考える力とスポーツ

 2010年8月12日の「静岡新聞」の「時評」に「考える力とスポーツ」というのが載っていた。
自己の能力向上に重要
 世間では、「勉強をとるか、スポーツをとるか」という選択が存在する。また、スポーツ界では「競技力があれば、勉強はできなくても良い」といった風潮があることも否定できない。しかしこうった考え方で良いのだろうか。
 トップアスリートたちのパフォーマンスは、優れた身体的才能とその身体を鍛えるトレーニングだけで構築されているのではない。そこには必ず「考える力」が必要となってくる。ここで言う「考える力」とは、トレーニングの原則である「意識性の原則」を指すのではなく、自己の現状、目標を達成するためのプロセス、パフォーマンス向上を導く手段、トレーニングの効果、自己の課題などを考え、そしてそれぞれに対する知識を高めていくといった広範囲のことである。
 こうした「考える力」は、トップレベルに到達することを可能にし、身体的才能と共に重要な才能である。トレーニングでは、身体だけでなく考えながら行うことによって、その効果を最大限にまで引き出すことができる。こうした「考える力」の必要性は、年齢が上がるにつれてどんどん増していく。幼少期から「考える力」を身に付け、年を重ねるごとに発展させるべきである。
 では、この「考える力」を身に付けるにはどのようにしたらいいのだろうか。まずは、勉強習慣を身に付けることである。勉強を通じて、考えること、知識を身につけることを習慣付ける必要がある。学校における授業と家庭での学習を合わせた時間は、トレーニング時間と比較しても確実に長くなる。そうした時間の中で考えることが習慣化されれば、トレーニング中に「考える力」を発揮する基礎が身に付く。
 そして次に、考える習慣をトレーニングに置き換えることである。つまり、さまざまなテーマについて選手自らが考える機会を持つ、あるいは持たせることである。また、自分の身体の動きを感じ取りながらトレーニングすることも、「考える力」を養成する。指導者の指示通りに動くだけでは、「考える力」を身に付けることは不可能であり、操り人形になってしまう。そして、常に向上心を持って目標を達成するための努力について考え続けることである。レベルが高くなると、求められるものも難易度が増していく。
 こうした状況では、「考える力」が無くては自己の能力を向上させていくことは不可能であろう。「考える力」を使ってスポーツをすることは、身体を使うことと同様、あるいはそれ以上に重要である。また一方で、勉強する力があればスポーツにも活き、スポーツで「考える力」があれば勉強にも活かせるはずである。スポーツと勉強は、相互に良い影響を及ぼすことができることを忘れないでほしい。
*杉本 龍勇(すぎもと・たつお)
 沼津市出身。浜松北高-法政大-ベルリン工科大-中京大大学院卒。バルセロナ五輪陸上男子短距離日本代表。法政大学経済学部准教授、Jリーグ清水エスパルスフィジカルコーチ。県体協理事。専門はスポーツ経済学。

スポンサーサイト

練習 1日2時間で準V

 2016年1月21日の朝刊より、「練習 1日2時間で準V」の引用♪
勝利の法則に一石
 サッカーの全国高校選手権で、準優勝した国学院久我山(東京都杉並区)。毎日、厳しい練習を長時間こなしているのだろうと思いきや、平日2時間の練習が基本で週1日は必ず休むという。野球部なども全国レベルだが、練習時間は同じだ。実は、文部科学省が示す部活動の目安にも合っている。全国的にはまだまだ長時間の練習を重視する学校があるようだが、再考が必要かもしれない。
(三沢典丈、白名正和)
国学院久我山サッカー部の伝統
 国学院久我山の部活動は運動系、文科系合わせて40余りある。男子の活動は原則、週5日まで。全国レベルのサッカーと野球、ラグビー、バスケットボール、陸上は特例で週6日まで認められるが、週1日は休まなければならない。
 授業が7時間目までの日は、部活動は午後4時10分~6時10分の2時間。サッカー部は着替えを済ませ、6時半までに下校しなければならない。授業に集中するため、朝練は禁止。休日の活動は学校の許可が必要で原則、3時間までだ。
 時間制限は、1949年以来の伝統だという。今井寛人校長は「家族と夕食を共にし、学校生活について話し合ったり、勉強したりする時間が必要という理由で始まった」と語った。
 練習場所も限られる。グラウンドは野球部と半分ずつ分け合う。サッカー部はその半分をレギュラークラス約30人と、他の約170人に分かれて使う。普段の練習はパスが中心。週1日の休養日は、サッカー部と野球部が交代で麩ラウンド1面を使える日をつくるための苦肉の作でもある。
 今井校長は「部活と学習のバランスが取れないといけない」と語る。少なくない生徒が東京大や慶応大、早稲田大などに進学する。「コーチの要望通り練習環境を整えた結果、学習時間の確保に苦慮するサッカー強豪校もあるようだ。うちは限られた時間と施設の範囲内で可能な指導をお願いしている。準優勝という結果はコーチたちの努力のおかげでもある」
 では、国学院久我山の強さの秘密はどこにあるのか。
 サッカージャーナリストのの小澤一郎氏は、むしろ制限が選手強化につながっていると説く。「欧州の強豪クラブは1日2時間以上の練習をしないが、練習中は休むことなくボールに触って肉体に負担をかけ、時間内で球際の厳しさや戦う姿勢など『プレーの強度』を上げる。Jリーグのユースチームも採用しており、国学院久我山もこうした練習法を実践している」
 国学院久我山は、ボールコントロール、ポジショニング、状況判断を重視して練習している。選手たちは少ないタッチで正確なパスを出すよう心掛け、常に動き続けるという。
 小澤氏は、長時間、体を酷使する従来の練習法について、「子どもの体の成長を阻害してきた面があったのではないか」と指摘する。「しっかり休むことで、練習の成果が出ることが広く認識されつつある。現に、十分な睡眠の重要性を説く高校サッカーの指導者の下から、大型選手が輩出している」
 グラウンドの狭さもデメリットばかりではないという。「国学院久我山はボールを止める、蹴るという基礎を大事にし、細かいパスをつないで局面を打開する力を特化して鍛えた。創意工夫を重ねれば結果を出せると示したことは、似た練習環境を持つ多くの高校の希望になる」
十分な休養 本番で力
 実は、中学と高校の運動部の部活動の練習時間について、文科省が20年近く前に1つの目安を示している。「長くても平日2~3時間、休日3~4時間。中学は週2日以上、高校は週1日以上の休養日を設定する」。1997年に有識者会議が「運動部活動の在り方に関する調査研究報告」の中で例示した。
 最新の2013年の報告書には、こんなくだりがある。「厳しい練習とは、休養日なく練習したり、いたずらに長時間練習することとは異なる」。報告書の内容は、全国の教育委員会に伝えられ、それぞれが指針などを作る。
 では、部活動の実態はどうなのか。
長時間部活動も根強く残る
 文科省が01年、中高、各百校を対象にした調査では、平日の練習時間「2~3時間未満」が中学約46%、高校約50%だった。一方で、文科省の目安を超える3時間以上が1~2割あった。
 部活動における「勝利至上主義」が長時間の練習につながっていると問題視された時期もあったが、いつの間にか声が上がらなくなり、調査が途絶えたらしい。文科省スポーツ庁担当者は「その後、なぜ、調査をしなかったのか、理由は古い話なので分からない」と話す。
 こちらも少々前になるが、ベネッセ教育総合研究所も二度、生徒約1万人を対象に聞き取りをしている。中学は「1日3時間以上の練習」が04年は27.7%だったが、09年は43%に上昇。高校もその5年の間に、27.7%から39.1%に上がっている。
 部活動に詳しい名古屋大の内田良准教授(教育社会学)は、一定数の学校でいまも長時間の練習が行われており、「文科省の目安は有名無実化しているといえる」と指摘する。
 そんな中、中学の部活動で朝練をやめる方向性を示したのが長野県教委だ。14年2月にまとめた「県中学生期のスポーツ活動指針」に、「朝の運動部活動は原則として行わない」と明示。「平日に1日、土日に1日の休養日を設定する」とも示した。
 県の調べでは昨年3月時点で、県内の公立中学校187校のうち90%以上が、部活動の平日と土日の休養日を設定した。朝練は約83%が禁止または時間を短縮した。県教委の担当者は「以前はほとんどの学校で朝練をやっていたことを考えると、趣旨は浸透している」と説明する。
 長野のケースでは、全国平均未満の自宅での勉強時間や睡眠時間を増やそうとする意図があった。内田氏は「長野はあくまで特別な例」だと言う。「地方大会や全国大会で勝ち上がるため、厳しい練習をたくさんやろうという考えがいまも一般的だ。勝利を目指すことを否定しないが、練習が長ければいいというものではない」
 また、部活動は自由参加なのに、少なくない中学で、参加を半ば強制する雰囲気があるという問題もあるという。
 そんな状況に、教師も反発する。強制的に顧問をさせられていると、教師の一部がネット上で昨年末から「顧問制度は違法」という署名活動を始め、約13,400人の署名が集まっている。部活動で休めず、健康を害したという教師もいる。
 内田氏は「部活動は生徒も教師も自由に参加するべきで、部活以外にやりたいことがあればそちらに時間を割けばよい。強制状態の部活が長時間化している現状は、生徒にとっても教師にとっても大きな負担だ」と、改善を求める。
①全国高校サッカーに出場した国学院久我山イレブン
②大声援を送る応援スタンド
③決勝戦に向け練習で汗を流す選手
④練習後、自校のグラウンドでエンジンを組んで「久我山讃歌」をうたい、士気を高める約200人の全部員

空間認知能力

 2015年3月10日の朝刊「天才たるゆえん -強さを読み解く- (ミスターツイスト 白井健三)」より、引用。
見えてなくても見えている
 「天才」には理由がある。それは生まれ持った能力だけではない。来年のリオデジャネイロ五輪、2020年東京五輪を目指して世界を相手に戦う日本のエースは、なぜ天才と呼ばれるのか。本人や周りの証言から探る。
 17歳だった2013年、体操の世界選手権(ベルギー・アントワープ)種目別床運動で男子史上最年少の金メダルを獲得した白井健三(神奈川県・岸根高)は、海外の新聞で「ミスターツイスト(ひねり)」と称賛された。複数の技に「シライ」の名を冠し、才能を伸ばし続ける高校3年生の代名詞ともなった「ひねり技」の原点を追う。
   ◇

 なかなか床に就かず、中学1年n三男坊は机に向かっていた。「明日、起きられなくなるぞ」。たしなめながら手元をのこき込んだ父と母は、はっと息をのんだ。白井が取り組んでいたのは美術の宿題。小さな立方体が重なってできた大きな立方体が宙に浮くイメージを、陰影を付けながら見事に描いていた。
 正面から見えない部分を頭の中で正確に描けていないと、複雑な立体を平面で表現するのは難しい。横浜市で体操クラブを経営する父の勝晃(55)は4年後、息子が世界を制した後にこの作品の意味に気付いた。「息子に関する講演などで絵の話をすると、専門家に『空間認知能力に優れたアスリートならではの絵だ』と指摘された。
 体操の技の多くは、空中で縦に宙返りしながら横にもひねる。体がどの位置でどちらを向いているかを瞬時に把握できなければ、着地がおぼつかないだけでなく大けがにつながる。この能力にたけていれば恐怖心無く高難度の技を練習でき、習得も早い。
 今春に白井を迎える日体大の体育学部長で、ロサンゼルス五輪男子個人総合、つり輪金メダリスト具志堅幸司(58)は「生まれ持った部分もあるだろうが、健三の場合は幼少からトランポリンに親しんでいたことが大きい」と話す。
 脚力が無くても高く跳躍でき、着地の心配をあまりせずに空中技を試せる練習器具。白井は「気付かないうちに使っていた。ぜいたくな言い方をすると、僕の人生にあって当然だ」と言い切る。
 白井が生まれたころ、体育教諭だった勝晃は神奈川県・鶴見大付属中・高校の体操部監督を務め、妻の徳美(51)と一緒に地元の子どもたちも指導。白井はほぼ毎日、両親に連れられて体育館にいた。「体操の器具で安全なのはトランポリンぐらいだった」と徳美。幼児には遊び道具でもあり、揺り籠でもあった。勝晃は「毎日3、4時間は弾みっぱなし。私たちが帰るときには、真ん中ではなをたらして寝ていた」と笑う。3歳から本格的に体操を習い始めてからも、練習の合間の息抜きはトランポリン遊びだった。
 この遊びが実戦の強さに結び付いた一因は父親の工夫にあった。白井が中1の時、勝晃は学校を退職して体操クラブを設立。倉庫を改修した体育館に置いた床運動の練習トランポリン(タントラ)のばねを、既製品より短くした。「海外から輸入していた従来の品は、跳ぶ力が床運動のマットの50%増になる。床と感覚を近づけるには20%に抑えたかった」。国内メーカーに特注した「日本でうちが初めて」の一品だった。
 「普通のトランポリンで技をこなせても現実味がない。このタントラなら次の試合に入れたい技などを想像して練習できる」。白井は父に感謝する。2年後には、13年の世界選手権で国際体操連盟(FIG)に「シライ/ニュエン」と名付けられた後方伸身宙返り4回ひねりをものにしていた。
 世界選手権男子個人総合5連覇中の内村航平(コナミスポーツク)が幼少時、自由帳に技の分解図を書きながら覚えていたことはよく知られたいる。白井にはそうした経験はないという。「みんなは第三者から見たイメージをするそうだけど、僕は技をやっている本人の目線でイメージしている。そこは他の人と違う」
 客席やテレビなどからの視覚経験ではなく、実際に宙に舞うことから体操に触れ始めた18歳ならではの感覚なのかもしれない。
(鈴木智行)
■2013年世界選手権で認定された白井健三の新技
①シライ/ニュエン(床運動)後方伸身宙返り4回ひねり
②シライ2(床運動)前方伸身宙返り3回ひねり
③シライ/キムヒフン(跳馬)伸身ユルチェンコ3回ひねり
・白井が中学1年の時に手がけた美術の作品。立体が重なり合うイメージを巧みに描いた
しらい・けんぞう
 元体操選手の両親の下で体操を始め、神奈川県・寺尾中3年だった2011年全日本種目別選手権の床運動で2位。13年6月の同選手権床運動を制し、10月の世界選手権の種目別選手権の床運動で金メダルを獲得した。14年の世界選手権(中国・南寧)は銀。兄2人も体操選手で、長兄の勝太郎(23)はコナミスポーツクラブ、次兄の晃次郎(21)は日体大に所属。4月、日体大に進学予定。161cm。横浜市出身。

努力がオーラを醸す

 2015年5月18日の朝刊より、「2020年への金言」の引用。
 今年の柔道世界選手権(8月・アスタナ=カザフスタン)代表が出そろいました。男女の全階級とも今年が五輪であったら、まだ自信満々で臨める状況ではないと思う。本当に実力を持った、安定した選手はいないのが現状でしょう。でも、これからの1年間で代表選手はさらに力を付けるでしょうし、今回選考から漏れた選手にも挑戦するチャンスがある。それぞれの選手が「絶対に負けられない」という気持ちで大きく成長するに違いない。
 いまの日本は「練習させてもらえて当たり前」という非常に恵まれた環境で、昔と比べて緊張感が薄れていると思う。ある大学の男子の練習に実業団の選手が出稽古に来ていましたが、おしゃべりをしたり、投げられても笑っていたりした。五輪で笑いながら試合をすることはない。いかに普段から真剣勝負、本番に直結する練習をできるか。仲がいいのも良いことですが、「こいつとはやりたくない」と思わせるオーラを持つ本物の勝負師が、世界一の柔道家になれるチャンスを手に入れることができる。
 また、「スターになりたい」という目立ちたがり屋が結果を出す世界でもある。私は正反対の臆病、人見知り、赤面症で、単純に負けたくないという気持ちだけでやっていました。次第に自分で自分を演出できるようになっていきました。自分を主役として、醸し出す雰囲気や人に与える影響も考える。もちろん、スターになるための努力が必要で、当たり前のように自分にうそのない稽古をし、何があってもあきらめない。そうやって自分を客観的にみられることも、チャンピオンになるための条件だと思います。
 2020年五輪は東京での開催で、さらに柔道は”お家芸”。ただ、絶対に勝たないといけないと考えすぎると過度なプレッシャーになってしまう。まず「金メダルを取れる可能性が高い種目をやれている自分は幸せだ」と思うこと。そして金メダルを期待されても「もちろん取りますよ」と言えるくらい、しっかり戦う準備をする。そうすれば東京五輪は最高の舞台になる。選手たちにはオリンピックの舞台をワクワクしながら目指してもらいたいです。
古賀稔彦(バルセロナ五輪柔道男子71キロ級金メダル、古賀塾塾長)

勝つと人生が変わる

 2015年4月28日の朝刊の「2020年への金言」より、吉田沙保里の「勝つと人生が変わる」の引用。
 東京五輪まで5年。開催が決まった時は「ぜひ出たい」と口にしましたが、正直、今はまだ選手として東京は見えていません。女子初の五輪4連覇がかかる来年のリオネジャネイロ五輪で頭がいっぱいです。
 まず今年6月の全日本選抜選手権で優勝し、9月の世界選手権(米ラスベガス)の代表になる。そこで日本の代表枠を確保し、世界大会16連覇となる金メダルを取って五輪代表の内定ももらう。近くの明確な目標を一つ一つクリアするのが私の形。スキップせず歩んだ結果が五輪3連覇だと思っています。
 昨年は3月に父を亡くし、秋は世界選手権(ウズベキスタン・タシケント)と仁川アジア大会を違う階級で戦った大変な年でした。父が近くで見守ってくれたので一戦ずつ集中して勝てましたが、アジア大会の1回戦は中国選手にあわやフォール負けの大ピンチもありました。
 日本人も外国人もみんな「打倒吉田」。年々研究もされますし、若い子が伸びる一方なのに対して私はぐっと伸びることがない。重圧に強いと言われますが、常に怖さの中で戦っていることは知ってもらいたいです。2020年を目指す中高生も私のライバル。助言を求められればオープンに教えていますが、私の方から教えることはありません。ただ、一つ知っておいてほしいのは10代から体力をつける大切さです。
 私も昔、体力不足で何度か逆転負けを食らいました。中京女子大(現至学館大)に入ってからは朝練で必死に走り込みました。グラウンド10週やインターバル走、坂道走・・・。長距離走は大の苦手だったけれど、あのつらさに耐えて勝てるようになったのです。
 五輪は勝つことで人生を変えられる舞台。それを自国で経験するチャンスが若い選手にはあります。来年が「東京」だったらな、という思いもありますが、まず全日本選抜で若手に負けないという調整をしていきます。
(レスリング女子55キロ級五輪3大会連続金メダル、ALSOK)

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR