FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆特別支援のツボ:【8月】校内・校外研修で教師力の幅を広げましょう

 明治図書より、メール。  夏休みも近づいてきました。  通学途中の子どもたちも、プールなどで日焼けして、いい小麦色になっているなと感じます。  今号(7月第3週号)は、特別支援のツボ、研究会情報をお届けします!
スポンサーサイト

恐怖の記憶つくる仕組み解明

 2011年7月12日 04時02分のニュースに「恐怖の記憶つくる仕組み解明 「心の傷」薬の糸口にも」という記事が出ていた。  これでPTSDの治療も可能になるのか?  ある場所で怖い体験をすると、その場所を再び訪れた時にそのことが思い出される―。そんな恐怖体験の記憶がラットの脳にある海馬という部分でつくられる仕組みを、横浜市立大の高橋琢哉教授らのチームが明らかにし、11日付の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。  こうした記憶が刻まれた「心の傷」に対する薬を開発する糸口になると期待される。  高橋教授らは、明るい部屋と暗い部屋に分かれ、暗い部屋に入ると電気ショックが与えられる装置にラットを入れた。  ラットは電気ショックを嫌って暗い部屋に行かなくなるが、この時、脳の神経細胞同士の情報のやりとりをするシナプスを調べた。 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011071101000932.html

「ほめ言葉」の活用で、算数授業を変える!

 明治図書から、メール。「ほめ言葉」の活用で、算数授業を変える!『楽しい算数の授業』2011年8月号の案内だ。  自分は褒めるのが下手だから、読んでみようかな?  算数の本だけど、参考になるかもしれない。  ところで「Eduブログ」が終わってからの、明治図書からのメールはどうなるのでしょうか???

「[Eduブログ] サービス終了のご案内」というメールが届いた。

 明治図書のblogが終わってしまうのですね。 2011年07月上旬 バックアップデータ提供開始 2011年10月31日 更新の停止及びサービス終了 2011年12月31日 バックアップデータ提供終了 ということだ。  さあて、この後、このblogの続きはどうしよう・・・!?

教師の駆け込み寺

 2011年6月29日の朝刊に「<壮春グラフィティ>「天職、生受けた恩返し」」という記事を発見!  教師って何なんでしょうね? <色:#0000ff>◆教師の駆け込み寺を開いた 指圧院経営 武山正伸さん(62)  ラケットを持って卓球台で向き合い、弾むボールを見つめながら共に汗を流す-。「体を動かすと、気持ちがスッと晴れることがあるでしょ」。埼玉県川越市の武山正伸さんは十一年前、教師らの「駆け込み寺」を開いた。経営する指圧院に卓球スペース、サウナや和室などを設け、相談者が心を許せる環境を提供しながら相談に応じている。  自身も教師だった。四十六歳で退職するまで、同市立中学校で体育を教えた。「嫌だと思った生徒は一人もいなかった。生まれ変わってもまた教師になりたいと思うほど、教師という職業が好きだった」  退職を選んだ背景には、郷里の母の生きざまがあった。青森県の山間地で生まれ育った武山さんは、生後間もなく父を亡くし、母一人の手で育てられた。母は四人の子を育てながら助産師をし、中学校で家庭科を教え、さらに医療過疎地で“医師の代役”も果たした。  「母は医師ではなかった。でも確かに人の命を助けた」。年を重ねるうち、経験を生かして教師を助けながら、人の命にも関わりたいと思うようになった。退職直前、いわゆる「荒れた学級」の担任に。「一年後は素晴らしい学級として送り出せた。やり残したことはもうない」  医師を目指したが、脳梗塞で体調を崩したため、養成期間の短いあん摩マッサージ指圧師の資格を取得。指圧院と駆け込み寺を同時に始めた。「辞めなければ公務員の安定した生活があった。でも人生は一回きり。ぜいたくをしたいわけではない」  駆け込み寺にはほぼ毎日、時には県外からも悩める教師らが訪ねてくる。上司に「教職に向いていない」と言われた若手、朝礼がつらくて仕方ない管理職など悩みは多様だ。  「一生懸命考える先生ほど悩む。でも本音を言って『そうだよね』とうなずいてもらえれば落ち着く。教育現場を知り、悩みを実感できる自分が心のよりどころになりたい」。カウンセリングを学んではいないが、「話を聞き、自信を持ってもらえるような対応を考えている」。  教師になった直後に相談に訪れた同市の元小学校教師原田綾子さん(36)は「私の話を否定せず、おせっかいも言わず、ただ共感して勇気づけてくれた」と振り返り、「アドバイス通りに子どもと関わったら、子どもが変わった。教師って楽しいと思えた」と感謝している。  生計は指圧院の収入で賄う。駆け込み寺は無償だ。「天命の仕事だと思っている。この世に生んでもらった恩返しとして一生続けたい」  早朝でも夜間でも、悩みを受け止めるため、駆け込み寺の玄関の鍵はいつも開けてある。 (杉戸祐子) http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2011062902000062.html

続きを読む

「教育課程」と「カリキュラム」は同じ?

 明治図書よりメールマガジン。今号(7月第1週号)は、教育オピニオン、Eduアンケート。  教育オピニオンは、「子どもの実態をもとに再考する「教育課程」」名古屋大学大学院教育発達科学研究科教授植田 健男先生。

仮面ライダーフォーゼ

 「仮面ライダー、初の学園ドラマ 高校生が宇宙舞台に大暴れ(2011年6月30日 17時37分)」という記事を見つけた。  子どもたちのヒーローが、「短ラン」で「ボンタン」じゃあ、教育上よくないでしょう!? <色:#0000ff>
 新番組「仮面ライダーフォーゼ」の制作発表で、変身のポーズをとる福士蒼汰=30日、東京都内  シリーズ初の学園ドラマとなるテレビ朝日系の新番組「仮面ライダーフォーゼ」(9月4日スタート)の制作発表が東京都内で開かれ、福士蒼汰、鶴見辰吾らが出席。リーゼントに丈の短い学ラン、だぶだぶズボンで登場した主演の福士は「新しい仮面ライダーをつくっていきたい」と意気込みを語った。  フォーゼは仮面ライダー生誕40周年記念作品。高校生の如月弦太朗(福士)はフォーゼに変身、宇宙を股に掛け活躍する。  お笑いコンビ「アンガールズ」の田中卓志は教師役。直近では理科室の人体模型を演じたそうで「正直、ショッカーとか怪人役かなと。人間役をうまく演じられるか不安」と笑わせた。 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011063001000615.html

施設養護、段階的に3分の1に 里親委託に移行、厚労省

 2011年6月29日 08時22分のニュース。  でも、里親になってくれる家庭ってそんなにたくさんないと思う。児相相談所も里親になってくれる方を探している・・・。  家庭教育力を上げるにはどうしたらよいか・・・を、考えた方がいいのかもしれない。  厚生労働省は28日、虐待や経済的な理由で親と暮らすことが困難な子どもたちを養育する「社会的養護」の将来像について、現行の児童養護施設の定員を現在の約3万人から、段階的に3分の1近くまで縮小するとの最終案を取りまとめた。  子どもの成長をきめ細かく支援できるよう、里親制度など家庭的環境での養護か、少人数の子どもが施設職員と過ごす「グループホーム」での養護に移行する。  児童相談所に寄せられた虐待の相談件数は2009年度で4万4211件で、10年前の3・8倍に増えた。 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011062801001368.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。