FC2ブログ

大正維新、知ってる?

 月刊『JTU』MAY 2012より、「なださんのメンタル・スケッチ37」の引用♪
 「大本教」とか「出口王仁三郎」って、昔、本で読んだことがあるな。懐かしいな!
 「先生、何を笑っているのですか」
 笑いは質問を誘発する。ぼくが一人でニヤニヤしていると、そう質問された。
 「面白いからですよ」
 「何が面白いのですか?」
 「今、ちょっと維新という言葉を調べ始めたところです。日本には維新のつく言葉がたくさんある。明治維新、大正維新、昭和維新、平成維新、大阪維新。知っていましたか」
 「知らない言葉もありますね」
 「ぼくも、こんなにあるとは思わなかった。これで、維新という言葉が好きな人が、日本にはかなりいるということが分かりますね。明治維新だけが、あとから歴史家によって付けられた名前。それ以外は自分たちで、自分たちのやろうとしていることにつけた名前」
 「あっ、そうなんだ。あのう、大正維新は初めて聞く名前ですが」
 「政府によって徹底的に弾圧された運動だったから。政府は国民の記憶から、事件そのものまで消し去ったのですね。面白い」
 「それではほとんどの人が知らない」
 「中心になったのが大本教という当時の新興宗教です。指導者出口王仁三郎」
 「大本教なら知っています」
 「本当に知っているかな。名前だけじゃない」
 「大弾圧を受けるのでしょう」
 「後で、です。最初の弾圧では、王仁三郎はすぐ仮釈放されて、満州に行く。そこで馬賊・・・ああ、懐かしい名前、でも今は死語。ともかく馬賊と仲良くなり、その地のラマ教との提携を考える。かれは世界の宗教の融合を考えていたみたいだ。日本に帰ってきたのちも、信者は増え、右翼や陸海軍人が、多数信者になった。大本教の世直しの考えに影響されて、昭和維新的な考えが、軍人信徒の間に広がる。そこで危険視されて、徹底的弾圧」
 「そうだったのですか。でも、もう過去のことでしょう」
 「かもしれない。でも、面白い。その大正維新の運動に参加したのが、若い頃の、谷口雅春、岡田茂吉。谷口は対立して国家と協力する『生長の家』を作る。岡田は熱海に本拠のある『世界救世教』を作る。人のつながりの面白さ。面白がっていると、いろんな勉強が出来ますよ。大本という名前まで面白くなる」
 「なるほど大本だ」
スポンサーサイト

板書が変われば、授業が変わる!

 明治図書より、3月第4週号に「板書が変われば、数学の授業が変わる!」という気になるメールマガジンが届いた。
 引用します。

 今回は新井仁先生に、新刊『中学校数学科 授業を変える「板書」の工夫45』について伺いました。
新井 仁(あらい ひとし)
 1965年長野県生まれ。東京学芸大学初等教員養成課程数学科卒業。長野県内公立中学校、信州大学教育学部附属長野中学校を経て、現在長野市立柳町中学校教諭。第59回読売教育賞算数・数学部門優秀賞受賞(2010年)、第26、27回東書教育賞優秀賞受賞(2010年、2011年)単著に、『中学校数学科 新領域「資料の活用」の授業プラン』(明治図書)。

―本書の冒頭で、新井先生は、板書は教師の覚え書きではなく、生徒の思考を整理するためのものである旨書かれています。生徒目線で考えて、数学の授業で板書をする際に特に気を付けなければならないのはどんなことでしょうか。
 問題を与えて解かせ、生徒のつまずきを取り上げて授業を進めると、つまずきがちな生徒はコンプレックスを感じるでしょう。だからといって、問題の解き方の手順を示して解かせても、数学の本質的な理解に至らずに終わるかもしれません。
 やはり、解決方法の見通しを立てる思考が大切です。複数の学級で同じ問題を提示しても、解決方法の見通しは学級ごとに異なるものです。だから、授業では問題に対して様々な考え方が出され、それらを集約しながら生徒の思考の流れに沿って道筋を定めてあげることが必要になります。
 問題は模造紙等に書いて提示することが理想的ですが、解決方法の見通しや設定する課題については、生徒の発言に基づいて整理しながら板書することが大切だと思います。

―本書の中では、先生による板書だけでなく、生徒による板書も多く取り上げられています。生徒に板書させる際に、先生はどのようなことに注意すればよいのでしょうか。
 生徒の板書に基づいて、友だちの考えと自分の考えを比較したり、複数の考え方を統合してよりよい方法や結論に練り上げたりします。つまり、理想的な解答をきれいに板書しもらうことよりも、生徒の板書を使って授業を組み立てることが大切です。その場合、生徒の板書を振り返りながら意見を述べ合うようなことを行い、生徒の発言に基づいて加筆したり修正したりします。したがって、板書は挙手した生徒のだれでもよいのではなく、教師が意図した生徒に行わせることが基本です。
 また、生徒は板書に不慣れで、どうしても小さな字で行間を空けずに書きがちなので、加筆・修正等をわかりやすく示すことができるように、大きな字で、行間を空けて書くように促すとよいでしょう。

―本書の中には、プロジェクターを使った授業の板書例も取り上げられています。今後、プロジェクターや電子黒板を使った授業は徐々に増えてくるものと思われますが、こういったICT機器を活用した板書の注意点を教えてください。
 教科書のページや、模造紙に書けば済むものを、わざわざICT機器を設置して投影することには、それほど意味があるとは思えません。数値の変化に伴うグラフの変化を示したり、条件を保存したまま図形を変形させたりできることが、ICT機器を使うことの利点の一つでしょう。
 理想とする授業があり、その実現のためにICT機器が有効に働くのであれば、大いに使いたいものです。例えば、階級の幅を変えると瞬時にヒストグラムが変わるような示し方は、板書での対応は難しいでしょう。動きのあるグラフを示すことや、図形を変形しながら示すことは、生徒の思考を豊かにするものだと思います。

―最後に、全国の読者の先生方にメッセージをお願いいたします。
 芸術作品は、その作品に込めた作者の思いがあってこそ名作と呼ばれる作品になるのでしょう。名作をまねて上手に描いても、所詮贋作に過ぎません。
 ちょっと大げさかもしれませんが、板書は教師と生徒が共につくり上げる芸術作品だと考えたいものです。生徒に何を伝えたいか、生徒と共にどのような授業をつくりたいか、そんな思いが指導案になり、板書として目に見える形になるのだと思います。
 板書の工夫は、その背景にある授業の工夫、さらには教材の開発が根底にあるはずです。板書の背景にある授業の工夫、教材の開発こそ、私たちは絶対に忘れてはならない営みだと思います。本書から、そんなメッセージを読み取っていただければ幸いです。

「児童福祉の現状と家庭支援」

 「子どものこころの勉強会」に参加した。
http://kodomokokoro.blog.so-net.ne.jp/
 「児童福祉の現状と家庭支援」という演題で、村瀬 修先生のお話。
 村瀬先生は、ソーシャルワーカー、NPO法人 しずおか・子ども家庭プラットフォーム 代表理事である。
 勉強になった。
http://www.npo-platform.com/

NHK情報LIVE ただイマ!見過ごされる大人の発達障害

 2012年5月18日にNHKの「ただイマ!」で「子供も大人も急増!見逃すな”発達障害”」が放送されたはずだ!
 しまった!見逃してしまった!!!
http://www.nhk.or.jp/tadaima/backnumber/2012/0518/index.html

6655

 このblogのアクセスカウンターが、今日「6655」なんですけど。
 何か面白い並びだ。

バット殺人事件

 だいぶ前の話しだ。
 子どもが自分親をバットで殴り殺すという事件があり、ニュースやワイドショーで話題になった。
 この時、ある親は、「学校は、このことに対し、どう指導しているのか」と文句を言ってきた。「自分も子どもに殺されないか心配だ」と言っていた。
 これも他力本願だ!!!
 家庭教育も、何でも学校がやるの???親はどんな指導をしているの???
 バカ親だ!!!

長電話をしないように指導して下さい

 ある日の日曜日、ある家の親から自宅に電話がかかってきた。
 「うちの子が長電話をして困る。学校で長電話をしないように指導してほしい。うちの子に直接、長電話をしないようにと指導しては困る。うちから連絡があったことも内緒にしてほしい。」
 親が子どもに指導できないのだろう!だから学校に指導を頼む!
 バカ親だ!自分の子どもの日常生活くらい自分で指導しろ!!!
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR