FC2ブログ

虐待児童の保護 AIが判定補助

 2019年1月8日の朝刊に「虐待児童の保護 AIが判定補助」という記事が載っていた。
三重県、児相に末端挿入へ
 三重県は、虐待を受けた疑いのある子どもの「一時保護」の必要性を判断するため、人工知能(AI)を搭載したタブレット端末を2019年度から試験導入する。過去の多数の事例を分析した結果に基づき、虐待の可能性などが瞬時に示されるため、現場での迅速な判断や対応につながると期待される。県によると、導入は国内で初めて。
 産業技術総合研究所(産総研、茨城県つくば市)の事業の一環。産総研が費用を負担し、末端も県に貸し出す。県は14年度から、一時保護の判断に独自の約30の評価項目を用いており、17年度までに対応した約5000件分をAIに反映させる。
 児童相談所(児相)の職員らが虐待の疑いがある家庭を訪れた際、末端の評価項目に入力すると、AIが過去の事例と比較分析し、虐待や再発の可能性などを数値で示す。この結果を参考に、職員が現場で一時保護の必要性を判断できるy仕組みだ。
 末端は20台を導入し、県内各地の児相に配備する予定。県の担当者は「さまざなま児童虐待の事例がある中、現場がスピード感を持って対応できる。職員の育成や負担軽減も期待したい」と話す。
 県によると、県内の児童虐待の相談対応件数は08年度が395件だったが、17年度は4倍以上の1,670件に増加。児童虐待に対するAI利用の研究は政府が対策の一つに掲げている。
*一時保護
 虐待などで子どもの生命に危険が及ぶ恐れがある場合、一時的に子どもを家庭から引き離し、施設で保護する対応のこと。児童相談所長らが判断権限を持っている。必要に応じて保護者らにも指導を行う。

スポンサーサイト



『世界的な脳神経外科の証言 発達障害を改善するメカニズムがわかった!』鈴木昭平、篠浦伸禎(コスモ21)1400円+税


最新の脳科学が子育ての常識を変える!
・発達障害は脳の扁桃体・報酬系の暴走、視床下部の弱化で起こる
・従来のストレス教育では改善できない
・家庭教育と脳科学の連携で子どもの未来がビックリするほど変わる
  ↓
家庭での発達障害の改善を加速する10のポイント-すぐ実践できる
・親子関係が劇的によくなる脳タイプの診断表
・チェックするだけで子どもがグングン伸びる「EES発達検査表」
*鈴木昭平
 エジソン・アイシュタインスクール協会代表
*篠浦伸禎
 医学博士・脳神経外科医

子どもの「プレゼン力」磨くコツ 自己紹介、自分の言葉で

 2019年1月18日の朝刊より、「子どもの「プレゼン力」磨くコツ 自己紹介、自分の言葉で」の引用!
 「自分はどういう人か」ということを、誰かに伝えることは案外、難しい。何をどう話せば、相手に正しく伝わり、好感をもってもらえるのだろう。子どものころから「プレゼン力」を身に付ける方法を学ぶ催しを訪ねて、コツを探った。
◆楽しんで伝えよう
 「僕はなんと、年長さんのときから空手をしています」。名古屋市千種区の小学六年生、菅沼智城(ともくに)君(12)が円形のステージに立ち、少しはにかみながら自己紹介する。すると、主催者で声優などを養成する専門学校非常勤講師の梶田香織さん(48)が、アドバイスを送る。「自分が『楽しい』と思って話したら、どんどんいい空気が生まれ、聞いている人を楽しい気持ちにさせられるよ」
 昨年末に同市内で開かれた「全国子どもプレゼン大会」の一コマだ。参加した子どもたちは午後、集合し、自分が伝えたいことを夕方までじっくり考えて練習し、その成果を発表。菅沼君も「空手の魅力を分かってもらいたいけど、どう話せば伝わるかな」と頭をひねって考えた。最初は、聞き手の注意を引こうと「なんと」の部分を大きな声で言っていたが、一番伝えたいことは「『年長さんから』の部分」と指摘され、強調する部分を変えるなど工夫した。
◆単語で把握しよう
 プレゼンを成功させるには、自分で内容を考え、言葉を選んで構成するのが重要。この日は、スケッチブックにまずは伝えたいことを単語で書き、裏に補足説明を書いて組み立てた。
 例えば表に「ロボット」、裏に「自宅に掃除用ロボットがきた」と書き、「僕はロボットに興味があります。家族が買った掃除用ロボットを使ってみて興味が湧きました」と、紙芝居のように話してみる。参加者同士で聞き合い、分かりやすいかどうかをチェックし合う。梶田さんは「言いたいことを単語で把握しておくと、自分の言葉で伝えられるようになる。文章を暗記し、思い出しながら話すより相手に思いが伝わる」と話す。
 梶田さんは、テレビやラジオなどのナレーターをしながら、十年前から後進やタレントを養成する専門学校や話し方講座などで教えている。大会は、三年ほど前からで今回が四回目。知人が経営する学習塾の中学三年男子から、高校受験の面接について相談されたのがきっかけだったが、以前から表情が乏しかったり、きちんと話せなかったりする子どもが増えていると感じていた。「学習面だけでなく、自分のことをプレゼンする方法を教える必要性を感じた」
 最近は、インターネットの動画サイトなどに自分が話している姿を投稿する子どもも多い。大会前の練習では、発声や滑舌良く話すトレーニングをするほか、実際にカメラで自分を写し、モニターを見ながら話す方法も学ぶ。
 子どもの動画投稿には是非があるが、実際には投稿しない場合でも、梶田さんは「間違えてもいいので、自分の言葉で思いを伝えることが大切。身に付けたテクニックは社会に出てからも使える」と話している。
◆乳幼児期から環境づくりを
 子どもが自分の思いをきちんと伝えられるようになるのに、名古屋短期大保育科准教授で保育カウンセラーの山下直樹さん(47)は、乳幼児期に「伝えたい」という思いを育てることの重要性を説く。「周囲の大人は育ちを見守り、子どもが安心して話ができる環境を整え、関心の芽を育てて」と呼び掛ける。
 小学校低学年は、乳幼児期に培った力を土台に経験を積み重ねていく時期。高学年からが「自分の気持ちを言葉で表現できるように、練習を始めるのに適している」と分析する。
 コミュニケーションの基本は大人が話をきちんと聞き、要領を得ない場合でも「『何が言いたいの?』などと途中で遮らず、最後までうなずきながら聞くことで力が伸びていく」と話している。
 (花井康子)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201901/CK2019011802000193.html
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR