飛龍高で免許外科目授業 05年度から

 2018年3月24日のニュースに、「飛龍高で免許外科目授業 05年度から」というものがあった。
 「免許法」って、変だよね!
 申請をすれば、免許を持っていなくても授業をしてもいいんだね。でも、申請をしないと無免許になってしまうんだね!
 こんなことが、他でも通用するのかな???しないよね!
 例えば、車の免許がなくても申請すれば、車を運転してもいいなんてことはないでしょう。無免許は無免許なんですよ。
 人件費を削減して、安い教育をするために、「申請すれば無免許でもOK」なんて法律を作ったんじゃないのかな???
 この学校は、無免許の授業をした教科の補習をすると書いてある。でも、「届け出をして無免許」の学校は、免許のある教員が補習なんてしないんでしょう?
 とにかく、納得ができない法律だ。
◆免許法違反の疑い
 沼津市の飛龍(ひりゅう)高校で少なくとも二〇〇五年度から、教員が免許を持たない科目の授業を行っていたことが同校への取材で分かった。県私学振興課は、教育職員免許法違反に当たる可能性もあるとみて調べている。
 井出啓之(ひろゆき)校長によると、同校では時間割をスムーズに組むなどの理由で、教員が免許外科目の授業をすることがあった。本来は校長が県私学振興課に「免許外教科担任」の申請をする必要があるが、同校は申請していなかった。
 一六年度に就任した井出校長は「教員や教科主任から報告がなく、免許外科目に気づけなかった。教科主任は『校長が申請していると思った』と話しており、意思疎通にミスがあった」と説明した。同校で免許外科目の授業が始まった時期は「〇四年度以前は資料が残っていないので分からない」としている。
 同校には現在、教員百十一人と生徒九百九十三人が在籍している。在校生については、二年生百二十一人が地理や世界史で免許を持たない教員の授業を受けており、同校は補習や課題提出で対応する方針。
 保護者から問い合わせや苦情も寄せられているといい、井出校長は「生徒には弁解のしようがない。今後は誰がどの免許を持っているかを学校全体でチェックしていく」と再発防止策を語った。
 県私学振興課の担当者は「今は学校に資料提出を求めている段階。対象となる教員が多く、いつまでに調査を終えられるかは未定」と話した。
(杉原雄介)

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2018032402000103.html

 「毎日新聞」2018年3月9日 地方版にも、「飛龍高 免許外科目で授業 11年度から継続か、県が調査 /静岡」と出ていた。
 私立飛龍高校(学校法人沼津学園・沼津市東熊堂)で少なくとも2011年度以降、地理歴史の免許を持たない公民の教諭が地理や日本史の授業を継続的に行っていた可能性があることが、同校関係者への取材で明らかになった。教育職員免許法に違反する疑いもあるとして、県が調査に乗り出した。
 同校は2月8日、県私学振興課に「今年度の地理、日本史で免許を持たない公民教諭2人に授業をさせてしまった」と報告。対象の2年生2クラス61人と3年生3クラス78人に単位認定のため補習や課題提出を求める対応を決めた。しかしそれ以外の免許外の授業についての報告はなかった。
 県私学振興課の田中真生課長は「生徒が決められた教育を受けることが学校では最も重要。事実関係を調査したい」と話した。一方、同校の井出啓之校長は「以前の資料は高校に残っていないため確認が取れない。当時から残っている教諭に今後聞き取り調査を行う」としている。
 教育職員免許法上、例外として他の教科の免許を持つ校内の教諭が1年に限り免許外の教科を担任できる「免許外教科担任制度」があるが、飛龍高校はこの制度の適用を受けるための県教委の許可を受けていない。同法は、教育免許を持たない者を故意に教員に任命・雇用した者には30万円以下の罰金に処すると定めている。【石川宏】

https://mainichi.jp/articles/20180309/ddl/k22/100/308000c
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR