FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科の授業にキャリア教育を

 『教科研究 TOTAL ENGLISH』No.130の「羅針盤」より、「教科の授業にキャリア教育を」の引用。
 あなたが相当する教科について、生徒から「この教科は将来何の役に立つのですか?」と問われることはないだろうか。そして、あなた自身も、「教科の学習は学校だけのもの」と思っていないだろうか。
 「キャリア教育」という言葉が定着する中で、キャリア教育と言えば職場体験学習と進路指導という印象が強くなっている。だが、キャリア教育は日常の教科の中でも意識される必要がある。ともすると、生徒たちは教科の学習の多くは、将来何の役にも立たないと思っており、教科学習への意欲を高めるためにも、教科の中にキャリア教育の要素が取り入れられることが望ましい。
 今年3月に告示された新学習指導要領でも、「社会に開かれた教育課程」として、学校の教育課程が学校外の社会との連携や協働によって実現されるべきことが述べられている。各教科で扱われる内容に一つが、濃淡の差はあっても、社会と関わっているはずである。
 具体的に述べよう。国語ではインタビューをしたり実用的な文章を書いたりするが、新聞記者等、こうした営みを中心に仕事をしている人がいる。数学に関しては、関数や統計を仕事で使っている人は多い。英語に関しては、通訳や翻訳家といった語学力を中心に仕事をしている職業ばかりでなく、多くの人が外国の人と英語でやりとりをしつつ仕事をしている。他の教科についても、教科の内容と関連する仕事を挙げればきりがない。
 だが、生徒たちはもちろん教師も、各教科に関連する仕事をしている人に会い、どんなふうに仕事をしているのかを学ぶ機会は少ない。中学校には職場体験学習があると言われそうだが、職場体験学習が教科の内容と関連づけて実施される部分は小さい。
 まずは、教師が各教科に関連する仕事をしている人から学ぶ機会をもつようにしてはどうだろうか。私が理事長をつとめるNPO法人企業教育研究会では、関東と関西で、基本的に教育業界以外の人から授業づくりに役立つ話をうかがう研究会を継続的に開催している。新聞記者からは取材やインタビューについて、PR会社の人からは良好な関係を築くための情報発信について、IT会社の人からはビッグデータの活用について、コンサルティング会社の人からは地域活性化策について、スポーツデータ会社の人からはスポーツのデータ分析の仕事について、レコード会社の人からは現代の音楽ソフトづくりについてというように、教科の内容に関わる話題についてじっくり話を聞いた上で、質疑応答や意見交換をする。
 このような研究会で学んでいる教師は、日頃の授業で教科内容に関連した仕事の話をすることができる。また、機会があれば、企業の人を学校に呼び、生徒たちと交流する形の授業を実施することもできる。そのような教師に学ぶ生徒は、教科の学習が将来役に立たないなどとは考えなくなるだろう。
 教科教育とキャリア教育は別ものではない。教科の授業に、キャリア教育を。
*藤川 大祐
 千葉大学教育学部教授。2015年より副学長。メディアリテラシー、ディベート、環境、数学、アーティストや企業との連携授業等、さまざまな分野の新しい授業づくりに取り組む。学級経営やいじめに関しても研究。

スポンサーサイト

藤井四段も受けた モンテッソーリ教育

 2017年9月8日の朝刊から、「藤井四段も受けた モンテッソーリ教育」の引用。
幼児期の成功体験 自信に
 将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)=愛知県瀬戸市=が幼稚園の時に受けた「モンテッソーリ教育」に注目が集まっている。取り入れている園は各地にあるが、家庭で始めることもできる。「自分でできた」体験を積み重ね、自信につなげるのが特徴で、関係者に話を聞くと、日々の子育てに役立つヒントがあふれていた。 (小中寿美)
日々の育児 参考にも
 「梨があるけど、むいて食べる?」。神奈川県逗子市の小野寺愛さん(39)が声をかける。長女で小学四年の桃さん(10)は、自分の包丁を手にすると四等分して皮をむき、食べやすくカット。あっという間に皿に盛り付けた。踏み台を置いて調理台の前に立った次女で同二年の杏(あん)さん(7つ)は、まだスムーズにはむけない。右手の親指の動きがおぼつかないが、愛さんはすぐに手出しはせず見守った。
 モンテッソーリ教育は、イタリア初の女性医師マリア・モンテッソーリが百年以上前に提唱。六歳までの乳幼児には何かに強い興味を持ったり、繰り返したりする「敏感期」がある。大人がそれを見逃さず、必要な環境を整えることで、子どもは自然に能力を身に付けていくという考えだ。
 愛さんは、桃さんが三カ月のときこの考えに出合った。働いていた非政府組織(NGO)「ピースボート」の活動を通して知り、家庭でも工夫した。
 包丁を使い始めたのは、桃さんが三歳、杏さんが二歳のとき。長男の玄君(3つ)は、卵を割って小麦粉や牛乳と混ぜてパンケーキの生地を作るのが大好き。「危なかったり、こぼしたり。かえって大変だけど『やりたい』と言った時にどうできるかを考える」と愛さん。大人は、子どもの内なる要求を満たせるような援助に徹する。はさみや針も興味に合わせて使わせる。「使い方をゆっくりと見せることがポイント」と話す。
 大人が困るような不可解な行動も、敏感期によるものと分かれば納得がいく。例えば、子どもは縁石の上を歩きたがる。「どの子どもにも見られる傾向で平衡感覚の敏感期」とモンテッソーリ教師の実習園「聖アンナこどもの家」(東京都町田市)副園長の野村緑さん(69)は説明する。「歩行をより確かなものにするため、自然から与えられたプログラムです」
 園では子どもサイズの生活の道具や五感を働かせる教具を用意。自由に選んで好きなだけ使うが、待つことを学ぶため一個ずつしか置かず「次の人のために元通り返す」といったルールもある。縦割りのクラスで思いやる心も育つという。
自己肯定、集中力育む
 藤井四段は3歳で地元の幼稚園に入園。夢中になったのは、色のついた画用紙を編んで作る「ハートバッグ」だった。来る日も来る日も作り続け、持ち帰った数は100個ほど。祖母の家に残る1個には、平仮名で名前も書かれている。
 国際モンテッソーリ協会公認教師の深津高子さん(62)は「モンテッソーリ教育は自分で選び、集中して達成するというプロセスを大切にします。園の先生は『ああ、きょうもやるんだな』と見守り、活動を尊重したのでしょう」と推測する。「集中力がある」や「手先が器用」は卒園児に共通する特徴という。
 野村さんは藤井四段の驚異的な終盤力に注目する。「追い込まれてもあきらめないのは、自分には乗り越える力があると信じているから。自分で決めて実行することを繰り返す中で、自己肯定感も育まれたのだと思う」と話す。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201709/CK2017090802000194.html

今こそ出発点

今こそ出発点
   尾関宗園(京都大徳寺大仙院住職)
 人生とは毎日が訓練である
 わたくし自身の訓練の場である
 失敗もできる訓練の場である
 生きているを喜ぶ訓練の場である
 今この幸せを喜ぶことなく
 いつどこで幸せになれるのか
 この喜びをもとに全力で進めよう
 わたくし自身の将来は
 今この瞬間ここにある
 今ここでがんばらずにいつがんばる

為せば成る

 為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
    上杉鷹山(米沢藩 藩主)


 「出来ない」ということは「やらない」ということです。

4歳児の教育、何が効果的?

 2017年11月5日の朝刊「ほっトライン」より、「尾木直樹さんが答えます」の引用。
4歳児の教育、何が効果的?
Q
 四歳の長男に、水泳、英語、ピアノのどれかを習わせたいと思っています。今は保育園に通い、お迎えを待つ夕方は、テレビを見る生活。体を動かす機会も少なく、英語など幼児教育は早いほうが良いとも聞きました。幼児教育を手がける企業からダイレクトメールも届きます。四歳児の幼児教育は、効果があるのでしょうか。 (女性、37歳)
A
 今や、乳幼児期から習い事をさせるのが珍しくない時代。企業からのダイレクトメールや早期教育を勧める本や雑誌、天才キッズを称賛するテレビ番組などの情報の波に、「うちの子はいつから? 何を?」と焦り、迷うのも当然かもしれませんね。親としては、わが子に身に付けさせたい力はいろいろあるでしょう。
 ですが、大前提として、この時期に習い事をさせる目的は何なのか。親自身がしっかり考えを持ってほしいと思います。自分がピアノを習っていて、今も役に立っているから。水泳で体力をつけさせたい。海外転勤が多いので英語力を-。そもそも、子どもが自分から習いたいと言うなら、検討してあげたいですね。同時に、子どもの様子をしっかり観察し、好きなことは何なのか、見定めましょう。
 その上で、もし習い事をさせるのであれば、まずは子どものやってみたいものを選ぶことをお薦めします。
 例えばピアノは手足の動き、暗譜など多機能を同時に使うため、地頭が良くなると言われています。英語は、バイリンガルを目指すのでなければ、八歳くらいに開始するのがいいとも言われています。
 ところで、本当の僕の一番のお薦めは、運動系と教育系の両方の力が獲得できる、「自然体験」活動です。
 自然は予測不能。その中で起きる出来事に瞬間的に対応する体験を重ねることで地頭が鍛えられ、物事への興味・関心が呼び覚まされます。運動器も刺激され、敏しょう性なども高められます。
 公園での散歩やピクニックなどでも、お休みの日に、肩肘張らず、親も純粋に子どもと楽しんでみては。案外、習い事をしなくても充足してしまうかもしれませんよ。
 四歳の長男に、水泳、英語、ピアノのどれかを習わせたいと思っています。今は保育園に通い、お迎えを待つ夕方は、テレビを見る生活。体を動かす機会も少なく、英語など幼児教育は早いほうが良いとも聞きました。幼児教育を手がける企業からダイレクトメールも届きます。四歳児の幼児教育は、効果があるのでしょうか。 (女性、37歳)
       ◇ 
 教育評論家尾木直樹さん、養護教諭すぎむらなおみさん、高校教諭・野球日本U-18ヘッドコーチ大藤敏行さん、タレント春香クリスティーンさん、桜花学園大非常勤講師近藤日出夫さんが教育の相談に答えます。

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。