FC2ブログ

『発達の気になる子の ビジョントレーニング』北出勝也(ナツメ社)1,600円+税

 視覚認知に困難を持っている子が増えているように思う。例えば「鏡文字」を書くj子、「音読ができない子」、「例文を正しく書き写せない子」・・・まだまだあるが、普通の指導者は「しっかり見なさい!」と言うしかしないだろう・・・でも、子どもたちにっては、それが見えていないんです・・・。
 「近視」の子どもにメガネなしで、「見えないはずはないでしょう!しっかり見なさい!!」なんて指導をしますか???
 視力はあるのに、見えていない子供の指導ができない指導者が多いのでは???
 「空間認知能力」を育てる「ビジョントレーニング」が必要なのでは???

学習・運動が楽しくなる
 読み書き、運動、手先の作業などが苦手な子どもたちの視覚機能を向上させるトレーニングを紹介。遊び感覚で楽しくできるものから、読み書き・学習をサポートするものまで幅広く掲載。
コピーして使える「別冊アークシート」つき
・読み書き・運動・手先を使うことに
 苦手を感じている子に
・「視覚機能=見る力」が伸びると
 学習や学校生活に自信がつく!
・学校・家庭でできるトレーニングが満載!
 すぐに使わる別冊ワークシート付き

 視覚機能の弱さをもった人は以前よりも、増えているように思います。昔より屋外で体を動かしたり、積み木や砂場でものをつくったりすr遊びが減り、屋内で小さいゲーム機を使って遊ぶ機会が増えたことが原因の一つだと思います。眼と体を大きく動かしたり、ものを見てふれたりする体験が少ないと、視覚機能が発達しにくいのです。
 視覚機能が発達する前に小学校に入った子どもたちは字が読みにくい、書きづらいという理由で学習に対する自信をなくし、勉強が嫌いになってしまうことがあります。しかし、こういった視覚機能の未熟さは、トレーニングで改善できます。またその結果、不登校だった子どもが学校に元気に通えるようになったり、友だちと仲よく遊べるようになったりする場合もあります。視覚機能が改善すれば、こういった福次効果も期待できるのです。

読み書きや運動などの苦手を感じているお子さんに ビジョントレーニングで育つ7つの力
 ビジョントレーニングは、視覚機能(見る力)を高めるためのトレーニングです。トレーニングを続けて、視覚機能がアップすると、次のような7つの力が身につきます。
①書(描)く力
・文字や図形を正しく、形を整えて書(描)ける
・マス目や行からはみ出さずにかける
・短い時間で板書を写すことができる
・筆算のとき、数字の位をそれえて書ける
②読む力
・文章を正しく、スムーズに読める
・読み飛ばしや読み違いをせずに音読できる
・文章の意味を正確に把握できる
・算数の文章問題を理科して、正しく解ける
③作る力(手先の器用さ)
・直線や曲線の上をはさみで切ることができる
・定規を使って正しく長さを測ったり、きれいに線を引いたりできる
・紙を折ったり、ひもを結んだり、手先を使った作業が苦手でなくなる
④運動する力
・飛んでくるボールを上手にキャッチできる
・ボールをラケットやバットで打つことができる
・ジャングルジムやうんていなどの遊具を怖がらなくなる
・先生のお手本通りにダンスや体操ができる
⑤集中力・注意力
・授業の間、勉強や作業に集中できる
・長い時間、読書を続けられる
・整理整頓ができる
・ものにつまずいたり、ぶつかったりすることが減る
⑥記憶力
・数学や漢字を正しく覚えられる
・覚えた文字をすぐに思い出せる
・方向感覚が身につき、目的地までの道順を覚えられるようになる
・探しものや忘れ物が減る
⑦イメージ力
・文字や図形の形を正しく把握できる
・見本となるパズルの形を見て、同じようにつくることができる
・上下左右を正しく認識できる
・ものとの距離感を理解して、スムーズにつかんだり、よけたりできる

読むこと・書くこと・運動が苦手 「見えにくさ」が原因かも
 視力がよくても、ものが見えにくいことが原因で、読み書きや運動、生活面に困難が生じることがあります。子どもにこんな様子はみられませんか?
POINT
視力がよくても「見えにくい」ことがある
 「ものが見えにくい」というと、近視や遠視など視力の問題と考える人が多いでしょう。しかし、視力検査では問題がないのに、音読すると同じ行を何度も読んでしまう。板書を写すのに非常に時間がかかる、文字が二重に見えるといった悩みを抱える子どもがいます。
 実は見るためには、視力だけでなく、見たものに視線やピントを合わせたり、形や色を見分けたり、また、見たものを脳で処理して体を動かしたり、さまざまな能力が必要です。これらすべての「視覚機能」が正常に働いてはじめて、ものを正しく、はっきりとらえることができるのです。
 もし、視力はいいのに、下記のような様子が見られる子がいたら、それは「視覚機能」に何らかの問題があるのかもしれません。
POINT
気づかれない「見えにくさ」の問題
 見えにくさの問題のやっかいなのは、本人がも周りの大人も、それに気づきにくいところです。本人は、他人と見え方を比べることができませんし、小さいころからその状態で生活しているので、見え方がおかしいと自覚するのは難しいでしょう。
 周りの大人も、読み書きや運動に問題があっても「勉強の苦手な子」「不器用な子」ととらえ、「できないのは、努力が足りないからだ」と誤解して間違った指導をすることが少なくありません。万が一、その子の見え方で気になる様子があったとしても、「この子は視力が悪いのかな」と、視力の問題だと考える人がほとんどです。
 見えにくさを引き起こす視覚機能の問題は、まだ十分に知られていませんし、検査や診断ができる専門家も日本にごくわずかです。そのため、医師などの専門家でも問題に気づかないことも。しかし、だれかが子どもの異変に気づき、適切な訓練(ビジョントレーニング)をはじめられれば、効果は必ずあらわれます。何歳であっても手遅れということはないのです。
「こんな様子が見られたら「視覚機能」の問題かも!
・同じ行を何回も読んだり、読んでいる場所がわからなくなったりする
・文字が読めないほど汚かったり、マスからはじ出したりする
・頭を動かしながら本を読む
・板書を写すのに異常に時間がかかる
・手先が不器用で、おはしやはさみをうまく使えない
・集中して見ることが苦手で、話を聞くときに、たえず視線を動かす
・ものや人によくぶつかる
・投げられたボールがうまく受け取れない
   ↓
ビジョントレーニングが必要
 適切にトレーニングを行って、視覚機能がアップすれば、以上のような「見えにくさからくる」さまざまな悩みも次第に解決していく

子どもの見る力が育ちにくい理由
・子ども同士で遊ぶ時間の減少
 子どもの習い事の増加、また子どもだけでは外出できないような危険な場所が増えたことなどによって、子どもが友だち同士で遊ぶ機会が減っている。
・遊ぶ場所の減少
 空き地や草原、ボール遊びができる公園など、子どもが体を動かして遊ぶ場所が減っている。
・室内遊びの増加
 環境の変化によって、子どもの興味も変わり、屋外で体を動かして遊ぶよりも、室内でゲームをしたり、テレビやDVDを見たりして遊ぶ子どもが増えている。
   ↓
 眼と体を大きく動かす機会が少ない
   ↓
 見る力が十分に育たない可能性も
MEMO
子どもが感じている「見えにくさ」とは?
 見る力の弱い子どもたちが抱える「見えにくさ」は、一人一人違います。例えば、ものが二重に見えたりぼやけて見えたり、見たいものにすばやく視線が合わせられないこともあります。また、形を覚えるのが苦手なケースや、距離感がとらえられない場合もあるでしょう。さらに、見た文字を読んだり、見たものをつかんだりするのが苦手など、眼で見て得た情報に合わせて体を動かすのが不得手な場合もあります。こういった症状があるため、上記のような支障があらわれるのです。
 「見えにくさ」を抱えた状態を放っておくと、努力しても結果が出ないため、「どうせ。自分は勉強ができないんだ」「運動は苦手だ」と思い、意欲を失ってしまいます。そして、ますます発達が遅れるという悪循環に陥ってしまいます。そうならないために、なるべく早く、見る力を育てる訓練(ビジョントレーニング)を始めるべきでしょう。これが子どものやる気や自信を育てることにもつながります。

*北出勝也
 視機能トレーニングセンター Joy Vison 代表、米国オプトメトリスト、一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 理事

スポンサーサイト

『The Stop & Think SOCIAL SKILLS PROGRAM』

stop and think
Author: Howard M. Knoff
Grades: PreK-8
Project ACHIEVE products include:
 The Stop & Think Social Skills Program for both school and home (parents)
 Additional Stop & Think preschool through kindergarten (and home) materials (a music CD, Stop & Think Skill Posters) published through the Core Knowledge Foundation
 Project ACHIEVE Electronic Books
 Project ACHIEVE Publications in published books and journals
 FREE Project ACHIEVE Technical Assistance Papers and PowerPoints

http://www.projectachieve.info/stop-think/stop-and-think.html
http://www.voyagersopris.com/curriculum/subject/school-climate/stop-think-social-skills-program/overview
http://store.voyagersopris.com/stop-think-social-skills-program/
https://www.amazon.com/Stop-Think-Social-Skills-Program/dp/157035488X

<要注意!!クラッシャー上司>命の危険編(下) 心に壁作らぬ「EQ」


 2017年7月3日の朝刊より、「<要注意!!クラッシャー上司>命の危険編(下) 心に壁作らぬ「EQ」」の引用。

 部下の仕事を苦役にするだけでなく、「クラッシャー上司」は人の命をも危険にさらす可能性があることを六月十九日の(上)と二十六日の(中)でみてきた。あらゆる企業・組織の健全な運営のためには、部下の力を引き出す人こそをリーダーに据える必要がある。そのキーワードとなるのが「EQ」だ。
 引き続き日本航空元機長で航空評論家の小林宏之さん(70)に教えを乞う。愛知県新城市の出身で、四十二年間に一万八千五百時間を飛んだ航空安全のプロだ。
 まずは、これまでの二回をおさらいしよう。航空安全から発祥した「CRM」の概念は、今や医療など暮らしの安全を守るあらゆる業界に広がっている。CRMとは「クルー・リソース・マネジメント」の略。その業務の安全は、携わるすべての人の力(資源・リソース)を最大限引き出せるかどうかにかかっているという考え方だ。
 部下を威圧するクラッシャー上司相手では、部下が上司の誤りに気付いても正しにくい。その結果、クラッシャー上司に操縦かんを握らせれば飛行機事故、メスを執らせれば手術は失敗…。そんな可能性も高まりかねない。
 そこで、部下が何でも話しやすく、周囲から協力を得られる人物に求められる資質として、小林さんが指摘するのが「EQ」だ。
 知能指数が「インテリジェンス」の「I」を取って「IQ」と呼ばれるのに対し、EQの「E」は「エモーショナル(心的)」の略。EQは「情動指数」とも訳され、心の豊かさや人間性の高さを表す。IQの高い人は知識や技術の習得もうまい。しかし、EQが低いと周囲に壁を作ってコミュニケーションが取りにくい。
 小林さんは言う。「もちろん機長にとって操縦は重要な技術。ですが、部下の気付きを謙虚に受け止め、安全運航を遂行するにはEQの高さが求められます。技術的なスキル(技量)以上に、コミュニケーション能力などといった心に関わる『非技術的なスキル』が問われるのです」
 長年の謎が解けていく。なぜ仕事はできるのに、頭がいいのに、部下を罵倒するクラッシャー上司となってしまうのか。企業はこれまで、EQという側面はあまり重視せず、個人的な能力や実績を評価する傾向にあった。そのため、仕事ができればEQが低いままでも出世し、部下を持つことになってきたのだ。
 その結果、「周りの人が協力しにくく、結果的にチームとしての仕事の成果は芳しくないものとなってしまう」。小林さんもうなずく。
 では、EQの高い人とはどんな人なのか。小林さんは、(1)自分自身をコントロールすること(2)コミュニケーションを含め、他者との協調に気配りすること(3)置かれた状況を正確に認識すること-の三つを挙げる。逆に言えば、これらを欠くと「クラッシャー上司」になりやすいということだ。
 三回にわたった連載。最後に小林さんはこう結んだ。「私も長年、多くの人を見てきましたが、入社後に伸びる人はEQが高い。周囲の信頼を得て、どんどん伸びて行く。厳しい競争社会にあって、EQの高い社員や上司のいる企業と、クラッシャー上司が存在する企業の盛衰は、目に見えていると思います」
 (三浦耕喜)
 【募集】男女雇用機会均等を目指す時代、「クラッシャー上司」は男性とは限りません。秘書を罵倒する女性国会議員もおります。女性の上司にまつわる経験談を募集します。件名に「クラッシャー上司係へ」と記入し、メール=chousa@chunichi.co.jp=で。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201707/CK2017070302000127.html

<要注意!クラッシャー上司>命の危険編(中) 名医も「周囲の支え」不可欠

 2017年6月26日の朝刊より、「<要注意!クラッシャー上司>命の危険編(中) 名医も「周囲の支え」不可欠」の引用。

 機長が部下の異論に耳を貸さないと、航空機事故のリスクが高まる-。十九日の前回は、愛知県新城市出身の航空評論家で元日本航空機長の小林宏之さん(70)に、機長が「クラッシャー上司」だったら空の安全が大きく脅かされることを指摘してもらった。ただし、それは航空業界だけの話ではない。部下が上司の間違いを正せる環境づくりは、さまざまな業種でも健全な運営を図る経営哲学となっている。 (三浦耕喜)
 その哲学とは「CRM」とよばれる。「コックピット・リソース・マネジメント」の略称として、一九七〇年代の米国航空業界で研究が始まった。操縦室にある人的・機械的リソース(資源)を最大限引き出して運航の安全を確保する考えだ。その眼目こそが「上司である機長の間違いを部下が正せる環境をつくれるかどうか」だ。
 「以来、CRMは常に進化してきました」と小林さんは言う。「安全運航を担うのは操縦室の中だけではない。客室乗務員、整備士、運航管理者、管制官とのコミュニケーションが正しく行われているかも重要です」。CRMの「C」は、コックピットだけでなく、運航を支える全スタッフの「クルー」を指すようになったという。
 航空業界同様にCRMが重要視され、小林さんが講演会などにしばしば招かれる業界がある。それは医療分野だ。「高度の教育訓練を経て人の命を預かるものの、人間として間違いを犯すことは避けられない。機長も医者も同じです。どんな高名な医師が執刀しても、助手や麻酔医、看護師らの『気付き』に支えられなくては、手術は失敗することもあるのです」と小林さんは説く。
 医者の世界も出世競争が激しく、上下関係の厳しい社会。もつれた人間関係を手術室に持ち込まれては、患者はたまったものではない。
 「日本の医師免許には更新制度がなく、免許を取得した当時の知識や技術のままで偉くなってしまった人もいる。飛行機と同じく医術も日進月歩。長じれば長じるほど、最新の知見を身に付けた若手から学ぶ姿勢が求められるのです」と小林さんは指摘する。「私も『自分は決して優秀ではない』と自覚しつつ、周りの助けを得ながら、必死に安全運航に携わってきました」。四十二年にわたり、一万八千五百時間を飛んだ元機長の言葉は重い。
 CRMは航空や医療の分野だけではないだろう。日々の暮らしを支える営みすべてに広がる概念だ。
 二月二十七日から三月十三日までの毎週月曜日、三回にわたって掲載したクラッシャー上司の連載には、さまざまな反響があった。某大手製薬会社の社員は「品質管理を担う幹部が、メンツを立てなかった些細(ささい)なことをミスとして叱る。仕事の相談がしにくい」という経験を語ってくれた。
 某自動車部品メーカー社員からは「上司の威圧におびえ、誰も指摘できないまま不良品が出荷されてしまった」というメールが寄せられた。いずれも人の健康、命に関わりかねない。
 「周りが協力しづらくなるという現象が、その人の周りに起きるためです。それには『EQ指数』というものが関わってきます」と小林さんは話す。七月三日の(下)では、その「EQ指数」について聞く。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201706/CK2017062602000163.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR