FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼンテーションのルーブリック表



 「ルーブリック」は一言でいうと、生徒や学生の学習到達状況を評価するための評価基準のことです。ルーブリックは複数の項目から成りますので、それを一覧表にしたものを「ルーブリック表」といいます。
 そして、そのルーブリック表を使って評価する方法を「ルーブリック評価」と呼んでいます。
 この表がプレゼンテーションのルーブリック表です。これからアクティブラーニングと言っても、目指している力が身についたかのかどうかが分からなければいずれ形骸化していきます。つまりアクティブラーニングとルーブリックはセットで学んでいく必要があるでしょう。

http://www.core-net.net/g-edu/issue/6/
スポンサーサイト

「ディスレクシアと合理的配慮」第5回「アセスメント」

 『内外教育』2018年6月12日の「ディスレクシアと合理的配慮」第5回より、「アセスメント」の引用。
 一人一人にとってどのような「配慮」が合理的なのかを知るためには、まず本人の状況を観察し、読みや書きの困難がどの部分でどの程度なのかを知らなければならない。そのためにはアセスメントが必要である。
 高校や大学の受験では診断書は求められず、前の学校でどのような対応がされていたかに準じて「合理的な配慮」がされる。現場でディスレクシアの可能性に気付いたら早期にアセスメントを行う必要がある。
 子どもの能力に関する一般的な検査としてはWISC(児童向けウェクスラー式知能検査)が挙げられるが、この検査は知能検査である、また読み書きは行わない。そのためディスレクシアを含む学習障害の診断において十分な有効性があるかどうかは検証されていない。
 ディスレクシアのアセスメントでは、読みと書きのスピードと流暢性、そして正確さを測って、同世代の平均と比較してどの程度の困難があるのかを見る。また、音韻認識の問題なのか、処理速度の問題なのか、それとも視覚認知に問題があるのかを見る。現在使用できるアセスメントとしてはSTRWAW、URAWSSそしてELCが挙げられる。他に視覚認知についての検査もすることができる。
 検査の内容は、例えばRAN課題(数十のランダムに並べられた絵や数字をできるだけ早く読み上げていく検査)である。心理士などの資格がなくても読み書きについてある程度の専門性を持つ教員や専門員ができるもので、日本語話者の読み困難児を予測するといわれている。
 また、▽文章の書写、文章の書きとり、平仮名とカタカナ単語の読みの流暢性と正確性を見る▽聴覚的な作業記憶を見るため聞いた単語を逆さから復唱する▽平仮名、カタカナの非語(単語としては存在しない音、無意味語)の読み、漢字の読みと書きとりを行う▽語彙は難しくないが内容が入り組んだ文章を黙読し、あとの問いに6問ほど答える。次に読み上げて正解率が変わるかどうかを見る(なるべく○×の2択ではなく、内容を読んで理解しないと答えられない問いが望ましい)-といった一連の作業を行うことにより、本人が困っている部分がどこなのか、どのような特徴があるのかをあぶり出していくおとが可能となる。
 これらの検査で分かるのは、同年代の子どもと比べてどの程度の困難があるのかということ、また成人している場合は、何歳程度の能力があるのかである。ちなみに筆者は仮名の読みに関しては小学校2年生並のスピードと正確さである。
 アセスメントを行う時に忘れてはならないのは、あらかじめ(1)本人の興味や得意なこと、好きなこと(2)困難さに対して自分が工夫していること(3)自分はどのようなときに不便を感じるか(4)将来どのようになりたいか-を聞き取っておくことである。これらは効果的な支援の方針を決める上で重要な要素となる。保護者の意見はしばしば本人に意向とは違うこともあるのでその点にも留意したい。
 検査が一通り終わり、最後に見やすさ、内容の理解のしやすさ、書きやすさなどについて、いくつかの解決法を体験してもらい、どれが一番本人にとって心地よいか、取り掛かりやすそうかを見ていくことになる。
(藤堂栄子=認定NPO法人エッジ会長)

「ディスレクシアと合理的配慮」第2回「困難の理解と基礎的環境整備」

 『内外教育』2018年(平成30年)4月20日号の「ディスレクシアと合理的配慮(第2回)は、「困難の理解と基礎的環境整備」。
 ディスレクシアに対する第1の支援は、ディスレクシアの理解である。よく観察すると、読みのスピードが遅い、流暢さに欠ける、正確でない。という三つの特徴が見える。それは音読で一番顕著に出る。たどたどしい読み方、読み違え、単語ではないところで区切ってしまう、などである。音韻性の困難といわれるもので、音と記号である文字とを結び付け操作する力が弱いためといわれる。読めているようでも、きちんとアセスメントをすると、この三つの特徴が見えることがある。これが英語になると一段と困難が増す。
 ディスレクシアには視覚認知の問題が併存しており、白い紙にインクで印刷されていると文字が浮かんで見えたり、にじんだり、動いて見えたりすることもある。
 一方、ディスレクシアのもう一つの特徴として、音と記号を結び付け操作する力は弱いのだが、「文章を理解する力」はあることが挙げられる。そうであるなら「読むこと」の正確さよりも、内容理解を優先させて、そこに注力する指導が望まれる。
 読みやすい、学習に集中しやすい環境をつくったり、教材を提供したりすることはすぐにでもできる。中央教育審議会の報告でも、施設・設備の整備、専門性があり支援できる人材(特別支援教育支援員)の配置、教材の確保、教員研修などは合理的配慮の基礎的環境整備として示されている。
 これらの整備がなされていれば、読みの困難に気付いた段階でできることは多々ある。例えば、学習が進まない原因の一つに、発達障害に共通してみられる「刺激に弱い」ということがある。音の刺激としては校庭の音、周りの雑音などであり、視覚的な刺激としては蛍光灯のちらつき、黒板周りの掲示物や窓の外の風景などがある。席替えや提示の仕方や場所、また壁の色け建築材、カーテンの工夫などで、相当困難を軽減することができる。
 専門性があり支援できる人材の配備については自治体によって対応は異なるようだが、地方交付税の形で少なくとも1校当たり1人の配置ができる予算措置がされている。研修を受けた専門性のある人材を配置しておくことが望ましい。
 教材の確保の面では、例えば、教科書については音声化したものを教育委員会または学校単位で常備しておけば、目からの情報では十分に内容を読み取ることが困難な場合でも内容を把握する手伝いとなる。また、ある単元を音で聞かせて、口頭で内容について質問したとき、黙読で書いて答えるよりも回答が早く正確であるのなら、音声の利用はすぐにでも使える支援になる。文章の読み上げや代筆は高校や大学受験でも認められている「合理的な配慮」なので、活用したい。
 板書を書き写すのが遅い、不正確、字がふぞろいで判読が難しいなどの書く困難についても同様に、書きやすいマス目のノートや筆記用具の活用などはすぐにでもできる。
 教員研修はぜひ早期に行ってほしい。情緒面やソーシャル・スキル・トレーニングについての研修は多いが、読み書きの困難については「発達障害」への支援としてはあまり研修のテーマになることがないようである。
 「障害」かどうかの診断や検査をする前に現場の工夫でできることはいろいろとある。
(藤堂栄子=認定NPO法人エッジ会長)

すべての子に 分かりやすく

 2018年7月29日の朝刊「教育」より、引用。
すべての子に 分かりやすく
 すべての児童や生徒が安心して学べる分かりやすい授業を目指し、特別支援学級や追及指導の工夫を教室に取り入れる学校が増えている。教員の指導力向上がか課題で、来年度からは教員養成の過程で理解を深めるための仕組みも新たに始まる。
(福沢英里)
特別支援での工夫 通常学級に取り入れ
 愛知県武豊町の武豊小学校。1年生の教室に入ると、机の上の筆記用具は鉛筆と消しゴムだけ。置く場所は机の右上に決められ、目印のシールまである。同校に3人いる特別支援コーディネーターの一人、清川奈美先生は「必要な道具だけを出し、筆箱を引き出しにしまえば、授業に集中しやすい」と説明する。
 板書のひと工夫。その日の授業の流れが黒板の左端に書かれ、今どこを学んでいるかが分かるよう矢印で示す。授業の始まりと終わり、学習内容が目で見て分かるので、担任の指示や説明も伝わりやすい。
 どの学年にも共通するのが、落ち着いた教室環境づくり。黒板の隣にある棚のガラス戸に内側から画用紙をはって中が見えないようにするのは、目から入ってくる刺激を減らすため。みんなで使うロッカーや掃除道具入れの整頓の仕方は写真で示す。水筒も専用のかごが置かれ、ひもが邪魔にならないよう本体に巻き付ける。「大体」「適当に」は混乱のもと。「どこに」「どのように」置くかが、ひと目で分かれば、どの子も自分でできるようになる。
 同校では1974年に特別支援学級が開設された。通級指導が始まったのは15年前。通級は通常学級に在籍していて、発達障害など比較的軽い障害がある児童が、別室で専門教諭から受ける指導のこと。特別支援学級と通級指導で培ったノウハウを生かそうと、誰もが使いやすい「ユニバーサルデザイン」の考え方を3年ほど前から通常学級の授業に応用した。2015年度から2年間は、同様の趣旨で県の委託を受けた武豊町のモデル事業にも並行して取り組んだ。
 支援が必要な児童が分かりやすい授業は、すべての子どもにとっても分かりやすい。奥村和人校長は「子どもたちにとって学校が安心して生活できる場所になり、規律を守ろうという意識も生まれた。結果的に互いを認め、居心地のよい学級作りにつながっている。学校でこそ身に付けてほしい社会性が育っている」と子どもたちの変化を受け止める。

・黒板に授業の流れ
 何を学んでいるか見て分かる板書

・刺激を減らす
 中が見えないように工夫した棚のガラス戸

・ひと目で分かる
 ロッカーの整頓の仕方が示された写真
「通級指導10万人超 教員のスキル向上必須」

 12年に文部科学省が行った調査によれば、全国の通常学級に在籍する小中学生の6.5%に発達障害の疑いがあった。17年に通級指導を受けている小中学生は10万人を超え、110年前に比べ約2.4倍に増えた。発達障害は自閉症スペクトラム障害(ASD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)といった障害の総称。支援を必要とする児童生徒の増加で、教員側も障害への理解を深め、通常学級での指導スキルを向上させることが求められている。
 国は昨年、教員を目指す学生が教育課程で学ぶ内容を規定する「教育教員免許法」の施行規則を改正。来年度から新たに、特別な支援を必要とする児童や生徒への理解を学ぶ項目が独立し、1単位以上の必須科目となる。同省教職員課は「現代的な教育課題に対応した」と話す。
 愛知県長久手市の愛知淑徳大文学部教育学科では先行して、「通常の学級における特別支援教育」と題した講義で1年生が発達障害への理解や対応の仕方を学ぶ。例えば声かけ。「ちゃんとあいさつしよう」「静かにしなさい」ではアドバイスにならない。「相手を見てあいさつしよう」「友達が話しているときは口を閉じよう」などと、実際のクラス運営を想定した指示の出し方などが学べる。
 指導する佐藤賢准教授は「支援の最終目標は、障害のある子が、特性や苦手も含めてその子らしさと認められ、多数派のクラスメートと折り合っていけるようにすること」と説明。現職教員についても、各地の教育センターや教育委員会などが主催する夏休み中の研修で学んでほしいという。

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。