FC2ブログ

CRT

内容・特色
・CRT……絶対評価法による検査
・年間の指導目標の実現状況を確認するための、客観的な資料が得られる。
・指導要録「観点別学習状況」「評定」に沿った資料が得られる。
・「観点別学習状況」と「評定」の判定には、総括的評価法としての画期的な手法を採用。
・「関心・意欲・態度」の実現状況の妥当性・客観性を高めるための手法を導入。

http://www.toshobunka.co.jp/examination/crt.php
 教研式NRT(昭和25年刊行)及び教研式CRT(昭和55年刊行)は、我が国で最も多く実施されている標準学力検査(標準化された学力検査)です。
 標準化の過程で、全国で幅広く実験を行い、妥当性と信頼性が保証されています。その過程は「実施と利用の手引」に明示されています。また、この「実施と利用の手引」には、検査問題についての「問題のねらい」や「誤りやすい点・指導上の留意点」が全教科掲載され、その後の指導に役立てることができるようになっています。
 また、講習会の開催や補助教材の整備などのアフターケア体制も整えられており、正確な学力測定と、その後の学力向上のための指導方針の策定において最適の検査です。
教研式NRTと教研式CRTの違い
 NRTは相対評価法、CRTは絶対評価法に基づく標準学力検査で、それぞれに特長があります。どちらも標準化された検査であり、上記のような条件を兼ね備えています。

http://www.toshobunka.co.jp/examination/nrt&crt.php
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR