FC2ブログ

新薬検査を迅速化 厚労省 09年度までに人員倍増

 昨日の朝刊に「新薬検査を迅速化 厚労省 09年度までに人員倍増」という記事が出ていた。ニュースで時々、外国では認可されているのに、日本では治す薬がない、と報道されることがある。安全でよく効く薬が、早く(速く)認可されるといいです。 (以下引用)  厚生労働省は5日までに、新薬の承認審査を担当する独立行政法人「医薬品医療機器総合機構」で新薬審査と臨床試験相談に当たる人員を、2009年度までの3年間に230~240人程度増やし、現在の約200人から倍増させることを決めた。  承認審査にかかわ手数料の単価を引き上げ、増員の費用に当てる。審査体制を強化し、承認審査の迅速化を図る考えだ。  厚労省によると、国内では新薬が承認されるまでの時間が欧米より長く、例えば米国の平均1年に対し日本は約2年。このため欧米で承認済みの薬が国内ではなかなか使用できない。医薬産業政策研究所の調査では、世界の売り上げ上位医薬品の約3割が日本では未承認だという。  承認審査に当たる人員は、米国の2,200人、フランスの942人、英国の693人に対し、日本は197人(いずれも05年)と欧米に比べ大幅に少なく、審査の時間がかかる要因の1つとなっている。  厚労省は来月から、新薬の承認審査の手数料を、現行の1件当たり約980万円から約2,380万円にするなど、製薬会社が支払う各種手数料を引き上げる方針で検討している。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR