「明るく、優しく、公平で、知性的な、教師に!」

 「東京教育技術研究所」のメール vol.3 2017.1.25に「■「明るく、優しく、公平で、知性的な、教師に!」■」という記事が載っていた。引用します。
 向山洋一の今月の一言が動画で見られます!メルマガ読者限定 スペシャル動画にアクセス!
◎スペシャル動画(撮影日 2017年1月20日)

https://www.youtube.com/watch?v=Cc0Qg00waNY
 今月は、教師のあるべき姿についての一言です。
 「教師は、子供の前では明るく、優しく接することが大切だ」と向山先生は話されています。さらに、「ただ優しく接するだけでもダメで、時には子供を叱ることも必要だ」とも付け加えています。
 向山先生は、叱る時の場面は二つだけだと言います。一つは命にかかわるようなことを行ったとき。もう一つは大事な約束を破ったとき。人と人とのつながりの中で「約束を守る」ということは大変重要なこと。約束を破った時は「叱る」というより「諭す」という教育的な叱り方をすることが大切で、それ以外のことはそんなに目くじらをたてるほどのことではないと言います。
 「公平さ」については、向山先生が大森第四小学校に勤務していた時代のエピソードが語られています。同僚の先生のやんちゃな子供への対応に感動したという話です。詳しくは、ぜひ、動画にアクセスして、ご自分の目でお確かめください。向山先生の直筆の「一言」の色紙もご覧いただけます。
 教師以外の方も「明るく、優しく、公平で、知性的な、教師に!」の「教師に!」を自分の立場に置き換えてみてはいかがでしょうか。例えば「明るく、優しく、公平で、知性的な、母親に!」や「明るく、優しく、公平で、知性的な、サラリーマンに!」などなど。(by Misaki) 
◎色紙の言葉の原典 
≪新書版≫向山洋一教育要諦集 全15巻セット22,500 円(税込)  第2巻

http://www.tiotoss.jp/products/detail.php?product_id=2267
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR