FC2ブログ

平成30年度全国キャリア教育・進路指導担当者等研究協議会のYoutube文部科学省チャンネルへの掲載について

 「平成30年度全国キャリア教育・進路指導担当者等研究協議会のYoutube文部科学省チャンネルへの掲載について」の紹介♪
視聴方法
 Youtubeの文部科学省チャンネル
(https://www.youtube.com/user/mextchannel)にアクセスし、「全国キャリア」と入力して検索していただくか、以下のURLにアクセスしてご覧ください。動画は三つのプログラムごとに掲載しています。
①説明「キャリア・パスポートの根拠」
②協議1「キャリアリーフレットの紹介」
③事例報告・協議2・質疑応答

https://www.youtube.com/playlist?list=PLGpGsGZ31mbANiAttKdyvZw285a0qSzL5
スポンサーサイト

『おしごと年鑑2018』(朝日新聞)

 朝日新聞社が2016年にスタートした、キャリア教育支援事業「おしごとはくぶつかん」が3年目。
https://www.oshihaku.jp/
 「おしごと年鑑2018」をキャリア教育授業の副教材としてご使用いただける小・中学校1校につき10冊追加で寄贈。
https://krs.bz/asahi/m/nen2018

教科の授業にキャリア教育を

 『教科研究 TOTAL ENGLISH』No.130の「羅針盤」より、「教科の授業にキャリア教育を」の引用。
 あなたが相当する教科について、生徒から「この教科は将来何の役に立つのですか?」と問われることはないだろうか。そして、あなた自身も、「教科の学習は学校だけのもの」と思っていないだろうか。
 「キャリア教育」という言葉が定着する中で、キャリア教育と言えば職場体験学習と進路指導という印象が強くなっている。だが、キャリア教育は日常の教科の中でも意識される必要がある。ともすると、生徒たちは教科の学習の多くは、将来何の役にも立たないと思っており、教科学習への意欲を高めるためにも、教科の中にキャリア教育の要素が取り入れられることが望ましい。
 今年3月に告示された新学習指導要領でも、「社会に開かれた教育課程」として、学校の教育課程が学校外の社会との連携や協働によって実現されるべきことが述べられている。各教科で扱われる内容に一つが、濃淡の差はあっても、社会と関わっているはずである。
 具体的に述べよう。国語ではインタビューをしたり実用的な文章を書いたりするが、新聞記者等、こうした営みを中心に仕事をしている人がいる。数学に関しては、関数や統計を仕事で使っている人は多い。英語に関しては、通訳や翻訳家といった語学力を中心に仕事をしている職業ばかりでなく、多くの人が外国の人と英語でやりとりをしつつ仕事をしている。他の教科についても、教科の内容と関連する仕事を挙げればきりがない。
 だが、生徒たちはもちろん教師も、各教科に関連する仕事をしている人に会い、どんなふうに仕事をしているのかを学ぶ機会は少ない。中学校には職場体験学習があると言われそうだが、職場体験学習が教科の内容と関連づけて実施される部分は小さい。
 まずは、教師が各教科に関連する仕事をしている人から学ぶ機会をもつようにしてはどうだろうか。私が理事長をつとめるNPO法人企業教育研究会では、関東と関西で、基本的に教育業界以外の人から授業づくりに役立つ話をうかがう研究会を継続的に開催している。新聞記者からは取材やインタビューについて、PR会社の人からは良好な関係を築くための情報発信について、IT会社の人からはビッグデータの活用について、コンサルティング会社の人からは地域活性化策について、スポーツデータ会社の人からはスポーツのデータ分析の仕事について、レコード会社の人からは現代の音楽ソフトづくりについてというように、教科の内容に関わる話題についてじっくり話を聞いた上で、質疑応答や意見交換をする。
 このような研究会で学んでいる教師は、日頃の授業で教科内容に関連した仕事の話をすることができる。また、機会があれば、企業の人を学校に呼び、生徒たちと交流する形の授業を実施することもできる。そのような教師に学ぶ生徒は、教科の学習が将来役に立たないなどとは考えなくなるだろう。
 教科教育とキャリア教育は別ものではない。教科の授業に、キャリア教育を。
*藤川 大祐
 千葉大学教育学部教授。2015年より副学長。メディアリテラシー、ディベート、環境、数学、アーティストや企業との連携授業等、さまざまな分野の新しい授業づくりに取り組む。学級経営やいじめに関しても研究。

キャリア教育

 一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育。
*「キャリア」とは何か?
 人は、他者や社会とのかかわりの中で、職業人、家庭人、地域社会の一員等、様々な役割を担いながら生きている。これらの役割は、生涯という時間の流れの中で変化しつつ積み重なり、つながっていくものである。
 このように、人が、生涯の中で様々な役割を果たす過程で、自らの役割の価値や自分と役割との関係を見いだしていく連なりや積み重ねが、「キャリア」の意味するところである。
 また、このように、社会の中で自分の役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現していく過程を「キャリア発達」という。
http://www.nier.go.jp/shido/centerhp/23career_shiryou/all_version.pdf
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR