道徳教育 心を評価できるのか

 2016年8月17日の朝刊の社説より、「道徳教育 心を評価できるのか」の引用。
 思いやりや規範意識の土台となる道徳性は、成長ぶりを把握しうるものなのか。文部科学省の専門家会議が打ち出した道徳科の評価のあり方には疑問が残る。先生の好みに左右されてはたまらない。
 これまで教科外の活動とされてきた小中学校の道徳の時間は、二〇一八年度から順次、正式の教科に格上げされる。先生は検定教科書を用いて授業を行い、子どもの成長を評価せねばならない。
 道徳の教科化論議は、大津市でのいじめ自殺を一大契機として加速した。専門家会議がまとめた指導や評価の方法に従えば、いじめは解消されるのか。
 効果的な指導法として、例えば仲間との話し合いや役割演技を通して、ものごとを多角的、多面的に考えさせるという。「議論する道徳」の導入を目指す文科省の既定方針を踏まえたものだ。
 確かに、子どもに徳目を暗唱させるとか、偉人の生き方を模範として強いるといった心配は不要なのかもしれない。それでも、なぜ教科化なのかは理解し難い。
 情意や信念、態度、行動、性格特性をふくめ人格を形成する道徳性は、考え、議論すれば養われるのか。系統立てて組織化された国語や社会、理科などの知識や技術を学ぶごとく身につくのか。科学的な根拠ははっきりしない。
 評価法については、公平、公正が担保されない懸念がある。
 子どもを比べず、成長過程を数値ではなしに記述で表し、入試の合否判定には使わないというたがをはめた。それ自体が心のありようの品定めの難しさを物語る。
 では、どうやって変化を知るのか。発言や感想文、また仲間の話を聞き、考える姿を追跡して、問題を多様な視点から捉えたり、自分事として理解したりできるようになったかを見取るという。
 ならば、先生は学級の一人ひとりと分け隔てなく信頼関係を築くことが前提となる。子どもが場の空気を読み、先生の顔色をうかがうようでは、真の評価はおぼつかない。多忙な先生が親身かつ丁寧にこなせるのか。
 いじめ問題に立ち戻れば、子どもの道徳性の欠如にばかり原因を求める近視眼的な風潮は、背景に横たわる深刻な事態を覆い隠しがちだ。
 競争一辺倒の学校や経済格差が広がる家庭、結びつきの薄い地域、拝金主義が漂う社会…。こうした不道徳な環境の改善こそが先決であり、政治の重要な責務でもある。それを棚に上げて、子どもの内面に介入するのは筋違いだ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016081702000143.html
スポンサーサイト

道徳の指導案 多様な育ち妨げぬよう

 今朝の朝刊の社説より、引用。
 小中学校の道徳の教科化に向けて文部科学省が公表した学習指導要領改定案には、徳目を表すキーワードが並ぶ。それ自体は大切な価値だが、国にとって望ましい人間像ばかりが強調されては困る。
 教科書を用いて教え、子どもの成長ぶりを評価する「道徳科」の影響力は、教科外活動とされてきた「道徳の時間」に比べて大きいだろう。最上位の教科として学校教育の中核を担うことになる。
 子どもの学びをどう評価するかや教科書の検定基準をどう作るかはこの先、専門的に検討される。未成熟な人格に働きかけるきわめて繊細な領域である。慎重を期さねばならない。
 学習指導要領は教科の目標や内容を定めている。現行の要領とは違い、改定案で目を引くのは、子どもが学ぶべき道徳性を示すキーワードを列挙している点だ。
 例えば、中学校向けでは「思いやり、感謝」「友情、信頼」「遵法(じゅんぽう)精神、公徳心」「感動、畏敬の念」という具合に分かりやすい。
 半面、先生がこうした言葉に引きずられ、個々の徳目を説き伝えれば道徳性が養われるとする徳目主義に陥る恐れがある。それでは生きた道徳教育にならない。
 貧困や虐待、いじめ、障害などに苦しんでいる子どもがいるかもしれない。「克己と強い意志」や「家族愛」といった徳目の取り上げ方を誤れば、かえって自責の念を強める結果になりかねない。
 子どもの実生活から離れ、教科書の偉人伝や例話を手本とする授業にばかり偏っては、価値観や生き方を束縛して危うい。教育勅語を背骨とした戦前の修身科の過ちを忘れるべきではない。
 その教訓に学ぶとすれば、これからの道徳教育で重要になるのは、子どもに「常識」を疑う力を身につけさせることではないか。国や社会はもちろん、先生や教科書がいつも正しいとは限らないと批判的に見て、考える力である。
 道徳科は「国を愛する態度」をも、子どもに求める。多様な個性を育み、主体性を伸ばすというのであれば、さまざまな議論があってしかるべきだろう。
 「今の日本は愛しているが、戦争をするなら嫌いになる」「原発や米軍基地が愛する日本を悩ませている」-。そうした愛国心も未来を築く行動力を培うはずだ。
 学校や家庭、地域での生の体験や情報から課題に気づき、考えを磨く営みが欠かせない。グローバル時代だ。既成の権威や価値観にとらわれない徳性が問われる。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015020602000160.html

二宮金次郎を知らない!???

 歩きながら本を読んでいる子に声をかける。
 「二宮金次郎みたいだな」
 「それ、誰ですか?」
 今の子は、二宮金次郎を知らないのか!?
 学校に、二宮金次郎の銅像はないのか???(まあ、現在は、本を読みながら歩いていたら危ないか・・・。)
http://homepage2.nifty.com/osiete/s665.htm

窃?の疑い(せっぷ)

 5月21日の朝刊に「窃ぷの疑い」というものが載っていた。  疑うとますます怪しく思える、ということはよくあることだと思う。それが誤解でも・・・。  ?(まさかり)をなくした者が隣家の子の仕業と疑う。すると、その子の歩き方、顔色、言葉までが、いかにも盗んだ者のように見えてきた。  が、まさかりは別の場所で見つかる。と、今度は、その子を見ても一切怪しさは感じられないのだった・・・。  中国の古典『列子』にある「窃?の疑い」の故事。  確かに、人はいったん疑いの心を持つと、それほど冷静にも合理的にもなれないところがある。 「?」は「金に夫」

5つの「人間の生き方の原理原則」

 「内外教育」2009年2月10日(火)第5887号に「『心を育む5つの提案』公表-『日本の良さ』復活へ・塩谷文科相」という記事が出ていた。 <色:#0000ff> 道徳教育の充実に重点を置く小・中学校の新学習指導要領が4月から先行実施されるのの伴い、塩谷立文部科学相は3日んの閣議後記者会見で、「心を育(はぐく)むための五つの提案」を公表した。情報化社会の急速な進展で、「日本の良さが失われてつつある」として、家族や地域ぐるみでの教育力向上を目指すとしている。  提案は①読み書きそろばん・外遊びを推進する②校訓を見詰め直し実践する③先人の生き方や本物の文化・芸術から学ぶ④家庭で生活の基本的ルールをつくる⑤地域の力で教育を支える-の五本柱。今後、具体的な推進方法を検討するという。  家庭でのルールづくりでは、「親と子の約束」として、「手伝いをしよう」「いじめるな」「人に迷惑を掛けるな」といった六項目を掲げた。  ある民間の教育団体では、だいぶ前から「道徳教育の指針」として、次の5つを人間の生き方の原理原則とし、実践してきた。国の対応や地教委の対応は後手後手にまわていると思う。民間の任意の教育団体の方が先端であるし、子どもたちのためになる教育をきちんと考えている。  1 相手のことを心から考えよう  2 弱いものをかばおう  3 世のため人のためになることをしよう  4 まず自分にできることをしよう  5 先人に学ぼう

続きを読む

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR