FC2ブログ

「2ちゃんねる」名誉毀損など43件敗訴

 「讀賣新聞」2007年3月5日夕刊に「『2ちゃんねる』名誉毀損など43件敗訴」という記事が出ていた。2チャンネルは、いじめなど生徒指導上問題点も多いので、国が何とかして欲しいと思う。新聞を読んだ限りでは、現状では解決策はない。 (以下引用)  インターネット掲示板「2ちゃんねる」への書き込みなどを巡り、管理者西村博之氏(30)を相手取り、名誉毀損などを訴える民事訴訟が全国で50件以上起こされ、少なくとも43件で西村氏側の敗訴が確定していることが読売新聞の調べでわかった。  この結果、西村氏に命じられた賠償額は約5,800万円、仮処分命令などに従わないことによる「制裁金」が1日当たり約88万円、累計約4億3,400万円に上るが、西村氏が自ら支払いに応じたケースはほとんどないと見られる。原告側は勝訴にもかかわらず賠償を得られない状態で、ネットの無法状態と司法の限界が露呈した形だ。  訴えの内容は、①書き込みの削除請求②プロバイダー責任法に基づく、書き込んだ人の発信者情報の開示請求③書き込みを放置した管理者責任を問う損害賠償請求---がほとんどだった。  「2ちゃんねる」の今年1月の利用者は約1,154万人で、ネット利用者の4分の1が月に1度は閲覧している計算。いまや国内有数のサイトに成長している。誰もが匿名で、どんな内容でも書き込めるため、会社の情報漏えいなど膨大な内部情報が集まり、企業告発につながることもある。その一方、ひぼう中傷、個人情報の曝露、といった被害も出やすい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR