FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『発達障害白書』2010年度版

 日本発達障害福祉連盟編(・全日本手をつなぐ育成会・全日本特別支援教育研究連盟・日本発達障害学会)『発達障害白書』2010年度版から、その一部を引用しました。
『発達障害白書2010年版』における『発達障害』の表記と定義の統一について

表記:発達障害に統一いたします。「発達障碍」および「発達障がい」は用いません。

定義:従来から用いられてきた歴史的かつ包括的な発達概念をその定義とします。
 発達障害(Developmental Disabilities)という用語は、1963年に米国の法律用語として誕生し、わが国には1970年代初頭に紹介されています。日本精神薄弱研究協会(当時)が1979年に機関誌名を「発達障害研究」と定め、1992年に「日本発達障害学会」と改称したことでお分かりのように、知的障害(精神遅滞)をモデルにその概念を形成してきました。専門家および臨床家の永年の議論を経て、知的障害と同様の支援が必要、中途障害とは異なり、より多くの支援が必要、そして一生涯の支援が必要な状態と理解されています。発達障害は、知的障害を含む包括的な概念であります。すなわち、知的(発達)障害、脳性麻痺などの生得的な運動発達障害(身体障害)、自閉症、アスペルガー症候群を含む広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害(多動性障害)およびその関連障害、学習障害、発達性協調運動障害、発達性言語障害、てんかんなどを主体とし、視覚障害、聴覚障害および種々の健康障害(慢性疾患)の発達期に生じる諸問題の一部も含みます。
 なお、発達障害者支援法の「発達障害の定義」は歴史的かつ包括的概念の一部を示しているにすぎません。具体的には、自閉症とその近縁の発達障害にいわゆる軽度発達障害を加えた「発達障害の範囲」と見なします。【傍線 大沼】

スポンサーサイト

テンミニッツ専用ふせん

「テンミニッツ専用ふせん」
 『テンミニッツ』は、仕事と生活のバランスを大切に考えながら、一日を最大限有効に活用し、計画的にタスクを実行していくためのアイテムです。『テンミニッツ』は日本語で言うと「10分」、「今日一日のタスク整理は、わずか10分でできる簡単なことだよ」 という意味を込めたネーミングになっています。
 慣れるまでは少し難しく感じるかもしれませんが、基本的には「ふせんに書く、並べる、貼る」のステップを踏むだけ。ぜひ、今日からあなたも『テンミニッツ』生活をはじめてみませんか?
株式会社カミン堂
TEL 0120-62-1580

http://www.kanmido.co.jp/

学校にタイムカード導入を 中教審、教員働き方改革で提言へ

 2017年8月29日 02時00分のニュースに「学校にタイムカード導入を 中教審、教員働き方改革で提言へ」という記事があった。
 タイムカードを導入して、どんな意味があるのだろう?そんなことで、改善されるのか???!!!
 それとも、残業手当を付けるというプランなのかな?
 労働時間なら、ペーパー報告で、何年も前から、もう測っているでしょう!!!それなのに勤務時間は改善されていないんですよ!!!
 長時間労働が深刻な教員の働き方改革を議論している中教審の特別部会が、具体策を盛り込んだ緊急提言をまとめ、国や教育委員会などに実施を求める方針であることが28日、関係者への取材で分かった。提言は学校現場へのタイムカードや留守番電話の導入、部活動の休養日の設定など、勤務時間の管理徹底を図ることが柱。29日の会合で了承する。
 公立学校の教員は時間外手当が支給されない特殊な給与制度で、勤務時間の線引きがおろそかになっているとの声がある。提言は大規模な予算措置などがなくても実施できる対策から取り組み、学校現場の意識改革につなげるのが狙いだ。
(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017082801002140.html

脳トレで頭すっきり 川島隆太「メンタルローテーション」

 2017年8月23日の朝刊「脳トレで頭すっきり」より、「メンタルローテーション」。

 空間的な情報処理力を鍛えるトレーニングです。認知心理学ではメンタルローテーションと呼ばれる課題です。
 2組の図形があります。左の図形を頭の中で回転させ、右と同じになるかどうか、○か×で答えてください。よく似たものでも、鏡に映ったように裏返っていたら×です。解答時間は3分間です。
※解答は掲載していません。

スマホ操作で脳の働き低下

 2017年8月23日の朝刊より、引用。
スマホ操作で脳の働き低下
 スマートフォンを使う子どもたちに何が起こったのか?もやもやしたまま過ごされた方もいらっしゃるかもしれません。皆さんに、前回から今回までの間に考えていただくために、わざと中途半端に終わらせました(すみません)。さて、私たちの解釈を述べたいと思います。
 自宅学習習慣のない子どもたちの成績が下がるということは、学校で覚えたことが脳の中から消えてなくなったと考えられます。生物学的な理由はよくわかりません。スマホを操作している時の脳活動を計測すると、前頭前野の働きは低下しますので、これが原因のひとつなのかもしれません。実際、スマホのアプリで音楽を聴こうと、動画を見ようと、ゲームをしようと、メッセージのやりとりをしようと、それらを使うとその使った時間に応じて学力が低くなるのです。
 スマホを使うと、脳の機能に害があることはもはや疑いようがありません。スマホには習慣性と依存性があることは、皆さん自身が経験されていることと思います。過激ですが、子どもたちの未来を守るため、上手にリスクと付き合うことができる年齢になるまで、スマホほ使用を法などで規制することもやむなしと考えています。
(川島隆太 東北大学加齢医学研究所長)

『ブラック部活動』内田良(東洋館)

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用。
 職場の上司から、こんなことを言われたらどうするか。「近所の中学校でバレー部の指導をしてほしい」。バレーボールの経験などないのに、上司は強引に引き受けさせようとする
▼では、その条件は?と聞けば、「平日は毎日夕方に所定の勤務時間が終わってから二~三時間ほど無報酬で、できれば早朝も勤務時間前に三十分ほど。土日のうち少なくとも一日は指導日で、できれば両日ともに指導してほしい」
▼そんなことを強要する上司がいたら、とんでもないブラック企業だろう。だが、そのとんでもないことがまかり通っているのが今の学校なのだと、名古屋大学准教授の内田良さんは新著『ブラック部活動』(東洋館)で指摘する
▼部活動は、あくまでも「自主的な活動」だ。放課後などの部活動の指導は「勤務時間」には入らず、時間外勤務手当も出ない。しかし現実には、八割以上の中学校で全教員の部活の指導が実質的に義務付けられている
▼中学校の教員の六割近くの残業時間が「過労死ライン」を越えるという過酷さの一因に部活がある。そういう現実を、どれだけの保護者が知っているだろうか
▼朝も夕も部活。疲れ切っているのに土日も休めず、家族との時間もとれない。先生も、生徒も。そんな部活こそ「ブラック企業戦士への予備軍を生み出しているのではないか」との内田さんの警鐘が、重く響く。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2017082502000142.html

中学教員57% 過労死ライン

 2017年8月22日の朝刊に「中学教員57% 過労死ライン」という記事が出ていた。
10年前、夫なくした女性、訴え 国の働き方改革では、民間企業の時間外労働に罰則付きの上限規制が設けられることになった。しかし、公立学校の教員には適用されず、取り残されている。十年前に公立中学教員の夫=当時(40)=を過労で亡くした工藤祥子(さちこ)さん(50)=東京都町田市=は「公立の教員にも時間外勤務の上限を設けたり、教職員の数を増やしたりして働きやすい仕組みに変えてほしい」と訴えている。
(土門哲雄)
「心身に余裕が持てる働き方を」
 「疲れた。頭が痛い」。二〇〇七年四月、横浜市の転勤先の中学に赴任したばかりの夫・義男さんが、体の不調を訴えるようになった。六月、修学旅行の引率から帰り、動けなくなった。六日後、年休を取って訪れた病院の待合室で倒れた。そのまま意識は戻らず五日後に亡くなった。くも膜下出血だった。二人の娘はまだ中二と小四だった。
 義男さんは学生時代、柔道やアメフットの選手。前任の中学では、体育祭や学芸会で仮装して生徒と一緒に楽しんだ。明るくて元気な教師で、生徒に好かれていた。しかし転勤先では、前任地に続き保健体育の授業やサッカー部の顧問、生徒指導を担当したが、このほかの仕事にも追われた。
 毎朝六時に家を出て、七時から部活動の朝練。生徒指導専任や二クラスの副担任のほか、不登校生徒の支援、安全対策などの校務を担わされた。保護者面談や生徒の成績評価、地域へのあいさつ回りや警察との連携、懇談会などで深夜の帰宅が続いた。土日も十分に休めず、家でも行事の資料作りなどに追われていた。
 葬儀には教え子ら約二千人が訪れた。工藤さんは、義男さんが過労で死亡したとして「地方公務員災害補償基金」に公務災害を申請した。二年半、何も連絡がないまま突然、「公務外」とする書類が届いた。
 弁護士に相談し、反論書を出すなどして公務災害と認められたのは亡くなった五年半後の一二年十二月。時間外労働は自宅での仕事も含めて最大月約二百時間と訴えたが、証拠不十分とされ、認められたのは半分以下の九十六時間だった。
 「先生は『子どもたちのためなら』と、頑張りすぎてしまう。まずは本人が体をいたわってほしい」と工藤さん。五月に発足した「神奈川過労死等を考える家族の会」の代表を務め、「先生たちが児童生徒と向き合うため、心身に余裕を持てるよう、国レベルで変えるべきだ」と、全国各地で講演している。
 公務災害の相談は「全国過労死を考える家族の会」のホームページを通じて受け付けている。
公立中 勤務 10年で週5時間増

 民間企業の時間外労働の上限規制は休日労働が含まれないなどの「抜け穴」が指摘されているが、公立小中学校の教員の過労死対策はそれ以前の問題だ。
 文部科学省の二〇一六年度調査では、国が示す「過労死ライン」(月八十時間超の残業)に相当する「週六十時間以上勤務」は公立中学校教員の57・7%、公立小学校教員の33・5%に上る。十年前と比べ、週勤務時間は中学校で約五時間、小学校で約四時間増えた。
 公立小中学校の教職員の時間外勤務は、校外実習や修学旅行など四種類しか認められていない。実際は一日の勤務時間の七時間四十五分が終了した後も部活動や授業準備がある。これらは「自発的行為」とされ、教育職員給与特別措置法(給特法)で時間外勤務手当は支払われない。代わりに基本給の4%が毎月一律で支給されている。
 教育関係者らは時間外勤務をきちんと把握し、上限規制を設けるよう国に求める署名活動を続けている。文科省の中央教育審議会(中教審)の部会でも議論されており、次回は二十九日に開かれる。
◆総労働時間の縮減を
<明星大・樋口修資(のぶもと)教授(教育学)の話>
 公立学校の教員は過労死寸前の働き方が常識になっており、憂うべき事態だ。時間外勤務手当を支給しないとする給特法の抜本的見直しが必要だ。ただ国の財政は厳しい。超過勤務分の代休を夏休みなどで補う「調整休暇制度」を導入し、一年間の総労働時間を縮減すべきだ。部活動を外部の指導者に委ね、休養日を設ける取り組みを国が主導する必要がある。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017082202000113.html

『WISC-IVの臨床的利用と解釈』アウレリオ・プリフィテラ、ドナルド・H・サクロフスキー、ローレンス・G・ワイス 編/上野一彦 監訳/上野一彦、バーンズ亀山静子 訳(日本文化科学社)4,630円+税



『WISC-IVの臨床的利用と解釈』
http://www.nichibun.co.jp/book/detail/?id=1
http://www.amazon.co.jp/WISC-IV%E3%81%AE%E8%87%A8%E5%BA%8A%E7%9A%84%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%A8%E8%A7%A3%E9%87強調文%88-%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%強調文83%95%E3%82%A3%E3%83%86%E3%83%A9/dp/4821063662/ref=aag_m_pw_dp?ie=UTF8&m=A21Z1XXR0IRQMB

「日本版WISC-Ⅳテクニカルサポート」
http://www.nichibun.co.jp/kobetsu/technicalreport/

『日本版WISC-IVによる発達障害のアセスメント ‐代表的な指標パターンの解釈と事例紹介‐』htt強調文
http://www.nichibun.co.jp/book/detail/?id=81

「WIS強調文C-Ⅳ知能検査について」http://www.taisetsunakimi.net/_themes/docs/wisc4.pdf#search='WISC+4'

【発達障害】Wisc-IV 検査結果の解釈【児童知能検査】http://matome.naver.jp/odai/2141628441202721901

脳トレで頭スッキリ 川島隆太「空間的な情報処理力を鍛える」

 2017年8月9日の朝刊「脳トレで頭スッキリ 川島隆太」より、「やってみよう」の引用。
 空間認知能力を鍛えることは、いろいろな面で必要なんです!さて、いろいろな面とは・・・?

 空間的な情報処理力を鍛えるトレーニングです。認知心理学ではメンタルローテーションと呼ばれている課題です。
 2組の図形があります。左の図形を頭の中で回転させて、右と同じになるかどうかを、○か×のいずれかで答えてください。よく似たものでも、鏡に映ったように図形が裏返っている場合には×と答えてください。

学力に差が出る?スマホ

 2017年8月9日の朝刊の「生活欄」より、引用。
学力に差がでる?スマホ
 テレビと同時に、私たちの生活に欠かせないもので、かつ脳に強い悪影響を与えるものがあります。それはスマートフォンです。
 電車の中で多くの人がひたすらスマホをいじっている、喫茶店のカップルが相手ではなく自分のスマホを見ている。こうした世の中に、「なんだかなあ」と思ってはいましたが、私の中では、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。しかし、仙台市に住む7万人の子どもたちを調べて、見過ごせない、恐ろしい事実が浮びあがりました。普段学校でしか勉強をしない(自宅での勉強習慣がない)子どもたちで、スマホを使わない群と、スマホを使う群を比較してみたところ、学力に大きな差があったのです。
 どちらの群も、自宅で勉強習慣がありませんから、スマホの使いすぎで、家で勉強しないから成績が低いわけではありません。また、睡眠時間が短いと学力が低くなることも有名ですが、睡眠時間にも差がありませんでした。さらに翌年度に追跡調査をすると、スマホを使い始めた子どもたちの成績は急降下、逆にスマホを使うのをやめた子どもたちの成績は徐々にあがることがわかりました。
*川島隆太(東北大加齢医学研究所所長)

ゲインロス効果

 ゲインロス効果とは、「人の心理状況において、プラスとマイナスの変化量が大きいほど人の心に深く影響を与える効果」のことを言います。わかりやすく言うと、「最初にマイナスの印象を与えておいてから、そのあとでプラスの印象を与えたほうが、相手により大きな好印象を与えることができる」という心理的効果のことです。
https://matome.naver.jp/odai/2146436594817967401/2146453559032117003

 「ゲインロス効果」とは、一定してポジティブな情報を受け取る場合より、低から高へ上昇するパターンの情報を受け取る場合のほうが、影響力が大きくなる心理的効果のことを指します。
 少し噛み砕いて言いますと、「ゲインロス効果」とは、「最初にマイナスの印象を与えておいてから、そのあとでプラスの印象を与えたほうが、相手により大きな好印象を与えることができる」という心理的効果のことです。

http://www.shinrimarketing.com/shouhishinri/90/

アウトカム評価

 2016年から2017年にかけて、リハビリテーションの現場、特に回復期リハビリテーション病棟(以下、回リハ病棟)には「アウトカム評価」が取り入れられるようになりました。
 「アウトカム」を直訳すると「結果・成果」です。
 経済・経営の研究分析や医療現場など様々な業界で、何らかの効果測定をする場合に「アウトカム」という用語は使用されます。
 では、リハビリテーションの現場では何の「結果・成果」の効果測定を行うのでしょうか?
 一般的にはケガや疾病による機能障害において改善度や回復率など「リハビリテーションを実施することにより臨床上の成果がどれだけ得られたか」を数値化することを指します。

https://goshominami-clinic.jp/knowledge/what-outcome-rehabilitation.html

「アウトプット(output)とアウトカム(outcome)の違い ~成果につながらない分析結果は、ただの”お勉強”である~」
 アウトプットとは、インプットに対して”何らかの処理”を加えて、出力されるもののこと。
 アウトカムは、アウトプットを”解釈”して”実行に移す”ことによって、成し遂げられた・達成された結果のこと。

https://www.graffe.jp/blog/327/

実践 - 何を、どれほどやったか → アウトプット
実践 - どのような成果を挙げたか → アウトカム
・アウトカム評価の基本は、「目標・ねらい」をどれだけ達成したか。
 「目標・ねらい」が抽象的なままでは、アウトカム評価はできない。

http://blog.livedoor.jp/uzak1803/archives/1009650772.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。