどのようなコンセプトで作られたものなのでしょうか?
 上記の前著で紹介した毎時間行う5分間の「すらすら英会話」という“帯活動”は、生徒に英会話力を確実に身に付けさせます。これは明らかです。しかし、ある時、Where did you go last Sunday? と質問すると、I went to.... までは返ってきたのですが、肝心の行った先の場所が英語で言えませんでした。「遊園地」って、英語で何というか知らなかったのです。すると教室のどこからか、「Amusement Parkだろ!」と声がしました。その時、はっとしました。この場合、コミュニケーションが成立するのはどちらでしょうか…。主語・動詞で言えなくても、Amusement Park!と言えれば、コミュニケーションは成立です。となると大事なのはやはり「単語なのではないか…」と気づきました。そこで中学3年間で2000語。「書けなくてもいいから言える単語を増やそう」と思って取り組みを始めたのが、この「すらすら英単語」です。

―「すらすら英単語」は英語授業のどのような場面で使うのがよいでしょうか? 効果的な活用方法を教えてください!
 やはり授業の最初です。教師が「机」というと生徒が「desk」と英語で言います。プリントを見ながらでもいいです。その後、ペアにして、片方が日本語、もう片方が英語を言う活動をさせます。それをペアを変え、何度も行います。部活動の基礎練習のようなものです。その流れで「次は、すらすら英会話…」と言って、会話練習にもっていきます。これは英語のいい基礎トレーニングになります。

―単語を覚えるのが苦手な生徒も多いと思いますが、「すらすら英単語」を使うことでどのような効果が出てくるでしょうか?
 まず「学んだ感」があります。1枚のシートに20個の単語が書いてあるわけですが、意外と生徒は早く覚えてしまいます。つまり、「今日、こんな単語を覚えた!」という達成感があります。次に、同じカテゴリーで単語が並んでいますので、単語を忘れた時には、この「すらすら英単語」が、そのまま「和英辞典」になり、そのページをめくっているのです。ここが便利なところでもあります。

―「すらすら英単語」の中にはどのような単語が取り上げられていますか?
 目次にある通り、最初は中学1年生を想定していますので、「身の回りのもの」や「動物」、「果物」や「野菜」、「Body Parts」や「色や形」…「スポーツ」、「教科名」など、中学1年生の言語活動で使えそうな単語を集めています。さらに動詞でも、「現在進行形でよく使われる動詞」「過去形でよく使われる動詞」「現在完了の経験でよく使われる動詞」など、言語活動をさせたい時に必要になってくる「単語」を集め、言語活動で使用できるような工夫がされています。それらが1枚のシートになっているので、授業に直結していると言えるでしょう。取り上げた英単語・英熟語は本書のサポート情報でも見ることができます。

―最後に、全国で日々英語授業の改善に取り組む先生方へのメッセージをお願いします!
 ほんの小さなところから研究を進めるといいでしょう。研究が進むと、次の課題が自然と見えてくるものです。「すらすら英会話」はスピーチ活動を中心にやっていた時に、「あれ? あんなに上手にスピーチする生徒でも英会話はできないじゃないか…!」と思って、会話力を高めるために始めました。その「すらすら英会話」をやっていくと、冒頭で述べたように、「あれ? 文型は理解しているが、単語を知らなきゃ、通じないよな…」と思うようになり、「すらすら英単語」の発想に至りました。日々、生徒に鍛えられています。
 ということで、ぜひ! 1つのことを、とことん追求し、実践を深めていってください。すると、また違った課題が目の前にでてくることでしょう。それが教師の成長にもなります。共に、児童・生徒の笑顔を見るために頑張りましょう!

スポンサーサイト

教師力をアップする英語授業の大技・小技が満載!

 明治図書より、メール。
 今号(6月第4週号)は、著者インタビュー、書籍の新刊情報をお届けします!
 著者インタビュー「教師力をアップする英語授業の大技・小技が満載!」
 今回は笹達一郎先生に、新刊『すぐに役立つ!365日の英語授業づくりガイドブック 授業の基本・文法指導編』、『同 コミュニケーション活動・評価編』について伺いました。

笹 達一郎(ささ たついちろう)
 1967年群馬県生まれ。早稲田大学卒業。東京での民間勤務を経て、1997年より群馬県公立中学校教諭等。英語、社会を担当。英語教育、進路、学校行事等のアイデアを掲
載した中学校教員向けのHP『教室のアイデア』を運営。
 主な著書に、『授業をグーンと楽しくする英語教材シリーズ 人気ゲーム満載!英語表現・文法指導アイデアワーク(学年別、全3冊)』、『授業をグーンと楽しくする英語教材シリーズ 英文法の基礎・基本&面白解説ワーク(学年別、全3冊)』などがある。

―本シリーズには英語授業づくりの様々な極意が紹介されていますが、そもそも本シリーズはどのような趣旨でご執筆されたのですか?
 おもに2つの課題意識をベースにしています。1つは、近年、先生の年齢構成の変化や学校の小規模化によって、授業づくりにかかわる経験知の継承が難しくなってきていることです。本シリーズでは、活字では伝わりにくい経験知が少しでも伝わりやすくなるように工夫しました。もう1つは、現在、英語授業のスタンダードが見えづらくなっていることです。このことは学校現場において、経験の浅い先生に限らず、多くの混乱を起こしていると感じています。本シリーズでは、日常の英語授業においてどのような授業づくりをしていけばよいのか、教室の現実に即した「新しい英語授業のスタンダード」を具体的に提案しています。

―本シリーズは英語授業づくりの小事典とも言えるほど、濃い内容の2冊に分かれていますが、その2冊の内容を簡単にご紹介ください。
『授業の基本・文法指導編』は、語彙指導、発音指導などの小技から「教科書で教える」コツなどの大技まで、新任からベテランの先生にまで参考にしていただける内容になっています。また、授業における文法説明の意義を見直し、効果的な説明のあり方について提案しています。
 『コミュニケーション活動・評価編』では、コミュニケーション活動で育成をめざす力を視点に、活動の種類を整理分類しながら実践例を紹介しています。特におすすめなのは、英語の授業における「言語活動の充実」とは何かについてまとめた章です。

―本シリーズには、単語テストやフラッシュカードの作り方・使い方など、授業ですぐに使えるアイデアも満載になっています。効果的な使い方をご紹介ください。
 授業づくりの小技もたくさん紹介しました。既刊の著作では紹介しきれなかったものや、新しく考案したものも収録しています。ぜひ生徒の実態にあわせて、修正を加えながらオリジナルの教材を作り出して下さい!

―今年度から、中学校は新教育課程になり、英語は週4時間となりました。英語教師としてこの1年を乗り切るために、どのようなことに一番気をつけていくべきだと先生は思いますか?
 教科書にもよりますが、新しい教科書の多くは語彙・内容ともにかなりのボリュームになっています。「教科書を教える」やり方一辺倒では、4時間どころか5時間あっても時数が足りません。先生自身が指導内容を焦点化しながら、主体的に教える必要があります。一言で言えば「教科書で教える」ことが求められていると言っていいでしょう。本シリーズではそのコツとアイデアも紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

―最後に全国で英語を教える新任・若手の先生に向けたメッセージをお願いします。
 英語を教えることは大変なことです。そのハードルを乗り越えるために、経験の浅い先生には、ぜひ教えることを楽しんで欲しいと思います。楽しい授業づくりのためには、まず先生が教えることを楽しむことが大切です。生徒の成長をともに喜ぶ姿勢で、良い授業づくりをしていきましょう。

第14回 外国語活動元年にあたって

 明治図書より、メール。千葉大学教授 西垣 知佳子先生の「教育エッセイ 第14回 外国語活動元年にあたって」。  詳しくは、HPをご覧ください。 http://www.meijitosho.co.jp/eduzine/opinion/?id=20110193

『目指せ!英語授業の達人12 授業が変わる!最強の英語 ペアワーク&グループワーク25』西林 慶武・高椋 勇一 著定価

 「明治図書オンライン メールマガジン 2010年11月前期号」は、西林 慶武(にしばやし みちたけ)先生 稚内市立稚内東中学校教諭。  平成16年、英語教育達人セミナーで、谷口幸夫氏及び高椋勇一氏と出会う。 セミナーで講師を行うとともに、英語教育法について研修し、達人たちの技を授業及び「稚内めざせ達人セミナー」で活用している。 楽しく力のつく英語授業づくりに力を注いでいきたいと日常を大切に活動を行っている。  転載できないのが残念だ・・・と思ったら、最後に、 「この続きは教育コミュニティでお楽しみください。」と書いてあることを発見した。な~んだ、いつでもweb上で読めるんじゃないか! http://www.meijitosho.co.jp/cafe/index.html

第6回 記憶に残る体験型英語授業のススメ

 明治図書からのメール。  「第6回 記憶に残る体験型英語授業のススメ」洞爺湖町立洞爺湖温泉中学校教諭 大塚 謙二先生の論文だ。  中国の老子が紀元前、既に「聞いたことは、忘れる。見たことは、覚える。やったことは、わかる」と言っていたという。  転載できないのが残念だ。
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。