発達障害 整わぬ支援態勢 苦慮する学校 親は不信感

 2017年1月27日の朝刊より、引用。
発達障害 整わぬ支援態勢
 名古屋市内の民家で昨年末、子どもに発達障害の可能性があることに悩んでいたとみられる母と子2人の遺体が見つかった。警察は無理心中とみて捜査しているが、事件は発達障害の可能性がある子を持つ親に衝撃を与えた。学校の受け入れ態勢が十分ではないため、「学校は相談に乗ってくれない」と思い込む親が少なくないためだ。
(寺本康弘)
苦慮する学校 親は不信感「相談に乗ってくれない」
 愛知県内に住む女性は四年前、小学校に入った長男が「発達障害の一つの学習障害(LD)なのでは」と感じた。宿題に出された国語の音読で「とけい」を「けいと」と読んだり、同じ行を繰り返したりしたからだ。インターネットのサイトではLDの特徴に当てはまった。
 二年生の時に担任の教諭に相談したら、「他にもそういう子はいます。様子を見ましょう」と取り合ってもらえなかった。専門機関で正式にLDと判明し、学校はようやく、テスト時間の延長などの支援をしてくれるようになった。女性は「学校はこういう所なんだ」と感じたという。
 障害児のデイサービスを開設しているNPO法人「じゃんぐるじむ」(愛知県日進市)理事長の竹内由美子さん(50)は「以前より学校の理解は進んできているが、対応に不満を持つ親はいる」と話す。個別支援を求めたら、「特別扱いはできないと言われた」などの相談が寄せられている。
 文部科学省の二〇一二年の調査によると、発達障害の可能性のある子どもは、小中学校の通常学級で6・5%いると推定される。四十人学級では三人弱になる。
 〇五年に発達障害者支援法が施行された前後から、各教育委員会は、コミュニケーションや学習に困難を抱える発達障害の子を支援するため、▽子どもをサポートする特別支援教育支援員を配置▽苦手分野を別学級で学ぶ通級指導-などの対応を取ってきた。
 しかし、発達障害の可能性がある子のうち、学校で何らかの支援を受けているのは55%のみで、39%は全く支援を受けていない。
 ある市教委担当者によると、授業中に立ち歩いたり教室を勝手に出て行ってしまったりする子への対応に手がかかり、教員は手いっぱいの状況だという。「親から個別指導を求められても、椅子に座っていられる子に十分に対応するのは難しい」と明かす。
真剣さ伝えるため 家族複数で学校へ
 子どもの発達が気になったとき、学校にはどう持ちかけたら良いのだろう。
 小学校教員で、育児雑誌編集者の岡崎勝さん(64)=愛知県日進市=は「親から相談を受けたら学校がきちんと対応することが大前提」とした上で、「親が気持ちを伝えるためには、1人で行くより夫婦や、可能であれば祖父母も一緒に行った方がいい」とアドバイスする。家族そろった方が、教員に真剣さが伝わりやすいからだ。
 具体的に求める支援を伝えるのも一つの手。箇条書きにしたり、文章にしたりして渡すと、教員も意向を理解しやすい。担任と相性が良くなければ、教頭ら管理職に相談してもよい。
 支援が始まった後は、子どもがどう変わってきたのかを学校側に報告するのを忘れずに。「こんなことを相談しては良くないのではと勝手に考えず、早めに相談しておくと、教師との風通しは良くなりやすい」と指摘する。
学校に相談する時のポイント
□真剣さと伝えるため、夫婦や祖父母など家族で行く
□してもらいたい支援は具体的に
□話が苦手なら困っていることをメモにして渡す
□要望をして終わりではなくその後の様子も聞く
□家庭でも子に変化があったら報告する
※岡崎勝さんの話を基に作成

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201701/CK2017012702000174.html
スポンサーサイト

引きこもりの高年齢化深刻 家族会が全国調査

 2017年1月23日の朝刊より、「引きこもり 高齢化」の引用。
自治体調査 40代の事案対応62%

 引きこもりの相談を受け付けている全国の自治体窓口のうち、家族会が百五十カ所を調べたところ、四十代のケースに対応した経験があるとの回答が62%に上ることが二十二日分かった。五十代も多く、高年齢化の深刻な状況が明らかになった。
 引きこもりが長期に及び四十代~五十代になると、親も高齢になり、介護が必要になったり経済的に困窮したりして、親子で「共倒れ」になるリスクがある。国が昨年公表した引きこもりの実態調査では四十代以上は対象外で、不登校や若者の就労など、主に青少年の問題と捉えられてきた。対策の見直しが迫られそうだ。
 調査は「KHJ全国ひきこもり家族会連合会」が昨年十一月~今年一月に実施。二〇一五年施行の生活困窮者自立支援法に基づく自治体の相談窓口(全国約千三百カ所)のうち、地域や人口規模などに応じて選んだ二百十五カ所に質問票を送付。百五十カ所から有効回答を得た。
 引きこもりへの対応経験があったのは百二十九カ所(86%)。本人の年齢(複数回答)は四十代が九十三カ所(62%)と最も多く、続いて三十代が七十八カ所(52%)、二十代が六十九カ所(46%)で、五十代も六十七カ所(45%)あった。
 四十代以上の場合、父母から相談を受けた窓口が46%と最多で、本人は28%。課題は「就職活動や仕事への定着」「人間関係やコミュニケーション」「経済的な困窮」が目立った。支援の連携先として挙がったのはハローワークや生活保護を担当する福祉事務所、介護施設などで、高年齢の引きこもり家庭特有の多様なニーズがうかがえる。
 一方、すべての年代を対象にした自由回答では、「過疎地のため居場所などの社会資源がない」「対象者に合わせた(問題解決の)ゴール設定が難しい」などの悩みもあった。
 家族会は主に「四十歳以上、期間十年以上」の引きこもりの人がいる六十一世帯の実態も調査。約半数は支援を受けたものの、中断したことがあった。
 調査チームの川北稔愛知教育大准教授(社会学)は「本人や家族の年齢が高くなると問題は複合化する。多様な支援メニューを充実させるとともに、息の長い取り組みが必要だ」と話している。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201701/CK2017012302000111.html

そううつ病の新リスク特定 脂肪酸代謝に関わる遺伝子

 2017年1月25日の朝刊より、「そううつ病の新リスク特定 脂肪酸代謝に関わる遺伝子」の引用。
躁うつ予防に食事制限? 藤田保健大 遺伝子特定
 うつ状態とそう状態を繰り返す「躁うつ病」の発症に関係する遺伝子を、藤田保健衛生大(愛知県豊明市)の岩田仲生教授と池田匡志准教授らのグループが、日本人6万5千人分のゲノム(全遺伝情報)解析で突きとめた。脂質代謝異常とも関係する遺伝子で、食事制限が躁うつ病の新治療法になる可能性もある。
(室木泰彦)
脂質代謝異常と関係
 グループによると、躁うつ病の関係遺伝子の研究は欧米が先行し、既に20個程度が特定されている。これまでアジア人を対象にした大規模調査は例がなかったが、同大など国内32の大学、研究施設が協力し、実現した。
 新たに特定したのはコレステロールや中性脂肪の血中濃度の増減にかかわり、脂質代謝異常をもたらすこともあるFADS(ファッズ)遺伝子。躁うつ病患者2,964人分と、別の病気患者6万1,887人分の遺伝情報を分析した結果、FADS遺伝子を持つ人は、持たない人に比べ躁うつ病の発症率が1.18倍になった。この遺伝子が多い人ほど発症の可能性が高まる傾向もみられたという。
 躁うつ病は100人に1~2人が発症するとされる。治療は症状を抑える薬剤投与が中心だが、発症のメカニズムは不明で、根本的治療法は見つかっていない。これまで患者に脂質代謝異常を併発するケースが多いことは知られていたが、双方の関連が裏付けられた格好だ、
 岩田教授らは「脂質代謝異常が躁うつ病の原因になっている可能性があり、今後、臨床研究を進め確認したい。食事制限など脂質代謝異常のための治療が躁うつ病予防になれば画期的だ」と話す。
 成果は、「24日付国際医学誌「モレキュラー・サイキアトリー」に掲載された。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017012401001836.html

教員70%超が週60時間労働 勤務管理ルーズ、連合総研

 2017年1月25日のニュースより、「教員70%超が週60時間労働 勤務管理ルーズ、連合総研」の引用。教職って、ブラック企業だよね・・・これじゃあ、優秀な人材は集まらないよね・・・勤務条件を改善すべきだよね!!!

 1週間当たりの労働が60時間以上の教員の割合は、公立小学校で72・9%、公立中学校で86・9%に上り、建設業などほかの職種に比べて高い傾向にあることが25日、連合のシンクタンク「連合総研」の調査で分かった。小中学校ともに、所定労働時間数を「知らない」が半数を超え、勤務時間の管理も「行っていない」「分からない」が半数近くを占めた。
 連合総研は「管理がルーズで、長時間労働につながっている。労働時間を把握し、夏季休業などでまとめて休む制度が必要だ」と提言した。
 調査は2015年12月、全国の公立小中学校の教員に対し、日教組の支部を通じて調査票を配布して実施。
(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017012501001792.html

 さらに、同じく2017年1月25日のニュースより、「政府、一定期間で総残業規制へ 「月80時間」未満目指す」の引用。
 政府の働き方改革実現会議が、残業時間の上限規制に関し、単月だけでなく半年から1年など一定期間の幅を持たせ、その間の総残業時間に上限を設ける方針であることが25日、関係者への取材で分かった。1カ月当たりの上限は過労死ラインの月80時間未満を目指し、議論を進める見通し。
 2月1日の会議から残業の上限規制に関する議論を本格化させる。政府は3月中に働き方改革の実行計画をまとめ、それを基に労働基準法の改正案を国会に提出する。
 首相は「罰則付きの時間外労働(残業)の限度を定める法改正に向けて、作業を加速する」としており、実効性のある対策を打ち出せるかが焦点となる。
(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017012501001713.html

発達障害、進学先と連携を 総務省が文科、厚労両省に勧告

 2017年1月20日 10時09分のニュースより、「発達障害、進学先と連携を 総務省が文科、厚労両省に勧告」の引用。
 総務省行政評価局は20日、自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害を抱える児童・生徒に対する個人別の支援計画を、進学時に引き継ぐ仕組みが不十分だとして、文部科学省と厚生労働省に改善を勧告した。
 全国の計42施設を抽出した調査で、中学は卒業生の15%、高校は6%しか進学先へ計画を引き継いでいなかった。小学校は79%、保育所は35%、幼稚園は47%だった。
 計画の作成対象が施設ごとに異なる実態も判明。文科省の通知などは「必要に応じて」計画をつくるよう学校側に求めているが、医師の診断書を必要としたり、特別支援学級の児童に絞ったりというケースもあった。
(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017012001001039.html

ブラック企業 もっと自分を守ろうよ

 2017年1月14日の朝刊の社説欄より、「ブラック企業 もっと自分を守ろうよ」の引用。
 表面化していない「ブラック企業」って、もっとあるんじゃないの???例えば、学校なんてブッラック企業だよ。
 電通の新入社員が過労自殺するなどブラック企業が社会問題となる中、超党派議員連盟が労働法制を義務教育から教えることを国に義務付ける法案骨子をまとめた。一刻も早い実施が求められる。
 「労働者を搾取して、労働コストを引き下げて、価格競争に勝つ。そんなことを許していたらまじめに頑張る企業が競争に負ける。絶対に許してはいけない」
 「ワークルール教育推進法案」骨子を取りまとめた議連役員の一人は指摘する。これに反論できる人はいまい。国会に提出し、年内の施行を目指す。
 違法な長時間労働、残業代未払い、パワハラ、セクハラ-。日本の労働市場には多くの問題がまん延している。違法な残業をさせたとして電通、三菱電機が書類送検されたが、氷山の一角だろう。
 連合のシンクタンクが昨秋、実施した調査によると、民間企業に勤める二十~六十代に自分の勤務先がブラック企業と思うかとの質問に、二割超が「そう思う」「どちらかというと、そう思う」と答えた。驚くべき多さである。
 違法な働かせ方は、学生アルバイトにも広がる。厚生労働省が一昨年に大学生を対象にした調査によると、六割が労働条件でトラブルになった経験があった。
 法案は、違法な働かせ方から身を守るため、子どものころから労働時間を規制する労働基準法や時間当たりの賃金の最低額を定めた最低賃金法、労使間のトラブル解決策など労働法制に関する知識を身に付けることを目的とする。そのために、小中学校や高校の教育を所管する都道府県や市町村には、この方針に基づき教育計画を定めるよう求める。
 労働ルールの基本的な知識がないまま労働市場に出ることが、ブラックな働き方を容認する一因になっている。それが是正されることは、極めて意義が大きい。働く人を守るため、法成立、施行は待ったなしだ。
 と同時に、身に付けた知識を生かすためのシステム作りが必要だ。電話やメールで労働相談を受け付けているNPO法人「POSSE(ポッセ)」には、年間三千件も寄せられている。労働基準監督署の機能強化や、自治体に相談窓口を設けるなどの公的な対策の充実が必要ではないか。
 政府は三月に長時間労働の抑制策などを盛り込んだ「働き方改革」実行計画をまとめる。国や企業を挙げて、今年を「働き方改革元年」にしてほしい。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017011402000172.html

少年鑑別所へ 非行相談急増

 2017年1月5日の朝刊に「少年鑑別所へ 非行相談急増」という記事が出ていた。
15年「本業化」知見に強み

 非行防止のために少年鑑別所が保護者や学校関係者から相談を受ける「地域援助」の件数が2015年は4631件上り、14年の約2.5倍になったことが4日、法務省への取材で分かった。新たな法律の施行で鑑別所の本来業務となったのが要因。法務省は少年事件に関わる職員の経験を生かすため、さらに周知を進めたい考えだ。
 少年鑑別所は本来、少年審判手続きの中で家庭裁判所の求めに応じ、心理学や教育学などの知識に基づいて非行に至った背景を分析し、改善のための指針を示す役割を担っている。
 従来も「本業に支障のない範囲」で保護者らの相談を受けていたが、15年6月の少年鑑別所法施行で本来業務に位置付けられた。法務省によると、10年に1103件だった相談は年々増加し、14年は1907件。15年は4631件に急増した。
 東京都練馬区の東京少年鑑別所は新法の施行に合わせて「地域非行防止調整官」のポストを新設。相談しやすい環境を整備した。
 「高校生の息子が同級生の物を盗んでいる」と母親が相談に訪れたケースでは、半年間のやりとりで、自己表現が苦手なため学校で孤立し、家庭でも気持ちをうまく伝えられないことが判明。鑑別所の助言で親子のコミュニケーションが回復すると、クラスにも溶け込んで盗みをしなくなったという。
 東京少年鑑別所の担当者は「こうした成功例だけではないが、問題がどこにあり、どう改善していけばいいのかを分析するノウハウがあるのは鑑別所の強み。スキルを磨いて、支援が必要な人を助けたい」と話した。
少年鑑別所
 少年審判が開始するまでの間、家庭裁判所の観護措置決定に基づいて少年を収容する法務省所管の施設。少年の健全育成や、地域社会の非行・犯罪防止活動を支援するのが主な業務。面接や心理検査のほか、家庭環境や交友関係の調査も実施し、結果を家裁に通知する。分所を含め全国52カ所に設置されている。収容期間は通常4週間だが、最長8週間まで延長できる。

新年に話したい“伝統文化の話”

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 2014/1/1の明治図書のメールより、「新年に話したい“伝統文化の話”」の引用。
1 新年にこそ話したい
 日本には多くのすばらしい伝統文化があります。昔から伝わる行事、豊かな食や外国にまで広がる文化等々。それらをもっと子どもたちに語るべきであると考えます。
 新年はそのチャンスです。子どもたち自身が正月の間に経験することはもちろん、テレビ番組でも関連情報が流れます。日本の伝統文化を学校で、そして家庭で伝えてみましょう。子どもたちは「日本のよさ」を実感すると思います。
 今回は正月の伝統文化とおせち料理について、子どもたちへの小話として紹介します。
2 小話1「幸せを願う正月の伝統文化」
 1月1日。新しい年が始まり、正月になります。
 ところで、よく聞くこの正月。いったい何日まででしょう。
 もともと正月は昔の暦の1月の別名です。ただ、今は「三が日」や「松の内」を指すことが多いです。それぞれ言葉の通り、三が日は1月1日から3日まで、松の内は玄関に松飾をつけておく期間です。松の内はもともと1月15日までだったのですが、今は1月7日ごろまでという地域が多いようです。
 正月には多くの伝統文化があります。初日の出、初詣というようにいくつか思い浮かぶことでしょう。今日はその中から、「初夢」「七草がゆ」「鏡びらき」を紹介しましょう。
 初夢は、1月1日~2日、または2日~3日にかけて見る夢のことです。七福神が乗った宝船を枕の下に入れて眠るとよい夢が見られるとされています。ことわざで、「一富士、二鷹、三茄子」というものがあります。これらは初夢で見ると縁起がいいとされているものです。
 七草がゆとは、せりやなずななどの春の七草を入れたおかゆのことです。1月7日の朝に食べると、一年中病気にならないと言われています。また、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜を補うという意味もあります。
 鏡びらきは、正月にそなえた鏡もちをたたいてわり、お雑煮やしるこにしていただくものです。1月11日に行われる地方が多いです。どうして、「鏡もちをわる」のに「鏡びらき」と言うのでしょうか。これは「わる」という言葉は縁起が悪いので、「運をひらく」にかけて「鏡びらき」となったのです。
 これら三つの伝統文化に共通するのは、「縁起がいいこと」や「健康であること」を願っているという点です。人々が幸せになることを願って、伝統文化も続いているのです。
3 小話2「おせち料理には意味がある」
 正月になったら「おせち料理」を食べる人も多いと思います。
 もともとおせち料理は、季節の変わり目に神様にお供えした料理でした。ですから漢字では「御節料理」と書きます。今ではお正月料理だけをさします。日本では江戸時代になってから広まりました。もう何百年も日本人はお正月におせち料理を食べ続けているわけです。
 さて、おせち料理にはどのようなものがあるでしょうか。考えてみると実に多くの種類があることがわかります。それらにはそれぞれ意味があります。
 まずは「数の子」。たくさんの卵がついています。これは「子孫繁栄」といって、子どもや孫がたくさん生まれ、絶えることなく続いていくことを願ったものです。
 「えび」。えびは曲がっています。人も腰が曲がるくらい長生きするようにという意味があります。
 「昆布巻き」。これは語呂合わせになっています。「よろこぶ」につながります。
 「かまぼこ」。何色でできていますか。紅白ですね。その色合いから縁起のいいものとされています。
 「黒豆」も入っていますね。この黒色には魔よけの力があるとされていました。また、「まめ」に働き、「まめ」にくらせることを意味していました。一生懸命に働き、健康にくらせるということです。
 他にも栗きんとん、田作り、伊達巻、鯛など、それぞれ意味があります。
 ところで、おせち料理は大みそかまでに作られます。これは、正月に火を使わないようにするためです。また、料理を作る女の人たちを休ませるという意味もあります。おせち料理は、火を通していたり、酢につけたり、味を濃くしたりというように、ずっと保存のきくものが多いのも、そのためです。何日間も食べるにはちゃんと意味があるのですよ。
佐藤 正寿(さとう まさとし)
 1962年、秋田県生まれ。秋田大学を卒業後、1年間民間会社勤務。1985年から岩手県公立小学校に勤務。現在、岩手県奥州市立常盤小学校副校長。「地域と日本のよさを伝える授業」をメインテーマに、社会科を中心に教材開発・授業づくりに取り組んでいる。主な著書に『スペシャリスト直伝!社会科授業成功の極意』(明治図書) 、『プロ教師直伝「教師力」パワーアップ講座 0からプロになる秘訣23箇条』』(明治図書)等がある。

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR