FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科書から消える? 龍馬 松陰も

 2017年12月4日の朝刊に「教科書から消える? 龍馬 松陰も」という記事が出ていた。
 「暗記はいけない。考える力をつけないといけない。」という考えからだろう。でも「基礎用語を暗記」しておかないと、「考える」ことは出来ないと思うよ。いくら考えても「知らないこと」は出てこないよ!
 えっ!???教科書に載せる用語って「文部科学省」が決めるのではなく、各教科書会社が決めるの???
 それに、中学校の教科書と高校の教科書のつながりは、どうなっているの???
高校教員ら 脱暗記へ提唱
 歴史を教える高校や大学の教員を中心とするグループが、高校の歴史教科書で学ぶ用語を半減させるべきだとの提言案をまとめ、全国の歴史ファンをざわつかせている。削減対象の用語には小説やドラマなどでおなじみの「阪本龍馬」や「武田信玄」「吉田松陰」といった著名人が数多く含まれている。暗記中心の学習から思考力育成型へとかじ切る狙いだが、ファンは「多くの人に愛された偉人を落とすなんて」と反発している。
(坪井千隼)
 提言案をまとめたのは、約400人でつくる「高大連携歴史教育研究会」(事務局・京都市)。教科書の載せる用語は教科書会社がそれぞれ自由に選んでいるが、研究会には教科書会社の関係者や執筆者も参加しており、影響は大きいとみられる。
 研究会によると、高校の日本史B、世界史Bの主な教科書に載っている用語は、現在3400~3800語。大学入試で出た用語や近現代史の用語が追加され、1950年代と比べると3倍近くに増えたという。
 研究会は、現在の授業時間数から考えて詰め込みにならないよう思考力を養うためには「2000語ほどが適切」と指摘。歴史上の重要度や必要性を考慮して用語を絞り込み、11月上旬にホームページで公表した。
 例えば戦国時代。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑は残ったが「川中島の戦い」で知られる武田信玄、上杉謙信など多くの武将は不要とされた。幕末に薩長同盟を主導した阪本龍馬、松下村塾の吉田松陰、フランス革命で処刑された王妃マリー・アントワネット、小説「罪と罰」のドストエフスキーも外れた。
 出来事では信長と今川義元が戦った「桶狭間の戦い」などが入らず、「グローバル化」「気候変動」といった現代用語を新たに追加した。
 こうした案に対し、国内外に190ある龍馬ファンの団体を束ねる「全国龍馬社中」の橋本邦健会長(76)は「龍馬が明治維新で果たした役割は非常に大きいし、何より、今も多くの人に愛されている。教科書からなくなるなんて信じられない」と憤る。桶狭間古戦場保存会(名古屋市)の梶野泉会長(69)は「桶狭間は、信長の名を世に知らしめた戦いで、歴史の重要な節目なのに」と首をかしげた。
 一方、研究会の運営委員長を務める桃木至朗大阪大教授(ベトナム史)は「歴史教育の目的は偉人伝でも夢とロマンの物語による情操教育でもない」と主張。批判に対しては「案で示したのは、覚えていることが求められる基礎用語。それ以外を載せてはいけないというわけではなく、発展的な用語としてコラムや図表、資料集などで学べばいい。武田信玄を基礎用語として学ぶより、地域ごとに地元の戦国大名を取り上げてもいいのでは」と話した。
 研究会は今後、ホームページなどで一般からも意見を募り、年度末までに最終案としてまとめる考えだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。