FC2ブログ

いじめ・意地悪に対する子どもと保護者の気持ちを読み解く

 明治図書より、メールが届いた。「いじめ・意地悪に対する子どもと保護者の気持ちを読み解く」というのが興味深かったので引用します。
この時期の子どもたち
 ときどき、いじめ問題がマスコミをにぎわします。その度に、子どもたちも保護者のみなさんも不安になります。いじめ対応はもちろんケース・バイ・ケースですが、少し学校と反対側からの視点で考えてみましょう。
◎ 保護者のいじめ体験を想定する
 保護者の中にも、子どもの頃にいじめられた経験のある方がたくさんいらっしゃいます。そのことに対する認識が、教師の側にはとても少ないように思われます。保護者自身がいじめに合っていたとしたら、その恐ろしさは骨身にしみています。
 いじめられたことを親にひた隠しにしていた経験。
 先生にも分かってもらえなかった経験。
 学校へ行くことが地獄だった経験。
 そのような経験をもつ保護者が、学校から帰ってきた子どもから「今日、AさんとBさんにいじめられた」という言葉を聞いたら、冷静ではいられません。そういう保護者に対して、教師が「大したことではありませんよ」等と言うことは、たとえ本当に軽い出来事であったとしても、保護者は見捨てられたような気持ちになると思います。
担任が気をつけたいポイント
 「勝ち負け」という発想にならないこと
 「何か言ってこられたら、保護者に負けないように、言うべきことは言わないといけない」
 確かに、その通りです。最近の保護者の中には、理不尽なことを平気でおっしゃる方がいらっしゃいます。言われっぱなしでは、かえって悪い状況になることもあるでしょう。クレームに対しては、学年の先生や管理職と一緒に話を聞いて、言うべきことを伝えることは必要です。
 けれども、言い勝てば教育がうまくいくことでもありません。「先生たちは分かってくれない」という気持ちをもたれてしまえば、次からが大変になります。
 保護者との関係は、負けてはいけないが、勝ってもよくないのです。
教師自身の「いじめ」のとらえ方を基準にしないこと
 いじめに定義というものはありません。「自分は『いじめ』というものをこう考えている」と言っても、それはその先生だけのとらえ方なのです。子どもや保護者に通用するものではありません。いじめの事実を受け止める心の強さは、人によって違うのです。
 「私の考えるいじめの定義にあてはまらないから、このケースはいじめではありません」ということは、いじめられているという思いの子どもと保護者には、納得できることではないのです。
多賀先生からのワンポイントアドバイス
 いじめの問題が起こったら、次のことを同時に行わなければなりません。
4. 慎重に事実関係を確かめること
5. いじめられていると感じている子どもの思いをケアすること
 一人だけで対応するのは危険です。管理職や学年の仲間と事実関係を共有して一緒に考えていくことを欠かしてはいけません。そうして、いじめの事実があるかないかということは、きっちりとおさえておかなければなりません。
 しかし、最終的に大切なのは、「いじめられている」「つらい」という子どもの気持ちと、子どもからそれを聞いている保護者の思いにいかにして寄り添うかという一点に尽きると思います。
多賀 一郎(たが いちろう)
 神戸大学付属住吉小学校を経て私立小学校に長年勤務。元日本私立小学校連合会国語部全国委員長。現在、追手門学院小学校講師。専門は国語教育。親塾を神戸と大阪で主催して、保護者教育に力を注いでいる。また、教師塾やセミナー等で、教師が育つ手助けをしている。絵本を通して心を育てることもライフワークとして、各地で絵本を読む活動もしている。
『小学校国語科授業アシスト これであなたもマイスター!国語発問づくり10のルール』(明治図書)『子どもの心をゆさぶる多賀一郎の国語の授業の作り方』『全員を聞く子どもにする教室の作り方』『今どきのこどもはこう受け止めるんやで』(黎明書房)など、著書多数。
 ブログ「多賀マークの教室日記」も好評。

スポンサーサイト

LINE問題は企業+学校+家庭で解決

 『日経パソコン』2013年9.23号に野間俊彦氏(東京都北区立赤羽台西小学校 校長)の「LINE問題は企業+学校+家庭で解決」という記事が載っていた。引用します。
 この夏に広島県呉市の山中で起きた集団リンチ殺人事件では、少年少女らが「LINE」で頻繁に連絡を取っていたことが大きく報道された。一方、8月1日には、厚生労働省の補助金を受けた研究所が、インターネットへの依存が強いとみられる中高生は全国で約51万8000人に上るというショッキングな推計を発表した。それに呼応するように、LINE上でのいじめ、仲間はずれ、LINE依存などの問題を、マスコミ各社が取り上げている。
LINEとはどんなアプリか
 ご存じの通り、LINEはスマートフォンを中心に広がった無料通話・コミュニケーションアプリだ。ユーザー数は世界で既に2億人を超えているという。LINEをインストールした端末同士なら、インターネットを介して無料で通話やチャット(LINEでは「トーク」と呼ぶ)が行える。LINE関連のツールやゲームも多数提供されており、ほかのユーザーと連携してゲームを進めていくものもある。
 筆者がLINEをインストールしたときにまず仰天したのは、アドレス帳に登録してある人の中で、既にLINEを利用している人宛てに、筆者がLINEを始めたことが勝手に通知されたことだ。さらに、小学6年生の息子にLINEゲームを遊ばせていたら、やはり全員に、一緒にゲームを進める誘いのトークが自動送信されたこともあった。
 簡単にインストールや操作ができるLINEだが、個人情報を守るには、自分で設定を変更しなければならないことを後で知った。時既に遅し、である。
中高生にLINE問題続出
 9月3日に発表された総務省の調査では、高校1年生のスマートフォン所有率が84%と、昨年の59%を大幅に上回った。筆者が知る範囲では、連絡メールとしてのLINEは必須に近い。LINEの「グループ」という機能を使っている中学生や、LINEゲームで遊ぶ小学生も少なくないようだ。
 中学生では、スマートフォンを持っていないと仲間に入れないとして、保護者に機種変更や新規購入を頼むことが多いという。結果として、中学生のスマートフォン所有率が急増しており、これが小学生にも波及するのは時間の問題だろう。
 LINEトークでは、メッセージを相手が読むと「既読」と表示される。緊急の用件を送信したときなどに、相手が読んだことを確認できて便利だ。しかし、子供たちの間では、返信を出さなければならないというプレッシャーになる。「読んだのに返事を返さない」とトラブルになることが多いからである。
 深刻なのは”LINE外し”と呼ばれる行為。LINEではグループを作成して連絡を取り合うことができるが、特定の1人だけをグループに登録しなかったり、いきなり登録を外してその子の悪口をトークし合ったりするいじめが起きている。LINEが使えない子は仲間に入れてもらえない実態もある。
 そのほか、LINEのIDを掲示板などに公開して援助交際を求めたり、美人局を行ったりと、事件や犯罪が起きていることも深刻な問題だ。
知識と心を育てること
 このような実態をLINE側も深刻に受け止めていて、携帯電話事業者と協力して、18歳未満のID検索ができないようにするなどの対応を始めている。だが、それでも親名義の登録ではすり抜けてしまう。LINEを使ったトラブルが社会問題になっている以上、LINE側はもっと積極的な対応を考えるべきだろう。LINEを便利に使っているユーザーがほとんどだと思うが、このままでは本当に悪者になってしまう。LINEの改良とともに、LINEを教材とした情報モラル指導のパッケージを開発して提供するのはどうだろうか。
 さて、もしLINEがなかったらいじめやトラブルは起きないのかというと、もちろんそんなことはない。ツールが代わっても同じような問題は必ず起きる。一番大切なのは、友達や自分を大切にする心である。これは学校の学級経営や道徳、心の教育などを通じて長期的に積み上げていく必要がある。家庭でも保護者の力で指導することは十分に可能だ。保護者会などで実態を知らせて協力を求めることから始めたい。

学力格差大きい

 2012年9月16日の朝刊に「学力格差大きい」という記事があった。
 NPO法人日本標準教育研究所が小学校教師を対象に実施した調査で、9割以上の教師が、児童の学力の格差が大きいと感じていることが分かった。
 調査は全国の小学校教師約400人が回答。子どもの現状をどのように感じるか尋ねたところ、「学力の格差が大きい」94%、「成長の度合いに大きな差がある」93%となった。
 また、「生活習慣が身についていない子どもが多い」は87%、「教師が予想しない行動をとる子どもが多い」は50%に上った。
 自由記述では「家庭でのしつけはどうなっているのかを感じることが多い」「地域差、家庭差が大きい」「学習に意欲を感じる子が減ってきている」などの本音が寄せられた。

「日本標準教育研究所」
http://www.nipponhyojun.co.jp/index.html
http://www.gakuryoku.net/

学力テスト 学校支配に利用するな

 2013年9月11日の社説、「学力テスト 学校支配に利用するな」よりの引用。
 静岡県の川勝平太知事が全国学力テストで県の成績が悪かったとして、下位校の校長名を公表する意向を示した。教師への“罰”で傷つくのは子どもたち。歪(ゆが)んだ競争に追い立てるだけではないか。
 学校現場にどんなメリットや効果があるのか。先に成績が公表された全国学力テストで、静岡県は小学六年の国語Aの平均正答率が全国を5ポイント下回る57・7%。都道府県の最下位だった。
 これを受けて川勝知事は成績の悪かった百校の校長名を公表したいと記者会見で語った。成績が悪いのは教師のせいだ。校長名を公表して責任を取ってもらう。反省を促すのだ-と。
 文部科学省は学力テストの実施要領で学校名を明らかにした成績の公表を禁じている。過度な成績競争を防ぐためで、一九六〇年代に続いた学力テストをやめる大きな理由になった。知事は「校長名の公表は問題ない」と言うが、校長名が分かれば学校名もわかる。
 学力テストは本来、子どもがどんなところでつまずいているのか、どんなことができるようになったのかを教師が知り、指導の改善に役立てるためにある。
 成績には教師の教え方が影響するのはもちろんだが、地域や家庭の抱える事情などさまざまな要素が反映する。学校現場はそれらを細やかに見ていくことこそが求められている。
 小学六年や中学三年を対象に行われている全員参加式のテストに疑問が持たれているのは、平均値をはじきだし、都道府県をランク付けするからだ。平均値より上か、下かなど点数のみに関心が向けられ、一人ひとりの課題を見つけるのに役立てられていない。
 校長名を公表すれば教師も子どもたちの成績を上げようと競争へと駆り立てるようになる。むしろそんな弊害の方が心配になる。川勝知事の発言は地域の実情を無視した、全国一律の学力テストがもともと抱えている問題を明らかにしたといえる。
 テスト成績の扱いについて、公表しても罰則がないために秋田県が市町村別に公表したことがある。佐賀県武雄市は昨年十二月に学校別で公表した。ほかにも公表を認めるよう求める首長があり、文科省は公表の範囲を自治体の判断に任せることも検討している。本末転倒だ。
 名前を公表される教師たちは萎縮するだろう。学力テストを学校を支配する道具にしてはいけない。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013091102000162.html

 静岡県は、全国学力調査の小学校国語で平均点が全国一低かった。これを受けて、県知事は低かった学校の校長名を公表するように発言している。
 また、ニュースで、静岡県は、子供にかけるお金が全国一少ないと言っていた。
 「国づくりは人づくり」と言う。
 お金をかけないで学力を上げろというのもおかしな話である。

美容で始める「食育」の授業

 明治図書より9月1日のメールより、食環境ジャーナリスト金丸 弘美氏び引用。
 今、2つの大学で食文化論を教えている。女子大での授業では、いちばん最初に「私の授業の目的はきみたちが美しくなることです」と話す。するとみんな目が輝く。というのも女学生の最大の関心はダイエットや美容だからだ。
 そのあと「腸内セルフチェックシート」(辨野義己さん作成)を配付する。腸内細菌のバランスと健康の目安になるものだ。
 それには23項目がある。
【生活習慣】
・トイレの時間は決まっていない
・タバコをよく吸う
・肌荒れや吹き出物が悩みの種
・運動不足が気になる
・おならが臭いと言われる
・顔色が悪く、老けて見られる
・ストレスをいつも感じる
・寝つきが悪く、寝不足
【食事】
・朝食は食べないことが多い
・朝はいつも忙しく、短時間ですませる
・食事の時間は決めていない
・外食が週4回以上
・野菜不足だと感じる
・肉が大好き
・牛乳や乳製品が苦手
【トイレ】
・いきまないと出ないことが多い
・排便後も便が残っている気がする
・便が硬くて出にくい
・コロコロした便が出る
・ときどき便がゆるくなる
・便の色が黒っぽい
・出た便が便器の底に沈みがち
・便が臭いと言われる
『べんのお便り』(辨野義己著・幻冬舎)より
 0個だと若くてぴちぴち、4個以下は実年齢+5歳、5~9個は実年齢+10歳、10~14個は実年齢+20歳、15個以上は実年齢+30歳。15個以上になると「腸年齢60歳以上」で危険信号となる。
 簡単に食生活のバランスを知ることができる。なかには10個以上○がついてショックを受ける学生もいる。
 多くの学生が、美しくありたい、若くありたいと思っている。それにも関わらず、肌荒れや、便秘、アレルギーの要因となる要素が、自分自身にあることがあきらかになり、食と生活バランスが不規則というのも一目でわかる。
 野菜不足、食の偏り、バランスの悪い食事、菓子類やジュース類が多い、運動不足から腸内の働きが弱くなり、腐敗菌が出てきて、それが肌荒れや便秘の要因になることを伝える。そして、食のバランスシートを配付して、1週間の自分たちの食べ物をチェックしてもらう。こうすると普段の食と運動の大切さが実感できるというわけだ。
 さらに、市販のジュース類、菓子類、インスタント食品の砂糖、塩分、油脂分などの含有量を示した写真を紹介する。これは鹿児島県徳之島の保健課の人たちが作成したものだ。奄美諸島では、肥満や高血圧など生活習慣病がまん延していて問題となっていた。そこで島の子どもたちの間にも広がっているインスタントラーメンや清涼飲料水、菓子類の油分、塩分、砂糖分の含有量を公開。これらを偏って食べると生活習慣病の要因につながることを明らかにしたのだ。この写真を学生に見せるとどよめきが起こる。自分たちが食べているものと同じ。チェックを行った後だから偏った食に思い当たる。
 こんな授業を始めた理由は、前に行っていた女子大の授業で、寝ている学生や私語が多い学生が多く、その関心を高めるにはどうしたらいいかを考えたためだ。
 そして健康調査をすると、肌荒れが6割、疲れやすいが4割、便秘が3割、アトピーが1割もいることが分かった。
 そこで、もっと身近なところから食文化の話をしようと始めたのが「美しくなる」をテーマにした授業だった。
 その効果はてきめんで、授業への関心はぐっとあがった。授業のおかげで肌荒れや便秘が解消したとか、食事が変わったとレポートをしてきた学生もいた。
 その授業のせいか、今、教えている大学の講義は学内ナンバーワンの受講者数となっている。
 年に1度、八王子の牧場・磯沼ミルクファームに学生の希望者を連れて行き、牧場の料理会を毎年開いている。乳搾り、牧場の野菜とミルクのスープ、溶岩釜のピザ、ヨーグルトを使ったデザートなど、体験をしてフルコースを食べる。
 飼われているジャージー、ブラウンスイス、ホルスタインのミルクのティスティングも行う。そして、香り、見た目、味の違い、牛の品種の違いまでを味わいながら学ぶ。
 牧場の料理会は、もう10年以上になるが、牛の成長や食べる餌、なぜBSEが起こったか、酪農の仕組みなど、きちんと伝えるために牧場と一緒にカリキュラムを作った。こちらも大好評なのである。
 牧場の料理会を、こう表現した女子学生がいた。「先生、いいもの食べないとお肌によくないというのがわかりました」。嬉しい言葉だった。
金丸 弘美(かなまる ひろみ)
 1952年佐賀県唐津市生まれ。食環境ジャーナリスト、食総合プロデュサー。執筆活動のほか、食の総合プロデユーサーとして、食育と地域づくりを連携させた食のワークショップのプラニングから、プロモーション、ツアーへの展開といった食のアドバイザー事業、また学校を対象とした、公開授業、大学から幼稚園まで各学校での食の講師などもてがける。
【主な著書】
『実践!田舎力―小さくても経済が回る5つの方法 』(NHK出版)
『幸福な田舎のつくりかた:地域の誇りが人をつなぎ、小さな経済を動かす』(学芸出版社)
『創造的な食育ワークショップ』(岩波書店)
など多数。

書き方がわかれば、どの子も書けるようになる!

 2013/8/23 掲載の明治図書よりのメール。
 今回は井上一郎先生に、新刊『記述力がメキメキ伸びる!小学生の作文技術』について伺いました。
井上 一郎(いのうえ いちろう)
 奈良教育大学助教授、神戸大学教授、文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官、国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部教育課程調査官・学力調査官を経て、現在京都女子大学発達教育学部・大学院発達教育学研究科表現文化専攻教授。国語教育学者。「全国国語教育カンファランス」「全国読書活動研究会」「国語教育公開講座」等を主宰。「小学校全国国語教育連絡会」会長。『子ども時代』『教師のプライド』等のエッセイ集を刊行。主な著書・編著書として、『読む力の基礎・基本』2003、『誰もがつけたい説明力』2005、『読解力を伸ばす読書活動』2005、『書く力の基本を定着させる授業』2007、『話す力・聞く力の基礎・基本』2008、『知識・技能を活用した言語活動の展開』2009、『言語活動例を生かした授業展開プラン低学年』、『同中学年』、『同高学年』2010、『学校図書館改造プロジェクト』2013他。いずれも明治図書。
―「記述力」とはどのようなものでしょうか? 「書く力」との違いを教えて頂けますか?
 「記述力」という表現を重視するのは、現在多くの学力調査で課題となっている記述力の不十分さに対応した指導法を提唱するという理論及び実践上の意図があるからです。記述力は、文章様式に対応して記述すること、一つの文章内において多様な表現法を駆使しして記述すること、読解及び表現のプロセスにおいて記述すること、各教科等で記述すること、条件に応じて記述すること、長文にも短文にも対応して記述することなど様々な力を含んでいます。多様な書く力を統合する表現として「記述力」を書名にしました。
―書くことが苦手な子どもに効果的な指導法がありましたら、ぜひ教えてください。
 書くことは、決して簡単なことではありません。しかし、書くことの方法を分析的にとらえ、手順を明確に筋道付けることによって必ず書けるようになります。本書でも「100字ワーク」を紹介しておりますが、まずは、100字程度の短文を多く書くように習慣付け、文章様式や各教科等の目的に応じて書くようにする手順やカリキュラムを構想してください。
―本書では、文章の様式別にモデル文が紹介され、文章の構造がビジュアルで明示されているのが特徴ですね。授業でどのように活用すればよいでしょうか。
 文章様式には、目的も、文章全体及び表現法の記述力も凝縮しています。それらを習得するためには、モデルとなるものを多く読み、かつ分析的に特徴に気付くようにする必要があります。本書でのモデル例を契機に、さらにモデル例を増やしながら児童と一緒に分析する授業を行ってください。
―各教科で記述力をつけていくためには、日常の授業でどのようなことを意識するとよいでしょうか。
 目的や課題、条件などを細かく分析した上で、それらに対応するように書く訓練が必要です。しかも、各教科等には、説明や回答に多くの注文、すなわち特質がありますので、それらのモデルを提示して分析して見せます。その後、先に児童が書いたものとの違いを比較しながら問題点や注意点をまとるようにします。さらに類題を説明したり、回答したりするとよいでしょう。
―最後に、読者の先生方へ向け、メッセージをお願いします。
 書くことは、決して国語科の表現領域の一つにとどまる課題とは違います。書くことによって、各教科等で必要な自らの考えをまとめ、他者にコミュニケートする重要な機会を得ることになるのです。また、表現しなければ、読解力は向上しません。フィンランドの視察においても、「読解力で世界一になったが、私たちは書くことを重視してきたのですよ」と多くの教師が回答しておられたことを忘れないようにしたいものです。
 面倒がらないで、とにかくねらいを明確にし、また、自己評価や他者評価を活用しながら、児童自身によって評価させることで負担を軽減しながら、記述する機会を多くしてください。本書が新しい記述力の向上につながる一助となることを願ってやみません。

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR