平均値のこと

 「月刊JTU」2012年4月号より「なださんのメンタル・スケッチ 36」の引用。
 「先生、ようやく、平均値の問題、少し取り上げられるようになりましたね」
 知人から、電話があった。
 「そうですか、だれが取り上げましたか」
 「大学の数学の先生たちですよ。『ゆとり教育を受けた人たちは、数学の基礎的なことがほとんどわからない』と危機感を露わに、記者会見していました」
 「そうですか」
 「”ほとんどのデータは平均に近いところに集中する。○か×か。”○と答える人が多いそうです」
 「じゃあ、なぜ×なんですか」
 知人は最近の若い人ではなかった。既に、かなり年配と呼ばれてもいい年頃に達していた。彼女は、目を白黒させているだろう。直ぐに答えが返ってこない。
 「データの中に、ほかの100倍も1000倍もの大きな数値を持つものがあれば、平均値は上がってしまうので、大多数は平均よりかなり低いところに集まることになります。よく、例に出されます。たとえば、40人のグループがあって、大多数が、標準的サラリーマンの給料をもらっている。しかし、中に大金持ちが混じっていて、39人のサラリーの100倍も収入があるとする。すると大多数の者は、おれはそんなにもらっていないと思う」
 「なるほど、分かります、分かります」
 「じゃ、そんなことこれまで知らなかったの」
 ぼくは意地悪く、そう質問した。
 「えへへへへ」
 相手はごまかしている。
 「じゃあ、最近の若者だけじゃなかったのだね。かなりのおじさんもおばさんも、平均値の意味が分からなかった。それを最近の若者、ゆとり教育を受けた若者だけが、数学ができないかのようにいうのは、正しくないね。その数学の先生たちの結論の出し方は、コントロールを欠いているよ。初めから、ゆとり教育で、数学の学力は落ちている、という偏見を抱いた調査だったようだ」
 「なるほど、最近の若い者と同時に、おじさんおばさんにも、同じテストをしていなければ比較になりませんね」
 「その数学の先生たちに、記者会見の場で、国語と英語と数学の平均点というのは数学的に正しいか、だれかが質問してくれればよかったな」

スポンサーサイト

末は博士か、大臣か

 収入の差(貧富の差)が、子どもたちの学力に関係していると言う人がいる。お金のある家庭の子が学力が高く、貧しい家庭で育った子は学力が低いという。
 果たして、貧富の差が学力に関係しているのだろうか???お金があるかないかで、結局、塾に行っているか、行かないのかということらしい・・・。
(今の学校教育は、塾に行かないとついていけないのか???塾が学力をつけているのか???)
 でも、終戦後は、「末は博士か、大臣か」と言われ、頑張った人が出世した時代だ。つまり、親の収入はあまり関係なかった。高校進学や大学進学は、奨学金があった。高校や大学に進学するために、本当に出世したい子どもたちは必死に勉強したはずだ。
 今の日本は、頑張っても出世できないだろう、給料は増えないだろうという閉塞感があり、頑張ろうとしない子どもたちが多くなっているのではないだろうか???

いじめられている!???

 最近は、子どもは、学校に行きたくなくなったら「学校でいじめられている」と言えば学校に行かなくてすむようだ。
 また、人間関係でトラブルがあった時「いじめられている」といえば、大人が入り、解決してくれる。
 子どもが「いじめられているから、学校に行きたくない・・・。」と言えば、親は学校に文句を言う。学校はあたふたする。
(それ、いじめじゃなくて、ささいなケンカでしょう・・・なんていうのも多い。)
 交友関係を自分たちで自己解決できない風潮になっている・・・のかもしれない・・・ひ弱にしているのは、日本の現状のシステムかもしてない・・・。
 何でも「いじめ」と言うのではなく、「いじめ」というのをしっかりと定義した方がいいのかもしれない。
(今の日本では、「本人がいじめられていると言えば「いじめ」になるらしい・・・喧嘩で、双方がいじめられていると言ったらどうなるのだろう・・・???・・・両方ともいじめられているのですか・・・???)

神待ち

 「神待ち」って、家出少女の援助サイトなのですね。(神待ちサイトは神=泊めてくれる人・おごってくれる人を探すサイト)
 どんどん新しい言葉が出てきていますね。
 ネットを規制する必要があるのでは・・・?????

世界自閉症啓発デー

 あれっ!?4月2日の「世界自閉症啓発デー」が、過ぎているじゃん・・・。
 毎年、4月2日は研修会の案内が来ていて、毎年参加していたのに、今年は案内が来なかったな・・・というか、案内が来ても間違えて消してしまったのかな!???
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/
 あれあれ・・・インターネットを調べてみると、やっぱり開催している・・・案内のメールを間違えて削除してしまったようだな・・・。
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR