中学部活 静岡市教委がガイドライン

 2017年9月9日のニュースに「中学部活 静岡市教委がガイドライン」というのを見つけた。
 果たして、中学校で部活動を指導してくれる人がそんなにたくさんいるのだろうか?しかも、報酬が月5~6万円!!!それじゃあ、副業でやってくれる人しかできないですよね!!!
◆週4日、月45時間 来春導入、教員の負担減
 静岡市教委は、公立中学校の部活動を上限で週四日、月四十五時間程度とする「部活動ガイドライン」を政令市で初めて作成した。教員と同等な立場で指導できる「外部顧問」のライセンス制度を全国で初めて創設する。長時間の部活動を制限し、教員の負担軽減を図るのが目的で、来年四月から導入する。
 文部科学省はガイドラインをまだ全国の教委に示していないが、静岡市教委は文科省に先行して独自にガイドラインを作成した。浜松市教委によると、浜松市は文科省のガイドラインを参考にして市のガイドラインを作成する。
 静岡市のガイドラインでは、活動日は平日は火曜、水曜、金曜日が原則。土日はどちらか一日のみ活動できる。活動時間は、夏休みなどの長期休暇を除き一年間で平均して月四十五時間程度までとする。活動日や時間は校長が管理し、違反が著しい場合には市が指導する。
 教員の長時間勤務の原因の一つとされる部活動の指導では、教員と同等に単独指導、単独引率ができる外部顧問を導入。ライセンス取得には、部活動の意義や指導方法に関する計七時間の講義と約一カ月の実地研修を受け、市教委が実施する面接試験にも合格する必要がある。給与は月に五万~六万円を支払い、四十人程度の雇用を目指している。現在、市は部活動で教員を補助する「外部指導員」を約百四十人雇用しているが、外部顧問にならなくても引き続き雇う。
 文科省は、外部指導員を学校職員にできる省令を、今年三月に公布。勤務形態や報酬など、必要な規則を整備するよう求める通知を全国の都道府県教委と政令市教委に出した。高井絢(じゅん)教育局次長は「休みをしっかりとった方が練習の成果がでるという研究もあり、外部指導者によって部活動のレベルが上がることも期待している」と話した。
 ガイドラインは十一日から市のホームページに掲載し、一カ月間意見公募(パブリックコメント)を実施する。
(垣見窓佳)

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170909/CK2017090902000102.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR