アメリカにおける特別支援教育 ~海外研修報告~

 「アメリカにおける特別支援教育 ~海外研修報告~」の勉強会に参加してきた。  アメリカの特別支援教育は進んでいますね。(州によって違うらしいけど)指導陣の組織もしっかりしている。  パニックへの対応がPCM(Professional Crisis Management)により、全職員が共通理解をしている。(訓練している。)  IEPが日本と違い、契約的な意味合いを持っている。  本なども充実している。
スポンサーサイト

児童自立支援施設に赴任して「施設」

 図書館に「保育士になるには」(ぺりかん社)という本があった。その本に、児童自立支援施設について書かれている。この本を読むと、施設のことがよく分かる。 (引用)  保育士が働く職場は大きく分けて6種類ある。  保育所・・・保育に欠ける乳幼児のための施設。  乳児院、児童養護施設・・・家庭での養育が困難な児童のための施設。  盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、重症心身障害児施設・・・心身に障害のある児童のための施設。  情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設・・・行動に問題がある児童のための施設。  母子生活支援施設・・・母子家庭の児童のための施設。  児童厚生施設、児童家庭支援センター・・・児童の健全育成のための施設。  以上の施設を設立するためには、国の認可が必要です。国が示す児童福祉施設最低基準に従った施設でなければなりません。この基準、認可施設として最低限度必要な設備や処遇内容、職員などが示されています。  【児童自立支援施設】  児童自立支援施設は、不良行為をしたり、または家庭状況や環境上の理由から生活指導などが必要な児童を入所させて指導し、その自立を支援することを目的とする施設です。  児童自立支援施設で働く職員は、児童の自立支援を行う者を「児童自立支援専門員」、児童の生活支援を行う者を「児童生活支援員」といい、このほかに嘱託医、精神科の診療に相当の経験を有する医師(嘱託医)、栄養士、調理員などがいます。このうち、「児童生活支援員」として働く資格のひとつとして、保育士の資格を持つ者が位置づけられています。  施設では、主として生活指導、学科指導、職業指導を行いますが、保育士は児童とともに生活しながら、それぞれの児童の状況に応じて必要な指導を行います。  以前は夫婦小舎制で、1つの寮舎に夫婦(夫が児童自立支援専門員、妻が児童生活支援員)で住み込んで指導する形態をとるところが多かったのですが、現在では夫婦でない児童自立支援専門員・児童生活支援員による併立制などを採用するところも増えてきました。

児童自立支援施設似赴任して「英語2時間目の授業」

 前回に引き続き、中1の2回目の授業です。(All in Enlgishです。文字は示しません。) 【中1 2時間目の授業】  1.Is this ~?  2.What’s this?  3.動物、野菜、果物、朝食?(repeat)  4.What sport do you like?  5.What color do you like?  6.What food do you like?  7.アルファベット 2回目も、子ども達は活発に取り組みました。

児童自立支援施設に赴任して「英語の授業第1回目」

 4月にさかのぼる話ですが、児童自立支援施設に赴任して第1回目の中学1年生の英語の授業を紹介します。  田上善浩氏(熊本)の中1英語授業開きの授業のビデオ(普通学級の授業です)を見せていただき、それまねした授業です。田上先生のように、All in Englishで授業を進めました。  【中1 1校時目】    1.あいさつ    2.単語練習(身の回りの単語をrepeat)    3.What’s this?    4.Is this a desk? Yes. No.    5.eye mouth hair nose ear(repeat)     6.Touch your hair.    7.数字(one ~ twentyをrepeat)    8.曜日(repeat)    9.My name is ~.   10.スポーツ名(repeat)   11.I like tennis. What sport do you like?   12.I like sushi. What food do you like?   13.ABC 1つの活動が、次の活動にリンクされています。児童自立支援施設ですから、生徒数は少ないのですが、生徒はノリノリ。どの生徒も勉強ができるようになりたいのです。

児童自立支援施設に赴任して「個別指導計画」

 発達支援教育では、「個別指導計画」(個別教育計画?)(個別支援計画?)を、必要な子に作るようになったのかな?(「発達障害者支援法」には書いてないと思うけど。)よく分からないので、知っている方は教えてください。  とにかく、本校では、在籍する生徒がすべてが訳ありのため、すべての生徒に「個別の指導計画」を作成する。   本校では、「長期目標」と「短期目標」の2つを作成する。  長期目標:生徒の状況の記載(検査結果、主訴、家庭状況など)、学習・生活の目標(生活、各教科ごとに1年間でどんな力をつけたいか。)  短期目標:各教科ごとに個々に応じて、年間指導計画があると考えてよい。(目標を達成するための手立ても記入する。)

発達障害児・者の楽しい支援のつくり方

 本日は「発達障害児・者の楽しい支援のつくり方」という研修会に参加してきました。三連休の真ん中の日(地域によってはお祭りの日?)、さらに参加費1,000円にもかかわらず、ホールは満席でした。  「気づき・親への告知・支援の始まり」という演題で小児科医の石川道子先生の講演でした。  まず、発達障害と診断することは、本人にとってどんなメリットがあるか、という導入のお話でした。  ①発達障害があるとベースに考えると、今までと違ったアプローチができる。  ②「発達の予想」「つまずきの予防」ができる。  次に家族の視点 楽しい支援の創り方のお話でした。  (1)ライフサイクルから見た発達支援児の留意点  ①乳幼児健診 言葉の遅れなど発達の違い、他児との比較ができる最初の機会。  ②集団(幼稚園・保育園)への初めての参加 集団への適応、同年齢の子との比較、家族殻はなれた時の行動。  ③就学 学習への取り組み、新しい環境への適応  ④小学4年生 集団の意識、自己評価の低下が始まる、学校の影響力。  ⑤中学校(特に2年生) 将来の方向性を決める時期、大人としての行動を要求される。(不登校になるか、学校に来て邪魔をするかのどちらかになるかが多い。)  ⑥義務教育終了後 同世代との交流を切望しだす。  要注意は①と④。1歳半~2歳半がポイントらしいのに、日本では1歳児検診、3歳児検診しかない。また、小学校3,4年生の担当って手薄な職員配置のことが多いよね。  レジュメは(2)診断時期と家族の動揺・・・以下、もっとあるのに時間の関係で、ここで終わり。  最後の締めくくりとして、「楽しい支援のつくり方」とは、子どもの状態を笑って話せる仲間がいること(相談相手がいる。)ということだった。「光とともに」という漫画を思い出してしまった。  また、支援のgoalは「普通のフリができることではない、自分が発達障害に生まれてよかったと思うことである」としていた。  事例を出しながらのお話だったので、内容が分かりやすかった。

児童自立支援施設

 ニュースによると児童自立支援施設の愛知学園で、生徒による暴力事件があったようだ。新聞には載っていなかったので、インターネットで検索してみた。  (引用)  入所する13歳から15歳の少女計9人が9月下旬、職員2人に暴行を加え、軽傷を負わせていたことが4日、分かった。  現在も施設に残る女子7人が職員に反抗的な態度を示し、学園側が十分、管理できていない「異常な状態」であることを明らかにした。職員もショックを受け、暴行を受けた職員も含め、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の状態に至ったケースもあるという。  2002年10月にも、当時14歳と15歳の入所少年4人が当直の男性職員を殺害し、現金や鍵を奪って逃走する事件があった。  児童自立支援施設は、不良行為をした子ども、家庭環境から生活指導を必要とする子どもの社会復帰を図るための施設。  (引用終り) http://www.chunichi-tokai.co.jp/00/sya/20061004/eve_____sya_____006.shtml  これでは児童自立支援施設の役割を果たしていないではないか、と感じた。

児童自立支援施設に赴任して「指導案」

 養護学校では、指導案の形式が複数あることは、普通のことなのかもしれないが、私の勤める「児童自立支援施設」の学習指導案は3つのパターンがある。非行等で学校に行っていなかった子もいるので、学年相応の学習ができない子がいるからであろう。  パターンA:個別学習のみの指導案。  パターンB:個別学習と一斉学習が混ざった指導案。  パターンC:一斉のみの指導案。  生徒の実態に合わせて、一斉授業が可能なのか、個別授業にしたほうがいいのかで対応を変えている。  ワークシート等もいろいろと作らなければいけないので大変である。
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR