FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活動事故 予防 救急 家族への対応

 2014年10月20日の朝刊より、引用。
横浜市の助教が冊子
 部活動などのスポーツ中に起きる子どもの重大事故が後を絶たない。横浜市立大医学部の南部さおり助教(法医学)は今春、部活動の安全な指導方法をまとめた冊子を作成した。名古屋市の向陽高柔道部の部員死亡事故を参考にして、万が一起きてしまったら学校はどう対応すべきかにも触れている。
(築山栄太郎)
学校の模範例挙げ紹介
 冊子は62ページで「部活動の安全指導-先生方に心がけて頂きたいこと」と題した。ポイントは三点。まず、行き過ぎた指導を見直すことで事故を防ぐ。「子どもたちは指導者の少年期と考え方は違い、運動能力も両極端。それを無視して昔の練習をそのまま一斉に課す先生が少なくない」と警鐘を鳴らす。
 冊子では、脳振とうや急性硬膜下血腫などの頭部外傷、熱中症、野球肘など医療面のほか、しごきや体罰など、指導上で注意すべき点を図を用いて解説した。
 二つ目は、事故が起きた場合の救急対応。「校長がいないから救急車が呼べない、という意味不明な対応が原因で命が失われたり、障害が残ったりという事例も多い」と指摘。子どもの生命と健康の最優先を訴える。
 そして最後は家族への誠実な対応だ。名古屋市向陽高柔道部の死亡事故の経緯を例に挙げ、その重要性を詳しく記した。
   ☆
 1年生の倉田総嗣君=当時(15)=は2011年6月、他の部員に大外刈りで投げられ、後頭部を打撲。意識を失って倒れた。顧問はすぐ救急車を要請。総嗣君は急性硬膜下血腫と診断され、手術を受けたが38日後に亡くなった。
 校長は「学校で起きたことは全て学校の責任」として、事故当日に家族に謝罪。その後、全部員から事故の経緯を詳しく聞き取り、家族に伝えた。
 南部助教は「道義的責任」と「法的責任」の違いを強調する。「まず謝罪するのは人間として当然。謝罪してミスを認めると賠償などの責任が大きくなると勘違いする先生が多いが、隠蔽すれば家族の心労が増え、後で必ずこじれる」と話す。
 生徒が亡くなると名簿から削除し、保護者との関わりを絶つ学校もあるが、同校は名簿に総嗣君の名前を残し、母の久子さん(54)に卒業証書を手渡した。南部助教は「生徒の死はショックだが、きちんと向き合って乗り越えてこそ、命の掛け替えのなさを学ぶ。実践した向陽高はすごい」と評価する。
 南部助教は「遺族が必要以上に傷つくのを防いだ素晴らしい向陽高の対応を、名古屋市の教育関係者全員に紹介したい」と、当初は市教委の会報への寄稿を申し入れた。市教委スポーツ振興課の岩田浩幸指導主事は快く応じ、逆に運動部活動全般に役立つ資料を作成するよう南部助教に依頼。今回の冊子になった。
   ☆
 市教委は全市立中高、特別支援学校に冊子を配布。先月は、事故後毎年開いている武道の安全指導研修会で南部助教に講演してもらった。参加した部活動の顧問ら120人へのアンケートでは「子どもの気持ちより自分の思いを強制してしまっていた」「柔道経験者だが、過信せずに指導していきたい」など前向きな回答が目立った。
 久子さんは、東海地方の関係者でつくる学校事故事件遺族連絡会のメンバーと協力し、都道府県や政令市の教育委員会に冊子を送付。教員研修などに活用する自治体が増えているという。
 南部助教は「特に校長先生に読んでほしい」と強調する。向陽高のように校長や教頭ら管理職の危機管理意識が高ければ、顧問の教師も誠実な対応ができると考える。
 冊子の内容は、全国柔道事故被害者の会などのホームページから、誰でも無料で見ることができる。
なんぶ・さおり
 明治大大学院法学研究科で法学修士を取得。児童虐待を研究する中で医学を志し、横浜市立大大学院医学研究科博士課程に進み、医学博士に。2008年に柔道事故の被害者遺族と出会ったのを機に聞き取りや裁判の傍聴を重ね、法学、医学の両面からスポーツ障害・事故を研究している。

http://judojiko.net/apps/wp-content/uploads/2010/03/bukatsu_anzen.pdf
スポンサーサイト

LINE依存の子どもたち(1)フィルタリングを外したい!

 学校などで何かと話題になっているLINE。スマホ依存やいじめのきっかけになることも多く、全国webカウンセリング協会にも多数の相談が寄せられます。
 そこで、今月から4回にわたってLINEにまつわるさまざまな問題を取りあげていきます。1回目は子どものスマホ環境を大きく左右するフィルタリングについてです。
フィルタリングを使わない子どもたち
 最近では、バスや電車に乗っていると、小・中学生でもスマートフォンを持っている子どもを多数見かけます。その子たちはほぼ例外なくLINEをずっと使っているのです。LINEを使っている子どもたちに聞くと、フィルタリングを外していると答えた子どもたちが多いことに驚きました。
「なぜフィルタリングをかけていないの?」と聞くと、
「フィルタリングがかかっていたらLINEができない」
と言うのです。親御さんたちも、子どもたちが言うことをうのみにして、誤解している方が多いことにも驚きます。これは実際には正しくありません。
 フィルタリングには、いくつかの方式があるのですが、代表的なものとして、ホワイトリスト方式とブラックリスト方式という2種類があります。
 昨年、フィルタリングを利用しているとLINEができなくなる不具合がありましたが、現在ではすべての携帯電話会社が、ブラックリスト方式のフィルタリングサービスを利用していてもLINEが利用できるように改善してきています。
トラブル防止のポイント
 フィルタリングは、子どもを犯罪から守るためにあるのです。フィルタリングがどのようなものかを理解せずに、フィルタリングを外すことを簡単に許してしまうのは問題です。
 子どもは親に対していろいろな理由をつけてフィルタリングを外すように訴えてきます。そのほとんどがフィルタリングをしたままでも支障はありません。(下表)
 中には、「勉強や調べものができなくなるからフィルタリングを外して」などと言う子もいるようです。
フィルタリングを外したい子どもの”外して~”攻撃 対応策
☆着うた・着メロ、音楽がダウンロードできなくなるから外して・・・
 →フィルタリングをしていてもダウンロードはできます。利用できなくなるのは違法な音楽サイト、審査を通っていない音楽のサイトのみです。
☆クーポンがもらえなくなるから外して・・・
 →手に入らないのは未成年が利用してはいけないクーポンのみです。通常のクーポンは手に入ります。
☆ゲームができなくなるから外して・・・
 →審査を通ったゲームのサイトはすべて利用できます。
疑わしい情報、有害な情報から守る
 ネット上にある情報には信憑性がないものが多数あります。子どもたちが通う学校と比べると、学校ではどんな人でも教員になれるわけではありません。教員免許を持って教員採用試験を通り、認められた人しか教員にはなれないのです。使用する教科書もすべて審査があります。
 ところが、インターネット上では犯罪者であってもだれであろうが書き込みができ、疑わしい情報が氾濫しています。これがインターネットの世界です。フィルタリングを設定することによって、信憑性がないものや有害なものをブロックしていくことは、子どもを守る上で大切なことです。
信じていても嫌われてもフィルタリング
 子どもたちの言葉をうのみにして、フィルタリングを外すような無責任な親になってはいけません。
 フィルタリングを外した親御さんに、「なんでフィルタリングを外したのですか?」と聞くと、「私は子どもを信じていますから」とか「うちの子は大丈夫!」などという返事をよく聞きます。
 「子どもから理解がある親だと思われたい」「子どもから嫌われたくない」と思っている親ほどフィルタリングを外してしまいます。
 親であれば、子どもから嫌われても子どもを守ることが大切です。命は一つしかありません。何かあってから後悔しても遅いのです。
きほんのネット用語
LINE(ライン)
 スマホ、パソコンに対応しているコミュニケーションアプリ。お互いにこの機能を入れておけば、音声通話やリアルタイムでの短いメッセージのやりとりなどが無料でできる。電話番号を登録すれば使用できる。
フィルタリング
 インターネット上の有害サイトなどを一定の基準で評価判別し、情報の配信の許可、または有害情報の遮断をする機能。ネット事業者、携帯電話会社などがプログラムを運用している。
ホワイトリスト方式
 未成年にとって安全で役立つサイトの一覧をつくり、それ以外のサイトには接続できないようにする方式。携帯電話事業者が認めた公式サイトの一部しか見られなくなる。
ブラックリスト方式
 未成年者に対し、有害と判断したウェブサイトを見せないようにする方式。web上にある各サイトを内容ごとに分類し、閲覧制限が必要とされたグループへの接続は自動的に遮断される方式。
全国webカウンセリング協議会 理事長 安川雅史
 ネットいじめ・いじめ・不登校・ひきこもり・少年犯罪問題に本格的に取り組み、全国各地より依頼を受け、講演会や研修会を行う。(過去8年間実績 全国2,000会場以上)第一学院高等学校 統括カウンセラーを務める。著書に『「学校裏サイト」からわが子を守る!~ケータイ・ネット社会の落とし穴』(中経出版)『家族とともに癒す不登校・ひきこもり』(文芸社)などがある。

”ダメな子”はあなたの心が生む?

 「心療内科医 Dr. 純子のぴりっと生きよう 第1回」の引用♪
 はじめまして、私は心療内科の医師をしています。心療内科という名前はみなさんご存じだと思いますが、それでは精神科とどのように異なるかおわかりでしょうか?精神科がこころを主体にした症状の方の治療をするにに対し、心療内科では、体の症状が主体となっているけれど、その背景にこころが大きく影響している疾患をかかえた方の治療を行います。診察していて気づくのは、受診する方の症状に子ども時代の親子関係や親子関係やコミュニケーションスタイル、親の価値観などがかかわりをもっていることです。
 そこで、これから6回にわたり、親子のいい関係を築くヒントについて心療内科の視点でお話ししていきたいと思います。
   ◆
 さて、それでは第1回は「レッテル張り」をとりあげてみましょいう。私たちは買い物に行くと商品のラベルやレッテルを見て選びますね。たとえば、紙パックにしょう油とレッテルが張られていればしょう油だと思い、ミルクと表示があるレッテルを見てミルクだ、と認識します。当然ですね。でももし、だれかがまちがえて、あるいはいたずらしてミルクとしょう油のレッテルを逆に張っていたらどうでしょう。家の冷蔵庫で子どもがいたずらで逆に張っていたら大騒動ですね。ミルクとしょう油ならまちがえて飲んでしまうことはないでしょうが、それでも私たちがどんなにレッテルを重要視しているかおわかりだと思います。それが問題なのです。人に対してレッテル張りをしてしまうと心理的影響はとても大きいのです。
私たちはレッテルを見てものごとを認識します。
 あるとき、20代前半の女性が受診したことがあります。仕事に行けない、だるい、職場に行こうとすると頭も痛くなるし、いつも体調が悪いという訴えでした。お話を聞くと、「自分はあまりがんばって仕事をしてはいけないたちなんです」とおっしゃいます。どうしてですか、と理由をたずねると、「私は体が弱いんです」という答えです。しかし、その方はとくに大きな病気をしたことがなく、身体的な問題は皆無です。「体が弱い」と自分で思っている根拠は何か、不思議に思って聞いてみました。するとその方は「母がいつもそう言っていました」というのです。その方のお母様は、つねづね「おまえは体がもともと弱いから無理しちゃダメよ」と言っていたそうで、その言葉を聞いていた女性は「自分は弱い」と思いこんでしまっていたのでした。
何げないレッテルが可能性を見えなくしている?
「体が弱い」と張られてしまっていたレッテルを少しずつはがすようなコミュニケーションをとりながら治療を行い、現在は子育てをして仕事も続けるたくましい女性に変身しました。
   ◆
 「あなたは○○が苦手」、「この子は○○ができない子」という言葉、けっこう深い意味もなく使うことがよくあります。また「この子はのろい子」「この子は忘れ物をよくする子」というように、ご自分の心の中で子どもに対してレッテル張りをすると、そのレッテル以外の可能性をまったく見つけられなくなってしまいます。いやな人に「いやな人」というレッテルをはると、その相手がいやなことばかりするように見えて、ますます嫌いになるというメカニズムがあるのです。
 一度心の中を点検し、お子さんに対し、決めつけたり、思いこんだりしていることがないか点検することも大切です。
海原純子(うみはら じゅんこ)
 1976年東京慈恵科大学卒業。日本医科大学・特任教授。昭和女子大学客員教授。医学博士。心療内科医として心の問題について全国で講演活動も行っている。現在、読売新聞、毎日新聞などに連載をもつ。近著に『こころの格差社会』(角川書店)、『困難な時代の心のサプリ』(毎日新聞)などがある。

http://www.umihara.junko.com

小学校のいじめ過去最多 3年度、暴力行為も1万超

 2014年10月16日 17時01分のニュースに「小学校のいじめ過去最多 3年度、暴力行為も1万超」というのがあった。いじめが増えた理由に、「同省は「学校が積極的に掘り起こした結果」と分析」と書いてある。国は、自分の都合のいいように解釈するんだね!
 総合的な学習と学力の結果でも自分たちの都合の良いように解釈していたね!
 全国の国公私立の小学校が13年度に把握したいじめは、前年度比1421件増の11万8805件で過去最多を更新した。文科省の問題行動調査で16日分かった。同省は「学校が積極的に掘り起こした結果」と分析。小学校は暴力行為も増加し、初めて1万件を超えた。
 いじめは中学校で8386件減の5万5248件、高校も5235件減の1万1039件で、小中高全体では約1万2千件減の18万5860件。大津の中2自殺をきっかけに学校側が積極的な把握に努め、12年度は約19万8千件と前年度の2・8倍となった。以前は大幅増加の後は減少する傾向があったが、小学校では12年度に続き増加。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014101601001450.html

6・3・3制改革に疑問も

 2014年9月22日の朝刊に「6・3・3制改革に疑問も」という記事が載っていた。
「小中一貫校」制度化の提言
 政府の教育再生会議が7月に出した「第五次提言」では、いわゆる中1ギャップの解消などを目指して、小中一貫校を制度化する学制改革が盛り込まれている。制度を大幅に変える”改革”だが、教育現場や研究者からは疑問視する声も聞かれる。
発達段階が異なる/新たに「高1ギャップ」

 学校教育法が制定された1947年以来、小学校6年、中学校3年、高校3年の六・三・三制が定着している。提言では小中学校の9年間を「4・3・2」「5・4」など弾力的に設定。将来的には高校の3年間も含めて、「5・4・3」「5・3・4」「4・4・4」などの区切りも検討するとしている。
 提言では、特例的に実施されている小中一貫校の取り組みで、いじめや不登校が急増する中学1年での課題が緩和でき、学力向上の報告もされている、と効果をうたった。
 6・3・3制の研究を長年続ける芦屋大(兵庫県芦屋市)の三羽光彦教授(60)は、提言に「小学校と中学校では子どもの発達段階が異なる。それぞれに応じた教え方、学校行事があり、分けるべきだ。1つにすれば思春期の子どもの発達の遅滞を招く恐れもある。仮に中1ギャップが解消されたとしても今度は高1ギャップが起きるだろう」と警鐘を鳴らす。
 三羽教授はさらに問題点として、公立の小中一貫校が広まれば、私立の中高一貫校との間で中学校が異なる位置づけになると指摘。大学入試に有利な中高一貫校には、裕福な家庭や都市部の家庭の子が集まり、「経済や地域間の格差がますます開く制度になる」と言う。
   ☆
 愛知県豊橋市の飯村小学校。9月はじめの水曜日、子どもたちのはしゃぎ声がひときわにぎやかに校庭に響き渡った。この日は、月に一度の「なかよしタイム」。学年の垣根を越えて、6年と1年、5年と2年、4年と3年、と上級生と下級生がペアを組んで縦割りで遊びに興じる。指導する天野秀典教諭(40)は、にこやかに見て回り、「夏休み明けとは思えないほどいいねえ」と、子どもたちに負けない大声を掛けていた。
 「なかよしタイム」に向けて、上級生は下級生がどうすれば楽しめるか知恵を絞る。天野教諭によると、4年生から下級生の世話をする立場になり、少しずつ思いやりの気持ちが成長。6年生になると、1年生が楽しむことを優先して考えるようになる。この日の鬼ごっこでも、6年生と1年生が二人一組で手をつなぐルールをつくり、体格差を埋めるようにした。
 「授業でも部活でも、5年生のときはできなくて、6年生になるとできることが出てくる」と天野教諭。「そうして『さすが6年生』と言われると、ますます最高学年の自覚、責任感が出てくる」と話す。
 児童会執行部やクラス代表らの会議をスムーズに進行していた児童会長の堀内源君(6年)は「過去の6年生がしっかりできていたので」と振り返った。あいさつ運動などを担当する委員会で委員長を務める朝倉堅太君(同)は「5年生のときだったらここまで引っ張れないかな・・・」と話す。
 提言では、現行制度が導入された当初に比べ、子どもの身体的成長や性的成熟が約2年早期化しているとするが、天野教諭は現状を「6年生で男子の声変りが始まり、落ち着きが出てくる。男女の体格的なバランスが均衡してきて、ちょうどいい区切りだと思う」と捉えている。
   ☆
 中1ギャップに対しても、飯村小では6年生で複数科目で教科担任制を導入し、また豊橋市内の別の小学校でも部活動に中学生が参加する機会をつくるなど、小、中の垣根を低くするように対策を取っている。天野教諭は「小中学校が連携してできることを工夫している。学校の切れ目を変えるより、今のいい部分を受け継いでいけばいいのでは」と話す。
 三羽教授は「必ずしも6・3・3制という区分にはこだわらないが、中学校は学問と職業観、社会への意識をバランスよく育てないといけない。小学校と一緒にしてできるのだろうか」と話した。

オンラインゲーム依存の深刻化

 安川雅史氏の「オンラインゲーム依存の深刻化」という記事の引用!
 スマートフォンを持つ子どもたちが増え始め、いつでもオンラインゲームができる環境になりました。必然的にオンラインゲームに依存する子どもたちが増えています。
 オンラインゲームに依存している子どもの特徴として、家庭環境が複雑、夫婦関係が悪い、学校生活がうまくいかない、いじめを受けている、ストレスを抱えている・・・などが挙げられます。
オンラインゲームをやりすぎると・・・!
 オンラインゲーム依存症の子どもたちのほとんどが、毎日長時間にわたりオンラインゲームを続け、現実社会のいやなことや人間関係から逃げています。オンラインゲーム上での狭いコミュニティを常識ととらえ、一般常識に欠け、気がつかないうちに非常識な言動をしている子どももいます。
 「オンラインゲームをやりすぎないよう注意したら、子どもが逆上し、暴力を振るわれた」など、保護者の方からの相談も多数寄せられます。
 オンラインゲームは麻薬と同じように中毒性があります。ほかのことに対する関心がなくなり、親がスマホやゲーム機を取り上げると、人が変わったように暴れるなどの禁断症状に襲われます。また、ゲームの中には残虐なものも多く、続けている子どもの中には、人を傷つけることに罪悪感がわかない子もいるのです。
 1日中部屋にこもり、食事も家族と食べず、現実社会の人間とコミュニケーションも取らず、睡眠不足、昼夜逆転、ドライアイ、眼精疲労、視力低下など、生活・健康状態に悪影響が出てきます。韓国や中国では、10代、20代の人が寝食を忘れてゲームに熱中して死亡したケース、オンラインゲームで多額のお金を使い親にしかられ自殺したケースも報告されています。
・睡眠不足
・昼夜逆転
・ドライアイ
・眼精疲労
・視力低下
身体以外にも悪影響
 オンラインゲームに依存すると、健康状態だけでなく、コミュニケーション能力にも影響が表れます。具体的には、相手の立場が考えられない、相手の言葉を誤解する、すぐに感情的になる、考えていることを言葉で表現できない、人の輪の中に入れない、孤立するなどが挙げられます。現実社会での人間関係をつくるのがむずかしくなってしまうのです。
・相手の立場が考えられない
・相手の言葉を誤解する
・すぐ感情的になる
・考えていることを言葉で表現できない
・人の輪の中に入れない
・孤立する
ゲームにお金をつぎこむ子どもたち
 オンラインゲームの大半は無料で始めることができますが、課金することによって効率的にゲームを進めることができます。最初は100円程度の課金から始めることが多いようです。ところが、続けるうちに、「レアなアイテムが欲しい」、「アイテムを入手しないとみんなに追いつけない」などの理由で高額の課金を繰り返すようになってしまうのです。
 ゲーム上での通貨は、円ではなくゴールドやcoinという表示がされるため、現金を使っている感覚が薄れます。支払方法も、携帯電話料金との合算や、Webマネーを利用するために金銭感覚が麻痺してしまうのです。
オンラインゲームのとりこにならないために
 オンラインゲーム禁止などとすると逆効果で、子どもが暴言を吐き暴力を振るうケースが多くあります。
 まずは、最初にしっかりと家庭内でルールを決めましょう。感情的にならずに、きちんと子どもと向き合って話し合える時間をつくってください。
 どうしても解決しない場合は全国webカウンセリング協議会に相談してください。
【オンラインゲーム依存にさせない4つのポイント】
◆親子の会話を大切にする
◆子ども部屋に持ち込ませない
◆時間制限を設ける
◆パスワードは親が管理し勝手に課金させない
【子どもがオンラインゲーム依存症になってしまったら】
①良好な家庭環境をつくる
(笑いが絶えない明るい雰囲気)
②子どもと一緒にオンラインゲーム以外のゲームをする時間を毎日つくる
(将棋、トランプなど)
③食事中、入浴中、トイレの中、子ども部屋ではゲームをさせない
(時間制限を設ける)
④休日などは家族で外出し、オンラインゲームをやらない日を決める
⑤パスワードは親が管理し、勝手に課金させない
≪きほんのネット用語≫
・オンラインゲーム
 インターネットに接続した状態で遊ぶゲームのこと。パソコンやゲーム機、スマホ対応などのものがある。インターネット利用により多人数で遊ぶことが可能。レベルアップ、アイテム集め、コミュニケーションを楽しむなど、さまざまな楽しみ方が存在する。
安川雅史(全国webカウンセリング協議会 理事長)
 ネットいじめ・いじめ・不登校・ひきこもり・少年犯罪問題に本格的に取り組み、全国各地より依頼を受け、講演会や研修会を行う。(過去8年間実績:全国2,000会場以上)第一学院高等学校 統括カウンセラーを務める。著書に『「学校裏サイト」からわが子を守る!~ケータイ・ネット社会の落とし穴』(中経出版)『家族とともに癒す不登校・ひきこもり』(文芸社)などがある。

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。