記憶形成に役割 マウス実験 脳内タンパク質 名古屋大が特定

 2014年11月11日の朝刊より、引用

 脳の海馬にある「ガーディン」というタンパク質が記憶の形成に重要な役割を果たしていることを、名古屋大の山田清文教授(医療薬学)らの研究グループが、マウスを使った実験で発見した。成果は米科学誌電子版に掲載された。
 実験は普通のマウスと、「ガーディン」の性質が変わるよう遺伝子操作したマウスで物忘れの度合いを比較した。
 水を張った直径1.2mの透明なケースに、直径7cmの浅瀬を設置。毎日ここにマウスを入れると、室内の風景から浅瀬の場所を覚えて早くたどりつくようになる。
 当初はともに10m泳いだが、6日目になると、通常のマウスは2mでたどり着くように。遺伝子操作したマウスは3.5m泳ぎ回ってようやくたどりついた。
 箱の中に入れて電気ショックを繰り返す実験では、通常のマウスは2日目に入れたときに恐怖体験を思い出してしばらく固まっていたが、操作したマウスは間もなく動き回った。
 カギとなったのは、「ガーディン」がリンに結合して起きるリン酸化。記憶に残るような刺激を与えるとガーディンがリン酸化し、神経細胞内で信号の橋渡し役をしていることが分かった。遺伝子操作は、このタンパク質がリン酸化しないようにした。
 山田教授は「恐怖の記憶に影響が出ており、心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療などに活用できる可能性がある。記憶力を良くすることもできるようになるかもしれない」と話している。

スポンサーサイト

アルツハイマー病の「前兆」 捉える検査法を開発

 2014年11月11日の朝刊より、引用。
 認知症の症状が出る前に血液でアルツハイマー病の前兆を捉える検査法を開発したと、国立長寿医療研究センター(愛知県)と、ノーベル化学賞受賞者で島津製作所(京都市)の田中耕一シニアフェローらのチームが11日付の日本学士院発行の専門誌に発表した。
 アルツハイマー病は脳内にアミロイドベータというタンパク質が異常に蓄積するのが原因の一つと考えられている。蓄積しても発症しない人もいるため、チームは今後、今回の検査法でアミロイドベータの蓄積や認知機能の障害がどのように進んでいくかを検証し、有効性を確認するとしている。
 同センターの柳沢勝彦副所長は「アミロイドベータの蓄積はアルツハイマー病の始まり。治療薬開発や発症前に対処する医療の実現につなげたい」と話した。
 チームは65~85歳の男女62人の脳の状態を陽電子放射断層撮影装置(PET)で観察し、アミロイドベータの蓄積状況を確認。その後それぞれの血液を分析した。
 田中氏らが開発した質量分析装置を使い、従来は検出できなかったアミロイドベータに関連する微量のタンパク質を検出した。このタンパク質と、別のアミロイドベータ関連タンパク質との比率から、アミロイドベータが蓄積しているかどうかを高精度で判定することができたという。
 これまでアミロイドベータの蓄積を調べるには高額な費用がかかるPETや、脊髄に針を刺して採取した髄液を分析するしかなかった。田中氏は「分析に必要な血液は0.5cc程度。将来的には健康診断の選択項目にしていきたい」と話した。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014111001002100.html

持ち帰り残業 労災認定

 2014年11月7日の朝刊に、「持ち帰り残業 労災認定」という記事が出ていた。自分の周りには、時間外勤務が月百時間以上なんていう人はざらにいるよ!しかも残業手当なんて付いていないし・・・!持ち帰り仕事も入れたら、さらに無給の残業時間が増えるでしょうね!労基署は、所属長をしっかりと指導したほうがいいんじゃないですか???!!!
金沢労基署 自殺講師の作業推計
 金沢市で2011年に英会話学校講師の女性=当時(22)=が自殺したのは、自宅で長時間労働する「持ち帰り残業」が原因だったとして、金沢労働基準監督署が労災認定していたことが、女性の代理人弁護士への取材で分かった。
 労基署によると、持ち帰り残業は自宅での作業実態の把握が困難なため、認定されるのは珍しい。
 代理人弁護士によると、女性は大学を卒業した11年春、子ども向けの英会話学校を運営する「アミティー」(岡山市)に入社。3月に金沢校に配属され、6月初旬に金沢市内の自宅マンションから飛び降り自殺した。
 労基署は残っていたメールや関係者の話から、女性は業務命令で英単語を説明するイラストを描いた「単語カード」を二千枚以上自宅で作っており、持ち帰り残業があったとした。残業時間は労基署員が実際にカードを作成して時間を計測し、自宅で月に80時間程度の残業をしていたと結論付けた。
 この結果、会社での残業を合わせると恒常的に月百時間程度の時間外労働があり、さらに上司から怒られる心理的負担も加わり、うつ病を発症していたとして、労災を認定した。
 女性の父親が13年1月、労基署に申請し、ことし五月に認定された。アミティーは取材に「認定を受けたと聞いたが、内容を確認できていない。(女性の遺族に)お悔み申し上げ、業務を軽減する取り組みに努めたい」と話した。

同傾向の人に共感 自閉スペクトラム症

 2014年11月6日の朝刊より、引用。
脳が活発化 相互支援に可能性
 他人の気持ちを読み取るのが難しいなどコミュニケーションに問題が生じる「自閉スペクトラム症」の人は、同様の障害傾向を持つ人によく共感できることを京都大や福井大などのチームが解明し、5日付の英科学誌電子版に発表した。
 京大の米田英嗣特定准教授(認知心理学)は「自閉スペクトラム症の人は共感性に乏しいと考えられていたが、それを覆せた」と話す。同様の傾向のある人は、患者の支援に向いている可能性があるという。
 自閉スペクトラム症は、自閉症や、かつてアスペルガー症候群と呼ばれた症状を含む総称。
 チームは、「興味の範囲が著しく狭い」など自閉症スペクトラム症傾向のある人に関して記述した文章と、「日常会話の流れに乗ることが得意だ」などこうした傾向のない人についての記述を、自閉症スペクトラム症の15人にしめした。
 この際、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で脳の活動を調べると、自閉スペクトラム症傾向に関する文章を読んだ時は、共感に関わる脳の部位が特に活発に働いており、チームは「同様の傾向を示す人に理解を示し、共感しているとみられる」とした。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014110501001717.html

小学校いじめ最多 「問題行動、低年齢化」

 2014年10月17日 朝刊の「小学校いじめ最多 「問題行動、低年齢化」」の引用。文科省は、どうして「学校が積極的に把握しようとした結果」なんて自分たちが都合のよい分析をするのでしょう???総合的な学習でも、総合的な学習で調べ物学習をしている学校は学力が高いと分析していたし・・・↓
ijime002.jpg
 2013年度に全国の小学校で把握されたいじめは、前年度より1421件増え、過去最多の11万8805件だったことが十六日、文部科学省の公表した調査結果で分かった。文科省の担当者は、昨年施行のいじめ防止対策推進法を踏まえ「学校が積極的に把握しようとした結果」とする一方、小学校で暴力行為も増えたため「問題行動の低年齢化や生徒指導体制に不十分な面もある」と分析した。
 いじめは小中高校など全体で18万5860件。11年の大津市の中二男子自殺事件後に調査が行われ、過去最多だった前年度を約1万2000件下回った。中学校は8386件減の5万52348件、高校は5235件減の1万1039件。
 いじめの内容は、複数回答で「冷やかしやからかい、悪口や脅し文句、嫌なことを言われる」が最も多い11万9756件(64・4%)。「パソコンや携帯電話などで誹謗(ひぼう)中傷や嫌なことをされる」は過去最多の8787件(4・7%)だった。
 自殺した小中高生は、前年度比45人増の240人。うち高校生が173人を占めた。いじめが背景とされる自殺は中高生9人だった。
 不登校は小学生2万4175人、中学生9万5442人、高校生5万5657人。前年度より小中学生は増えたが、高校生は減った。暴力行為は小学校1万896件で、初めて一万件を超えた。小学校の増加傾向に関する文科省のアンケートに対し、各都道府県教育委員会からは「人間関係の構築や感情のコントロールをうまくできない児童が増えている」などの回答が挙がったという。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014101702000138.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR