不登校につながる「ネット依存症」

 2017年9月19日の朝刊に「不登校につながる「ネット依存症」」という記事が載っていた。引用します。
 夏休み明けは、子どもたちの不登校が増える時期。その原因の一つとして十年ほど前から注目されてきたのが、ネット依存症(インターネット使用障害)だ。中学生から大学生までの男子に多くみられ、オンラインゲームに没頭するケースが多い。課金制のゲームで浪費したり、親との関係がこじれて、暴力につながることも。八日に横浜市で開かれた日本アルコール関連問題学会のシンポから、二つの医療機関の取り組みを紹介する。
 「この時期の外来は、新しい予約がぎっしりです」。大阪市立大病院精神神経科の片上素久医師が説明した。大半はオンラインゲームに没頭して、生活が昼夜逆転し、夏休み明けから学校に通えなくなった子どもたちだ。
 こうしたネット依存症が広がる原因を、片上医師は「勉強で一番になることは難しくても、ゲームでは成果が出て、友達の称賛を浴びることができる。現実の社会で成果が上がらない場合は、依存しやすくなる」と分析する。親は治療に熱心でも、本人の治療意欲は著しく低いのが共通点だ。その状態で無理にネットを絶たせると、ますます治療から遠ざかってしまう。親の「過度な期待」に応えられず、自己否定感を抱いている場合が多く、家族の関係のゆがみを修正することが治療の基本だという。
 片上医師は、自己肯定感を高めるためには、家庭で親が接し方を改める必要があり▽少しでも本人ができたことをほめる▽新しいチャレンジにはお駄賃をあげる-などの対応が有効と指摘した。
 治療法として、集団精神療法も取り入れている。互いの体験を語り合うことで、ネットに依存している自分の状態を把握し、孤独感が薄まることで病気に立ち向かう力になるという。
      ◇
 依存症の治療で知られる国立久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の臨床心理士・三原聡子さんは「ゲームの刺激に対する脳の前頭葉などの反応は、アルコールなどさまざまな依存症と似通っている」と指摘し、進行すれば治療が必要になることを強調した。
 同センターでは、認知(考え)のあり方を修正する認知行動療法、ネット以外の楽しみを見つけるためのデイケアなどのほか、必要に応じて二カ月程度の入院治療を取り入れている。
 スポーツ、作業療法、グループ療法などを組み入れつつ、睡眠や栄養の状態を改善し、今後の生活設計を医師らと話し合っていく治療で、ネットを使う回数が減ったり、学校へ通えるようになるなどの成果が出るケースが多い。二〇一四年からは、夏休みなどに治療キャンプを実施。渋々参加した子どもたちは、ボランティアの大学生と接したり、自然に触れたりする中で新しい楽しみを覚え、ネットを使う機会を減らせることが多いという。
 ネット依存症を扱う医療機関は徐々に増えてきたが、治療はまだ手探りの状態。三原さんは今後の課題として▽依存対象や治療段階に応じた効果的な認知行動療法のテキストの作成▽臨床データの蓄積▽予防教育への応用-などを挙げた。
 (編集委員・安藤明夫)
<ネット依存症>
 インターネットに過度に没入し、パソコンや携帯が使用できないといらだちを感じるなどして、実社会の人間関係や心身の健康に弊害が出ているのに、依存をやめられない状態のこと。中国や韓国でも大きな社会問題になっている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201709/CK2017091902000171.html
スポンサーサイト

浜松市天竜区にフリースクール開設準備

 2017年4月20日のニュースに「浜松市天竜区にフリースクール 「里山学校」温かいよ」というものがあった。
◆「里山題楽校」 活性化願い住民協力
 山あいの小集落を教室に見立てたフリースクールの開設準備が、浜松市天竜区横川の百古里(すがり)地区で進んでいる。児童減少で近くの鏡山小学校が三月末に閉校したばかりで、過疎化に拍車がかかると危機感を抱く住民が協力する。「里山題楽校」の名称で四月中の開設を目指す代表の鈴木浩之さん(36)=同市東区=は「学校が地域の活性化にもつながれば」と話す。
 さまざまな理由で学校に通えない児童生徒を支援するフリースクール。浜松市内に複数あるが、天竜区で民間の開設は初めて。二月まで同市中区の通信制高校に勤務していた鈴木さんは、二年前から地区住民とイベントを通じて交流があり、自然豊かな百古里に魅力を感じていた。
 市北部で通える距離にフリースクールがないとの保護者らの声を聞き、開校を決心。自己資金で準備し、インターネットで不特定多数から小口の資金を募る「クラウドファンディング」でも協力を呼びかけている。集めた資金は机など学習設備の費用に充てる計画。
 茶畑や家屋が点在する百古里には四十一世帯、百三十人余が暮らす。協力するひとりが地区でそば店を営む山本六二郎さん(66)。「いい環境で過ごせば気持ちも変わる。地区に出入りするきっかけになり、いずれ住みたい人が出てくれば」と期待する。訪問客の滞在のため山本さんが造った木造平屋のコテージ二棟を教室や事務所用に有償で貸す。住民の代わりに管理していた田んぼも、米づくりの学習に使ってもらう。
 鈴木さんがモデルとするのは、デンマーク発祥で自然の環境を教室に見立てる「森の幼稚園」。学習支援のほか、農家に学ぶブルーベリー農園での栽培・収穫体験、ハチの生態調査とハチミツの生産、地区に工房を構える陶芸家を講師に焼き物教室などを計画している。「雑音から離れ、集中できる場所だから複数の芸術家らが百古里に集まっている。ここで何かに集中し、達成感を味わってほしい」
 小学四年から中学三年の児童生徒、通信制高校の在籍者を対象に二十人を予定する。問い合わせは鈴木さん=電080(5674)1606=へ。
◆不登校 浜松も増加傾向
 不登校の児童生徒は全国的に増えており、浜松市も同様だ。市内で民間のフリースクールの開設も増加傾向にある。
 病気や経済的理由を除き、年間三十日以上の欠席で不登校とみなされる。市教委によると、二〇一五年度の同市の小中学校の不登校は千三十四人(児童三百二十八人、生徒七百六人)で過去最多。一一年度の九百十七人(児童二百二十七人、生徒六百九十人)と比べて百人以上増えている。
 市は、再登校を支援する適応指導教室を市内六カ所に開設。約百六十人が利用するが、担当者は「大人数が苦手な子どももいて、六教室では限界に近づいている」と話す。
(島将之、写真も)

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170420/CK2017042002000069.html

不登校対策法案 漂う差別的なまなざし

 2016年11月18日の朝刊の社説欄より、「不登校対策法案 漂う差別的なまなざし」の引用。
 不登校の子どもの学びの保障はもちろん、大切だ。では、なぜ不登校に陥るのか。学校の側に問題はないのか。根源によくよく目を凝らしたい。子どもだけの責任に帰すかのような法律では危うい。
 文部科学省のまとめでは、昨年度に年間三十日以上休んだ不登校の小中学生は十二万六千人。うち七万二千人、全体の57%は九十日以上休んでいた。授業があるのは年間二百日ほどだから、事態の深刻さが分かる。
 不登校の小中学生はもう二十年近く前から、年間十万人を超え続けている。子には学校に通う義務はないけれど、学ぶ権利はある。大人はそれを守らねばならない。
 問題意識を共有する超党派の国会議員らは、不登校の子のための「教育機会確保法案」を国会に出している。だが、賛否が割れており、慎重な審議を望みたい。
 当初目指したのは、自宅や民間のフリースクールなどでの学びも、一定の条件つきで義務教育とみなすという法案だった。公教育を担う場が多様化し、不登校現象が解消する可能性があった。
 ところが、不登校が助長されるとの反対に遭い、骨抜きになった。不登校は逸脱行動であり、学校復帰という正常化に努めるべきだ。そんな旧来の発想に根差したような法案に変わってしまった。
 前者では、学校一本やりの制度に風穴が開き、自尊心も取り戻せただろう。後者では、これまでと同様に病人視され、社会の偏見や差別のまなざしも消えまい。
 法案によれば、文科相が不登校と認めた子について、学校外の学びの重要性や休養の必要性に配慮して、心身や学びの様子をみながら親子を支援するという。
 けれども、学校外の居場所や休養の機会は、不登校の子に限らず、すべての子にとって大事なはずだ。不登校か否かを問わず、悩みを抱えている親子には、等しく手を差し伸べるべきでもある。
 学校に通っている子と切り離して対策を練ることに、どれほどの意味があるのか。かえって、社会の分断や亀裂に通じないか心配だ。
 不登校の子を受け入れてきたフリースクールの中には、学校外の学びが公認され、公教育参入へ向けた一歩になると評価する声もある。もっとも、教育行政の単なる下請けになって、自由が失われては元も子もない。
 不登校やいじめ、暴力の現状をみれば、横並び圧力や競争主義を強める学校のあり方を省みる姿勢こそが、本当は求められている。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016111802000136.html

不登校対策法案 賛否の溝埋める努力を

 2016年5月9日の朝刊の社説欄より、「不登校対策法案 賛否の溝埋める努力を」の引用。
 不登校の子や親たちの賛否が割れたままで、法案を押し通せば禍根を残すだろう。学校外の学びの支えを前進と見るか、不登校を逸脱行動と捉える発想を危険と見るか。子のために、溝を埋めたい。
 不登校の小中学生は、すでに二十年近く、年間十万人を超え続けている。子どもには学校に通う義務はないけれど、放置しては、学ぶ権利を守れない。保護者も、子に学ばせる義務を果たせない。
 では、どうするか。議員立法での打開策を話し合ってきた超党派の議員連盟が当初まとめたのは、民間のフリースクールや家庭などでの学びを義務教育として公認するという法案だった。
 子どもの「個別学習計画」をつくり、教育委員会の認定を受けた保護者は、就学義務を履行したとみなす。計画をこなした子は、義務教育を修了したと認める。
 実現すれば、学校一本やりの義務教育は多様化し、不登校現象は解消する可能性があった。
 しかし、「不登校を助長しかねない」とか「個別学習計画に縛られ、フリースクールや家庭の自由が失われる」といった異論が相次いだ。法案は見直しを迫られた。
 結果、議連が今国会での成立をめざす法案は、かねて文部科学省が取り組んできた学校復帰の方策をなぞったような中身になった。大きな後退といえ、残念だ。
 確かに、学校以外での学びの大切さを認め、休養の必要性に配慮して、支援するというくだりも盛り込まれている。公教育として位置づけるための一歩になり得ると見て、評価する声もある。
 けれども、法案には、学校に通える子を正常とし、通えない子を問題視するという旧来の発想が貫かれているように読み取れる。
 不登校の子向けの教育課程に基づく特例学校や、教育支援センター(適応指導教室)の整備という既存施策も、併記されている。学校に連れ戻す圧力が強まらないかと心配する声も出ている。
 なにより、学校に通えず、蔑視されたり、自責の念にさいなまれたりして、自尊心に深手を負った子をどう救済するのか。社会の差別的な風潮を排し、不登校の子が自分らしく育つ権利を等しく保障するという視点は薄い。
 かつて病気や怠慢、非行とされた不登校は一九九〇年代に、どの子にも起こり得るという認識に変わったはずだ。現状を見れば、今度は制度を手直しする番だろう。
 子どものための法案である。議連は足並みをそろえてほしい。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016050902000142.html

不登校生の基礎知識

 『個性派学校 5つ星ガイド』保存版2016より、「心理士 車先生の分かりやすい講義 第5弾!!不登校生の基礎知識」の引用。
【朝の光景】
 「行ってきま~す!」
 平日の朝、8時。子どもが元気に学校に登校するために家を出る、どこのご家庭でも見られそうな光景です。しかし、親御さんの中には決して、どこにでもある普通の光景だと思えないという方も多数、いらっしゃいます。
 そして、今、そのようなご家庭が本当に増えているのです。
 埼玉県に住む高校1年生の娘さんを持つあるお母さんは、「まさか、ウチの娘が笑顔で朝、学校に向かうだなんて夢にも思わなかった・・・」と仰いました。
 その娘さんは、中1の夏休みから卒業までの期間ずっと、学校には行っていませんでした。当時は、気が向いたときだけ、しかも好きな時間に適応指導教室に行っていたのです。
【不登校の定義】
 実は、不登校という状態はどこにでもあるものなんです。決して特別なものではなくなっています。いうなれば、誰でも不登校になる可能性はあります。学校に対しての「風邪」みたいなものでしょうか。
 文部科学省の定義する不登校とは、
「不登校児童とは何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために、年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」
(文部科学省定義)とされています。
 この定義のもとに調査された不登校児童生徒の数は平成26年度の調査において
 小学生が24,175人(前年度21,243人)
 中学生が95,181人(前年度91,249人)
となっています。
 おわかりのように前年度比で
 小学生 2,932人
 中学生 3,932人(文部科学省定義)も増えています。
 小学生では特に6年生に多く、中学生では3年生がボリュームゾーンになります。
 ということは、小6や中3の子どもには他の学年にはない何らかの大きな問題や葛藤が存在するということなのでしょうか。
 しかし、前出の定義を基準に考えると不思議なこともあります。
 そもそも年間30日の欠席って、月に2~3日の欠席でも不登校になるのでしょうか?年間で29日の欠席だと問題なくて、1日増えるだけで不登校なのでしょうか?
 先程、「風邪」と記載しましたが不登校はまさに風邪と一緒で熱が37.9度だから風邪ではなくて、38.0度で風邪と診断されるこんな変な話って、ないと思います。
 そう考えると、前出の不登校生徒数も怪しくなります。
 しかし、文部科学省が把握している数字として、何かの参考にはなるのではと思われます。
【子どもが不登校になった際に・・・】
 さて、朝、子どもが学校に行きたくないと思って、蒲団から出てこなくなった時、親御さんはどのように対応していっているのでしょうか。
・叱りつけ、引っ張ってでも学校に連れていく
・嘆き悲しみ、途方に暮れる
・本人の好きにすればいいと放っておく
 親御さんの初期対応としては、上記の3つでしょうか。
 親御さんの中には「突然の出来事に嘆く!」といった方も少なくないはずです。しかし、実は親御さんが気付いていないだけで全然、突然ではないケースも多々あります。
 子どもは学校の状況に対してSOSを出しているはずです。そのSOSに気が付いて、対応していれば結果は変わったかも知れません。
 子どもは学校の辛い状況に耐えて耐えてそして、頑張って頑張って頑張った結果、これ以上無理・・・ともう頑張れないという状況に陥ります。
 したがって、不登校は、突然でも何でもなく「今まで頑張った結果」と考えることが出来るのではないでしょうか。
【不登校という問題の最初の捉え方】
 それでは、親御さんや学校の先生は「不登校」という状況をどのように捉えれば良いのでしょうか。
 箇条書きにまとめてみました。
①登校を「拒否」しているのではない
②病気(いわゆる「精神病」)ではない
③登校に関しての「怠け」でもない
④「成長発展上」の問題である
⑤現在は心理的な「脱皮」の作業をしている
⑥本人は何もしていないように見えるが、実は「重要」なことを行っている
⑦本人にとっては必要な「時期」である
 何かの本には、「子どもは不登校を選んでいる」と書いてありました。その本を批判するつもりはありません。
 しかし、私がカウンセリングした子どもは決して「不登校」を選んだ訳ではありませんでした。
 「じゃあ、何なの?」とお聞きになる方もいます。
 何なの?と言われても、今、不登校という状況になってしまった・・・という回答しか見当たりませんが・・・
【不登校の原因】
 不登校と聞くとスグに「なんで、行かないの?何故?」と聞く親御さんや学校の先生がいます。
 なぜって聞いて、すぐに応えられるのであれば抱えているその不登校問題はすぐに解決できるかもしれません。
 しかし、私が関わった不登校の子に仮に「なぜ、学校に行かないの?」と聞いても、絶対にすぐに答えは出てこないでしょう。
 実際、私は「なぜ、学校に行かないのか?」と子どもに聞くことはほとんどありません。
 なぜなら、そもそも不登校という状況は、なぜと聞かれてもそう簡単に応えられる問題でもないからです。
 夫婦喧嘩で例えてみましょう。喧嘩の直接的な原因は、ささいなことかもしれません。しかし、毎日の生活の中で溜りに溜まった不満が、ある小さな火種で大爆発するのです。
 そして、今まで我慢に我慢を重ねてきた不満がさらに感情を高ぶらせるのです。
 こういった事ってありませんか?まさか、私の家庭だけの話でしょうか?
 子どもに不登校の原因を聞いてもあまり意味はないと先程、書きました。
 しかし、それでも不登校の原因が気になるはずです。そこで、不登校の原因として挙げられるもの4項目を記載しておきましょう。
①「勉強」についていけない
②「意味のない」授業や行事
③教師からの「叱責」
④友だちからの「いじめ」
 概ね、こんなところでしょうか。無理に聞き出してもこの4つの内のどれかが回答になると思います。そう考えると、無理に聞き出しても・・・って思いませんか?
【不登校という状態について・・・】
 実際、子どもが不登校になった際に「この世の終わりだ・・・」「子ども未来は真っ暗だ・・・」と言わんがばかりに取り乱す親御さんも過去、いらっしゃいました。では、不登校という状況についてどのように理解を深めるべきなのでしょうか。
①「そうせざる」を得ない状況である
②何かにのめり込んでいないと「不安」になる
③のめり込むのは「娯楽的」なものが対象となる
④夜は本人にとって一番「安全」である
⑤「家庭内暴力」にも理由がある
⑥「明日は行く」と思ったことは決して「嘘」ではない
 暴力は決して許されるものではないと思います。しかし、暴力を暴力で抑え込んでも解決にはなりません。
【不登校の子どもに対しての基本的な考え方】
 では、親御さんや学校の先生は不登校の子どもに対してどのように接していけばよいのでしょうか。
①その子の「感情」をキャッチすることに全精力を傾ける
・ひたすら「気持ち」を聴くことに徹する
・親や先生自身が受けとめたことをきちんと「言葉」で返す
・その時々の子ども自身の「気持ち」をきちんと掴んでおく
②子どもの自主性を育てていく
・小さなことでも子ども自身に選択させたり、「決断」させたりする
・子どもが「自分」で決めたということを必ず確認する
・子ども自身が自ら選択・決断したことについては最大限「尊重」する
 いかがでしょうか。
 親御さんも先生も普段、何でもないことに対しては子どもの言い分をしっかり聞いて下さっているのに「不登校」など、ご自身の経験のない状況に関しては、子どもの気持ちを聴くよりも往々にして「説得」してしまいがちです。
 または、よくある話で「社会はもっと厳しいのだから、今、この位で負けてどうする!」という話もよく聞きます。
 そもそも、その勝ち負けは誰と勝負しているのでしょうか。いつから勝負しているのでしょうか。
 社会が厳しい・・・だから、今、頑張って学校に行こう!そんな子どもが、この日本にいるのでしょうか?
 もしかしたら、いるのかも知れません。しかし、私がカウンセリングをした数千人の子どもの中にはいませんでした。
【不登校の子どもへのアプローチの原則】
 では、現在、不登校である子どもに対して何らかのアプローチをかける際にどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。
「不登校生徒本人へのアプローチの原則」(*例外もあります)
①登校を強要したり、いたずらに「原因」を追求したりすることは避ける
②あまり構われたくないという気持ちとそれでいて学校と完全に切れてしまうのは嫌という微妙な「心理状態」にあることを理解する
③できる限り「受容的・共感的」な態度で接する
④初期には学校の話題を避け、「信頼関係」を結ぶ必要がある
⑤こころの中に「土足」で入り込むようなことはしない、決して「無理強い」しないということを子どもにうまく伝える
⑥その子が引きこもり状態であるときは、無理に「本人」に会おうとしない
 あくまでこれは、カウンセラーとして私が常に子どもと接するために心掛けてきた原則です。
 ただ、多くの子どもは「あまりにも構われすぎても鬱陶しいけれど、完全に放っておかれると寂しい・・・」という矛盾の中にいます。
 その上で適切な距離感を保って、うまく近付いていくのです。
 親子なのだからどんなことでもすぐに打ち解けることが出来る・・・という考えはなるべくお捨て頂いた方がいいかもしれません。
【ソーシャルスキルとは・・・】
 現在の子どもの状況が気になるのはもっともなことです。しかし、今回の問題を仮にクリア出来たとしてもまた、同じような状況になってしまう可能性も「0」ではないはずです。
 その際、また同じ状況に陥らないためにも問題解決スキルを身に付けておいても良いかもしれません。
 その問題解決スキルは、社会性を育てることで代替できることもあります。その社会性スキルというものは、「ソーシャルスキル」と呼ばれています。
 具体的にソーシャルスキルとは、
①その場の「雰囲気」が分かること
②自分の発した「言動」を相手がどのように受け取るかを想像すること
③自分の「考え」を上手に相手に伝えることができること
を指します。
 もっと簡単に言えば、ソーシャルスキルとは「お友だちと無理なく上手くやっていく」ことだと思って頂ければ幸いです。
 今が不登校という状態であるならば、その状態を大いに活かして「ソーシャルスキル」を身に付けさせていくというのはいかがでしょうか。
 ソーシャルスキルだけに囚われなくても何か新しいことにチャレンジして、そのスキルを身に付けていくことは必要です。
 一番よくないのは、学校に行かないからといって一日中、家でゲームやアニメ、マンガなどのハマりきってしまうということです。学校に行かないなら行かないなりに何をやらせていくか、と考えてみるのも一つの手です。
 しかし、それが「押し付け」であってはいけません。モニタリングをした上で本人が楽しそうだと認められるものを探してみて下さい。
【最後に】
 子どもが不登校になったからと言って、慌ててはいけません。しかし、放っておいてもいけません。
 適切な距離を保ちつつ、まずは情報収集に努めましょう。ある程度情報が集まった後、どう行動するかを検討しましょう。
 子どもの特性にあったカウンセラーや心理士がいるのであれば、カウンセリングや認知行動療法なんかも有効です。
 私自身も実際に認知療法に加えて、アンガーマネジメントやストレスコントロール、ロールレタリングなどを行っています。
 そして、未来のどんな出来事に対しても自分で対応できるようにトレーニングしていきます。信頼できる先生がいるのであれば、その先生に相談してみてください。
 とう研究所(興学社教育研究所)では、子育てに関するさまざまなアドバイスを無料で行っております。いつでもお気軽にご相談下さい。
・車 重徳
 心理士/カウンセラー、NPO法人興学社教育研究所 副理事長、興学社高等学校 副理事長、わくわくクラブ 部長
TEL 047-309-7715

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR