上手な授業で英語好きに

 『共済フォーラム』2016年3月号(No. 693)の「リレー連載 先生と私」〈第8回〉より、「上手な授業で英語好きに」(池上 彰)mp引用。
 子どもにも大人にもよく分かるニュース解説でお茶の間の人気を博している池上さん。上手な授業で英語好きにしてくれた英語の先生たちに、感謝の気持ちでいっぱいですとおっしゃっています。
心に残る小学校の二人の先生
-小学校時代はどんなお子さんでしたか。
 とにかく本が大好きで、それこそ食事の時間も忘れて暗くなるまで夢中になって読んでいました。母親から「本ばかり読んでいないで!」とよく怒られました。小学校6年生のときに読んだ『続 地方記者』という本は、私の人生を決めた一冊となりましたね。
 私はベビーブームの一つ下の学年ですが、当時は児童も多くて新しく小学校を作っても生徒を収容しきれませんでした。私が通っていた東京都練馬区立光和小学校でも、午前中は低学年、午後は高学年が同じ教室で授業をする二部授業が行われていました。
 小学校のときに印象に残っている先生は二人います。一人は1年生から3年生までの担任だった三田先生です。ある授業で、三田先生はあの頃ベストセラーだった『にあんちゃん』という本をみんなに読んでくれたんですが、読んでいるうちに先生ご自身が泣き出しちゃって・・・。この本は、両親を亡くし、小さな炭鉱町で貧しくても懸命に生きようとする4人兄妹の話です。それを読んでいた先生が泣き出しちゃうのを見て、僕たちの方がびっくり仰天ですよね。非常に人間味豊かな先生だたなあと、子ども心に感じたのを覚えています。
 4年生からの担任だった中村章先生はガラッと変わって、「新しいことにどんどん挑戦しろ」という先生でした。お酒が大好きで、前日にたくさん飲んだのが分かるくらいの臭いをさせている先生でしたが、生徒たちには本当に真正面から向き合ってくれました。学校のルールなどには関係なく、「自分のやりたいことは何でもやればいい」と言ってくれたんです。
影響が大きい先生の一言
-中学校・高等学校ではどんな先生に出会いましたか。
 中学は練馬区立開進第三中学校でした。思い出深い先生は、2年生のときの体育の川嶋先生です。ちょうど1964年の東京オリンピックの年で、先生は保健体育の授業で「東京オリンピックの新聞記事をスクラップする」という課題を生徒に与えました。それぞれ興味や関心のあるものを自由にスクラップして、それについての感想を書くというものです。私は、当時冷戦時代でにらみ合っていた国の選手たちが交流しているという記事を切り抜いて貼り、それにコメントをつけたりしたものです。新聞をスクラップする習慣がついたのは、川嶋先生のおかげですね。
 英語の先生もユニークな授業をしていました。英語の歌のレコードを授業中にかけ、歌詞を説明してからみんなで一緒に英語で歌うという指導法を取り入れていたんです。とても楽しい授業で、英語がどんどん好きになっていきました。
 都立大泉高校でも英語の先生に恵まれ、教科書を超えた非常にレベルの高い授業を受けました。英語教育ではトップクラスの先生だと後になって分かるのですが、都立国際高等学校の校長を務められ、東京家政大学教授で教鞭をとられた荻野治雄先生です。
-授業が大きな影響を与えますね。
 そうです。でも素晴らしい先生との出会いがある一方で、その教科がすっかり嫌いになるような授業をする先生もいるわけです。
 高校1年生のとき、数学の先生に分からないところを教えてもらおうと休み時間に職員室を訪ねたら、「そんなものも分からないのか。自分でやれ」と冷たくあしらわれ、すっかり数学が嫌いになりました(笑)。
 これで中学以来のあこがれだった気象庁の予報官になる夢が挫折したんです(笑)。気象大学校の学科試験では数学と物理は必須ですからね。先生の影響は大きいですよ。
 私は高校3先生のときの政治経済の授業を「面白いなあ」と思い、経済学を学びたくなって経済学部進学を決めました。個々の人間の営みである経済が、社会、国家、世界といった集団になると一つの法則ができるとことrに、大きな興味を持ったのです。
-先生方へ応援メッセージを。
 自分の経験からしても、学校の先生の何気ない言葉や態度がその人の人生にもたいへん大きな影響を与えます。私も中学校の先生にいわれたスクラップ作業を今でもやっているわけですから。先生方には自分の何気ないひと言が子どもたちに大きな影響を与えるという自覚を持っていただきたいですね。
 それから、先生が一方的に知識を伝達する授業だけでは、これからの世界では太刀打ちできないですよね。自分の頭で考え、判断し、積極的に意見を発表していく子どもたちをぜひ育ててほしいと思います。
 日本の教育が厳しい状況なのは確かですが、現場の先生方のばんばりで高いレベルを維持できていることも事実です。教育は大変ですが、それ故にやりがいのある仕事だと思います。
*池上 彰
 1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、NHK入局。32年間、報道記者として数多くの事件や社会問題を取材する。1994年から「週刊こどもニュース」のお父さん役を11年間務めた。2005年からフリーのジャーナリストとして多方面で活躍。テレビや書籍での分かりやすいニュース解説が、子どもから大人まで幅広い人気を得ている。2012年から東京工業大学リベラルアーツセンター教授として現代史の「教養」を教えている。愛知学院大学特任教授。

スポンサーサイト

てんかん発作の原因 脳の遺伝子が変異

 2016年3月25日の朝刊より、「てんかん発作の原因 脳の遺伝子が変異」の引用。
視床下部の奇形 浜松医大など解明
 浜松医大(浜松市)の才津浩智教授と横浜市大などの共同研究グループは、脳の視床下部にできる過誤腫と呼ばれる先天性の奇形の原因を突き止めた。細胞が分裂して脳になる過程で遺伝子が突然変異して生じることを明らかにした。25日にアメリカ神経学会の電子雑誌で発表する。
 視床下部過誤腫は、難治性の笑い発作をはじめ、てんかん発作の原因となる。さらに患者の一部には、手足や口腔にも奇形がみられる。患者数は北欧で20万人に一人と推定され、国内は不明という。
 研究グループは、血液を含めた全ての細胞に変異があると過誤腫と全身の奇形が現れ、一方で、脳になる細胞に異変が起きると過誤腫だけが生じると考えた。
 そこで、患者の過誤腫から採取したDNAと、血液の白血球から抽出したDNAの二種類のDNAを解析。過誤腫だけにみられる遺伝子の異常を調べてた。
 その結果、16人のうち5人から、「GLI3」または「OFD1」という遺伝子の変異が見つかった。また「OFD1」の変異は、男性のみに認められた。
 才津教授は「原因が分かり、患者に説明がつくようになる。効果的な治療法の開発も期待される」と話している。

自閉症スペクトラム 映像で判断

 2016年3月24日の朝刊に「自閉症スペクトラム 映像で判断」という記事が出ていた。
福井大、浜松医大など 成人期診断に有効
 2分ほどの映像を見せることにより8割の確率で成人男性の自閉スペクトラム症(ASD)を診断できたとする研究成果を、福井大、浜松医科大などのチームがまとめた。幼児期に発見できず、成人になって社会に適応できなくなるケースもケースもあるため、客観的な判別方法として活用が期待できるという。英国の電子科学誌「モレキュラー・オーテキズム」に23日、掲載された。
 ASDは自閉症やアスペルガー障害などの統合した呼び方。人と視線が合わない、他者への共感が乏しいなどの特徴があり、日常生活に困難が生じる場合にASDと診断される。医師が本人や保護者に幼児期のエピソードなどの聞き取りをして診断するが、成人後はうつ病など誤診される人もいるため、客観的な基準の必要性が指摘されていた。
 研究では、ASDと診断された15~41歳の男性26人と健常な男性35人に、人の顔や人物、幾何学模様などの映像を見てもらい、視線の動きを測定。分析した結果、ASDの人を81%、健常児を80%の確率で判別できた。
 研究チームはASDは男性に多くみられる障害だとして、今回は男性のみを対象としたが、今後は男女千人に増やし、調査を2018年度まで続ける方針。福井大子どものこころの発達研究センターの小坂浩隆特命教授(42)は「研究がASDの早期発見に役立つ補助手段になれば」と話す。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016032301002027.html

ぶらんこ

 2016年3月23日の朝刊のコラム欄より、引用。
 ぶらんこは春の季語である。<ぶらんこで近づく雲へあと一歩>柴田裕大。これは、『大人も読みたい こども歳時記』で見つけた小学生の句だ
▼同じ情景を大人が詠むと、こうなる。<ぶらんこを漕(こ)いでは雲に乗りたがる>山下葭生。飛び出しそうな勢いで成長するわが子をはらはらしつつ、見守る。春のすてきな情景だ
▼その子も、お父さんやお母さんに背を押してもらいながら、雲を目指してぶらんこを漕いだことがあっただろうか。相模原市の少年は、小学生のころから「家に帰るのが怖い」と訴えていたそうだ
▼小学校は少年の顔にあざを見つけて親の虐待を疑い、市に連絡したという。中学生になった少年がコンビニに駆け込み、親から暴力をふるわれたと救いを求めたこともあったという
▼だが、「家から離れたい」という少年の声に、児童相談所はどれほど耳を傾けたのか。彼は中学一年の秋に自殺を図り、意識不明のまま年を重ね、先月わずか十四年の人生を終えた。遺書はなかったというが、「結局、だれも助けてくれなかった」という声がはっきりと聞こえてくるような出来事である
▼少年が生きていれば、もうすぐ中学三年。『先生と子どもたちの学校俳句歳時記』に、中三が詠んだ句がある。<ぶらんこにひとつさみしいせなかかな>東口陽子。そういう背中を、ただ突き放してしまう社会なのだろうか。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2016032302000141.html

部活顧問 強制しないで 中学教員ら負担軽減訴え

 2016年3月14日の朝刊より、「部活顧問 強制しないで 中学教員ら負担軽減訴え」の引用。
 部活動の顧問を務めるかどうかの選択権を求めて、公立中学教員らがネットで集めた署名を今月上旬、文部科学省に提出した。部活指導も含めた日本の教員の勤務時間は国際的に比較しても圧倒的に長く、負担軽減を訴えることが目的。一方、部活動の一部を外部委託している自治体に注目が集まっている。 (細川暁子)
 「部活がブラックすぎて倒れそう…教師に部活動の顧問をする・しないの選択権を下さい!」
 ネットでこう訴えて署名活動を展開したのは、三十代の公立中学教諭ら六人だ。教諭らはそれぞれが部活指導の大変さをネットで発信していて知り合い、昨年末に「部活問題対策プロジェクト」を立ち上げた。
 「部活指導が大変で授業準備に差し支えたり、土日の指導で家庭崩壊したり。そういう教師の話を聞くたびに、これではいけないと思った」。関東地方の中学でテニス部顧問を務める男性教諭は、プロジェクトのメンバーとして署名活動に参加した理由を説明する。
 男性教諭も独身のころは休日返上で部活指導に力を入れていた。だが、共働きで二人の子どもの父親となった今は家族との時間を優先させたいと思うように。以前は別の球技の顧問だったが、未経験の競技だったため指導は特に負担が重かったという。
 経済協力開発機構(OECD)の二〇一三年の調査では、日本の中学教員の勤務時間は加盟三十四カ国で最長。うち、部活など課外活動に充てる時間は週に約八時間と、参加国平均約二時間と比べて突出して長い。
 学習院大の長沼豊教授(教科外教育)によると、部活は生徒が自主的に取り組む教育課程外の活動なのに、ほとんどの教員は半ば強制的に部活顧問を担わされている。勤務時間後の部活指導は“無償奉仕”、休日は自治体によっても異なるが「四時間以上で三千円程度」の手当しかない。
 教員の負担軽減を求めて今月三日、メンバーの一人に長沼教授が付き添って文科省を訪れ、署名約二万三千五百人分を提出。顧問をする意思があるかを教員に毎年確認するよう文科省が教育委員会に指示することや、外部指導者登用の拡充などを求めた。
◆一部自治体で進む外部委託
 部活指導を学校外の人に委託する動きが進んでいる。東京都杉並区は一三年度から民間のスポーツクラブなどと契約。土・日・祝日と長期休暇には外部の専門コーチに中学の運動部の指導を任せられる制度を導入した。本年度は区内二十三校のうち十一校二十四部が利用。新年度は十六校に拡大される見込みで、平日にも適用可能になる。
 同区の井荻(いおぎ)中学校のバスケットボール部。毎週土曜日の午前九時から三時間は、バスケ歴約二十年の外部コーチ山内征帆(ゆきほ)さん(30)が指導している。
 顧問の松村健太教諭(30)は、「特に成績付けが忙しい時期はコーチの存在が心強い。生徒たちのレベルも上がるし、自分も励みになる」。
 トラブル防止のためコーチの指導には必ず保護者の代表が立ち会い、学外の試合への引率は松村教諭が行っている。区によると、全国の自治体から問い合わせや視察が相次いでいる。
 名古屋市は非常勤特別職の「外部顧問」が部活の単独指導や大会への引率もできる制度を〇四年に導入。当初は中学校に限定していたが、一四年度からは小学校にも適用可能になった。部活指導の経験がある人を学校長が推薦。教育委員会の審査を経て、一カ月十五~二十時間程度を委嘱している。本年度は小学校十三部、中学校九十六部で外部顧問が指導している。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201603/CK2016031402000157.html

児相強制調査、迅速に…手続き簡素化

 毎日新聞2016年3月15日 02時30分のニュースに「児相強制調査、迅速に…手続き簡素化」という記事が出ていた。
 児童虐待対策強化で、政府が今国会に提出する児童虐待防止法と児童福祉法の改正案の概要が分かった。虐待が疑われる家庭に児童相談所(児相)が強制立ち入り調査(臨検)する手続きを簡略化して迅速化を図るほか、児相に虐待に対応する若手職員や市町村の助言役となる教育指導担当職員の配置を義務づける。
 臨検は、保護者が任意の立ち入り調査を拒否し、出頭要求にも応じない場合、児相が裁判所に虐待を疑う根拠や保護者との交渉記録などを提出し、裁判所が認めた場合に実施する。児相が面会を拒否され安否が確認できないまま子どもが死亡する例が相次いだことから、2008年に制度化されたが、14年度までの7年間で実施は8件だけだった。「臨検の手続きや要件が多く煩雑」との指摘があったことから、出頭要求手続きを臨検の要件から外す。
 また、虐待通報から原則48時間以内に児相が実施する子どもの安全確認も改善を図る。児相は子どもの特定や現況把握のため乳幼児健診や通院の状況、保育所利用などを官民に照会するが、自治体以外からは個人情報保護を理由に回答を拒まれるケースもあったため、民間も情報を提供できることを明記する方針。
 児童福祉法改正案には、児相に保健師ら専門職に加え、若手職員の助言役となるベテランの教育指導担当職員の配置義務も明記する。また、虐待などで親と暮らせない子供が、安定的な環境で成人後も生活できるよう、養子縁組の支援も児相の業務と位置づける。【野倉恵】
<虐待相談189番 「つながる前に切った」75%>
<児童虐待急増の背景>
<虐待予防、小児科医の挑戦 まず親に寄り添う>

http://mainichi.jp/articles/20160315/k00/00m/010/108000c

部活顧問「ブラック過ぎ」 教員ら、改善求めネット署名

 2016年2月13日11時13分のニュース、より「部活顧問「ブラック過ぎ」 教員ら、改善求めネット署名」の引用。

若手教員ら6人が運営する「部活問題対策プロジェクト」のサイトに載った漫画=(C)眞蔵修平
 中学、高校の部活動を巡り、顧問を務める教員の多忙さ、休日返上の練習などの問題を改善しようと、若手教員らがネットで署名を集める活動を始めた。第一弾のテーマは「教員に部活顧問をするかどうかの選択権を」。既に1万8千人以上が署名した。一方、文部科学省も対策を進めつつある。
 署名を呼びかけたのは関東、中部、九州の30~36歳の公立中教員ら6人。ツイッターなどで部活の問題を発信していて知り合った。この問題を社会に訴えようと、昨年末に署名集めを開始。同一人物が何度も署名できないよう、署名する際には電子メールを登録する仕組みだ。
 署名の呼びかけ文では「部活がブラック過ぎて倒れそう。顧問をする、しないの選択権を下さい!」と訴えた。来月上旬までに、馳浩・文科相ら宛てに提出し、教育委員会に指導してほしいと求める予定だ。
 部活は国語などの教科と違い、正規のカリキュラムに位置づけられていない。あくまで生徒の自主的、自発的活動とされている。
 だが、2001年の文科省の調査によると、中学校では、教員全員が顧問になることを原則とする学校が66%を占めていた。「全員顧問制」と呼ぶ地域もある。06年の調査では、中学の教諭の9割以上が部活指導を担っていた。

http://www.asahi.com/articles/ASJ2D4V8VJ2DUTIL031.html

匿名ブログ「保育園落ちた」反響 国会前でも抗議

 2016年3月7日 19時38分のニュース。
 「保育園落ちた 日本死ね」。子どもが保育園に入れず、国に不満をぶつけるインターネットの匿名ブログが反響を呼んでいる。国会で取り上げられ、安倍晋三首相が「匿名なので本当かどうか」と答弁したことなどをきっかけに、国会前で「私だ」のプラカードを手に抗議活動も。7日、国会で再び所感を聞かれた安倍首相が、待機児童解消への努力を強調させられる展開となっている。
 「昨日見事に保育園落ちたわ。どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ」。ブログは2月中旬、ネット上に投稿された。子どもを保育園に入れるための「保活」が失敗し、離職の危機にあると境遇を説明。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016030701002162.html

「保育園落ちた日本死ね!!!」
 何なんだよ日本。
 一億総活躍社会じゃねーのかよ。
 昨日見事に保育園落ちたわ。
 どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。
 子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?
 何が少子化だよクソ。
 子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。
 不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。
 オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。
 エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。
 有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。
 どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。
 ふざけんな日本。
 保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。
 保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。
 国が子供産ませないでどうすんだよ。
 金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。
 不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。
 まじいい加減にしろ日本。
追記
https://twitter.com/hoikuenochita

http://anond.hatelabo.jp/20160215171759

189

 2016年3月7日の朝刊のコラム欄。
 少年が双眼鏡で近所を観察していたら「殺人事件」を目撃してしまう。警察に電話する。ところが、出たのは音声ガイダンス
▼「こちらは警察レスキュー電話です。罪名がお分かりの方は1のボタンを。リストから罪名を選びたい方は2を押してください」…。一刻も早く伝えたいのにこの調子。少年は電話を叩(たた)きつける。米テレビ漫画の「ザ・シンプソンズ」にそんな場面があった
▼漫画とはいえ、気持ちが分かる。音声ガイダンスを好む方はあまりいないだろう。パソコンが動かず、焦っているのにプッシュボタンの1を押せ、2を押せ、その他は…では、渋々対応されている気にもなる
▼児童虐待の通報や相談を二十四時間受け付ける全国共通ダイヤルの「189」。昨夏に導入されたが、音声ガイダンスの時間が長すぎて、途中で切ってしまうケースが続出した
▼厚労省は改善に取り組むというが、切りたくなるのは当然でもある。電化製品の修理依頼ではない。通報にせよ、相談にせよ虐待という口にするには勇気がいる深刻なテーマである。間延びしたガイダンスがその決意をぐらつかせてしまう
▼ある地域では81%の電話が途中で切れた。その電話が途切れなければ、防げた子どもの「痛み」や「叫び」もあろう。一日も早い改善を。「189」の番号は「いち早く」と覚えた。「いっぱい苦」ではなかったはずだ。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2016030702000154.html

明日を求めて・・・こどもたちへ「勉強の意味」

 朝刊の連載「明日を求めて・・・こどもたちへ(250)夜回り先生 水谷 修勉強の意味」の引用。
成果が努力に見合う
 子どもたち、私は小さいときから、多分君たちの多くが大嫌いな勉強が大好きでした。なぜだかわかりますか。それは、勉強ほど正直なものはないからです。また、平等なものはないからです。勉強は、まじめにし続ければ、必ず成績があがります。手を抜けば、必ず、誰でも成績は下がります。勉強はお金持ちだから、恵まれた環境に生まれたから、良い成績がとれるものではありません。
 私の子ども時代のように、どんなに貧しくても、きちんと努力して勉強すれば、それに見合う成果を得ることができます。ぼろぼろの洋服しか着ることができず、お風呂にも週に一日しか入れず、お弁当も遠足の日に持っていくことができないほど、貧しかった子ども時代の私にとって、まじめに勉強して、良い成績を取ることが、唯一の誇りでした。ですから、寝る間も惜しんで勉強しました。
 今、高校受験や大学受験に苦しむ、多くの子どもたちからの相談が続いています。その多くは、自分の行きたい学校に行くことができない。あるいは、これから受験だけれども、豪華鵜する自信がない。このような内容です。中には、もうこの学校に落ちたら、家から追い出される。あるいは、自分は死んだ方が良い、というような哀しい内容の相談まであります。
 相談をしてくる子どもたちの気持ちは、よくわかりますし、つらいだろうと理解もできます。でも、この受験に関する相談に、私は、いつも何か違和感を感じています。受験というのは、自分のそれまでの努力の成果が表れるものです。何の努力もせず、遊び回っていても、それで良い点数を取りたいというのはあまりに虫のいい話で、通るはずがありません。
 また、いじめのためにしろ、どんな理由ででも、不登校となってしまい、家で哀しみに押しつぶされ、まったく勉強することができず、行きたい高校や大学に合格する自信がないと悩むことも、つらい気持ちはわかるけれど、私はおかしいと考えています。いかに、不登校になったとしても、かつての私がそうでしたが、一人で勉強することはできたはずです。不登校になったことと、勉強をしなかったことは、まったく別のことです、
 子どもたち、私たちは子どもであっても、自分の人生に対して、責任をもたなくてはなりません。まずは、君たちがなぜ、私たち大人のように働いてお金を稼がなくていいかを考えてくださう。それは、私たち大人からの、君たちの未来へのプレゼントなのです。きちんと将来のために勉強して、幸せな明日をつくってほしいという思いなのです。それを、忘れないでください。

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR