FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入試ミスと21世紀型教育

 『内外教育』第6645号の「ラウンジ」より、「入試ミスと21世紀型教育」の引用。
 大阪大学に続いて、京都大学でも入試の出題ミスが発覚した。入試の出題ミスは、そう珍しい話ではないが、ここまで大量の不合格者が追加合格となったのは異例だ。ある意味、旧帝大系国立大学の入試の熾烈さを物語っているといってよい。そう、これはまさに「1点」を争う入試だったのだ。
 受験生のことを考えれば、大阪大学や京都大学の対応のまずさは、社会的批判を浴びても仕方ないもので、到底、擁護できない。だが、現在文部科学省主導で進められている大学入試改革は、「1点刻み」を競う入試から「多面的・総合的に評価・判定」する入試への転換を目的としている。センター入試に変わる共通テストで記述式問題が出るのも、国立大学協会が国立大学の二次試験で「高度な記述式問題」を出題する方針を決めたのも、習得した知識の量より論理的思考、表現力などを評価するのが目的だ。
 しかし、このような出題には、評価する側の主観、価値観などが入ることは避けられない。そうなると入試結果に人生が左右されかねない受験生やその保護者、予備校関係者などから「出題ミス」との批判が出ることは、ほぼ確実だろう。逆に、批判や疑問の余地が完全にない採点ができる程度の記述式問題で、果たして思考力や表現力などを本当に評価できるのか。
 重ねて言う。大阪大学などの対応を弁護するつもりは全くない。けれども、今回の騒ぎに関する文科省も含めた社会の反応を見ていると「1点刻み」の入試から「多面的・総合的に評価・判定」する入試への転換を、本当に日本の社会は受け入れられるのか、という不安をぬぐい切れない。
 とはいえ、人工知能(AI)の発達による社会の変化が、教育に変革を迫っているのもまた事実だ。従来の教育の根幹だった「読み・書き・計算」では、人間はAIには勝てない。現在でも学校教育の多くは、知識の習得にほとんどの時間を割いているが、手元にあるスマホの画面を見れば、もうそんなことに大きな意味はないということは、誰にでも分かる。膨大なデータの蓄積、必ず正解のある問題を解決することは、AIの最も得意とする分野だ。実は学校教育は、スマホを使わない、ネットを検索しないという限定条件の中でしか価値が成立しない学習を子どもたちに延々とさせているのではないか。
 AIにできない、人間だけにできることは何か。それは問題自体、つまり「問い」を発見することだ。その意味で、「問題『解決』学習」を中心に捉えた、アクティブ・ラーニングの実践が多いことにも疑問が残る。(F)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。