アウトカム評価

 2016年から2017年にかけて、リハビリテーションの現場、特に回復期リハビリテーション病棟(以下、回リハ病棟)には「アウトカム評価」が取り入れられるようになりました。
 「アウトカム」を直訳すると「結果・成果」です。
 経済・経営の研究分析や医療現場など様々な業界で、何らかの効果測定をする場合に「アウトカム」という用語は使用されます。
 では、リハビリテーションの現場では何の「結果・成果」の効果測定を行うのでしょうか?
 一般的にはケガや疾病による機能障害において改善度や回復率など「リハビリテーションを実施することにより臨床上の成果がどれだけ得られたか」を数値化することを指します。

https://goshominami-clinic.jp/knowledge/what-outcome-rehabilitation.html

「アウトプット(output)とアウトカム(outcome)の違い ~成果につながらない分析結果は、ただの”お勉強”である~」
 アウトプットとは、インプットに対して”何らかの処理”を加えて、出力されるもののこと。
 アウトカムは、アウトプットを”解釈”して”実行に移す”ことによって、成し遂げられた・達成された結果のこと。

https://www.graffe.jp/blog/327/

実践 - 何を、どれほどやったか → アウトプット
実践 - どのような成果を挙げたか → アウトカム
・アウトカム評価の基本は、「目標・ねらい」をどれだけ達成したか。
 「目標・ねらい」が抽象的なままでは、アウトカム評価はできない。

http://blog.livedoor.jp/uzak1803/archives/1009650772.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR