ディスレクシアと合理的配慮①

 『内外教育』2018年4月3日より、「ディスレクシアと合理的配慮」第1回、「読み書きが困難とは?」の引用。
 ディスレクシアはギリシャ語のDYS(できない)とLEXIA(読む)をつなげた医学用語である。書くことが困難なディスグラフィア、計算が困難なディスカリキュアなどと並んで、発達障害の中の学習障害(LD)の中核症状といわれている。
 LDは発達障害の中でも一番大きな部分を占めているにもかかわらず、見た目では困難さが分からないことや、社会性や行動の問題が顕著に出ないため、保護者や教員、さらには本人も気付かずにいることが多い。
 文字ができて数千年、世界を見回せばまだまだまだ識字率が低い国や文字を持たない文化もある中で、日本は識字率こそほとんど100%だが、実際には読み書きの困難を示す児童生徒の数がは意外に多い。文部科学省の調査でも通常学級にいる児童生徒の4.5%が学習に困難を示しているとされている。
 先天的な脳の機能の問題といわれているので、ただやみくもに音読の練習を重ねたり、漢字をひたすら何百回も練習したりしてもほとんど身につかず、教師も保護者もがっかりすることが多い。しかし、一番がっかりしているのは本人である。叱咤したり、課題の量を増やしたりしたのでは埒が明かない問題である。
 発達障害者支援法、障害者差別解消法や教科書バリアフリー法など数々の法律ができ、施策もそろってきているが、まだまだ現場では混乱が多くみられるのが現状である。教材や教え方を調整・変更すれば対応でき、本来の力を発揮できるはずなのだが、まだそこまでいっていない。
 教師もディスレクシアかどうかを見分ける方法を持っている人はほんの一握りで、発達障害の専門家も自閉症スペクトラムやADHDなどの社会性や行動面における問題については対応できても、ディスレクシアへの対応ができる人はそれほど多くない。
 まずは理解をして、大変さに気付き、その程度や表れ方のアセスメントをし、できることをうまく使い、環境整備をして一人一人のニーズに応えることが大切だ。そうすれば本人は、学習内容を理解して、自分なりの表現方法を使用していくことで、「障害」を「強み」に代えていくことができる。
 ディスレクシアがある人たちを苦しめるのは、外見で分からないということである。スポーツができ、発言もしっかりとしていて、友人もいるし、ルールも守っているとなると、支援の対象として挙がることは少ない。自分でも他の人と自分はどうやら何か違うようだとは感じているのだが、それが何だか分からないまま時が過ぎていく。ディスレクシアのほとんどは通常学級に在籍しており通級に行っても対応がされないことが多い。
 保護者からの訴えで多いのは、ディスレクシアの診断を受け、合理的な配慮を求めても、学校からは「前例がない」「1人だけ特別なことができない」「自分できちんと周りに説明ができたら」「何をしたらいいか分からない」など、実にさまざまな理由をつけて、対応がされていないということである。
 これから1年にわたって、ちょっとした工夫、ニーズに合った教材、人材、指導方法、支援やスキルを紹介し、このような現状を少しで変えることができたらと思う。
(藤堂栄子=認定NPO法人エッジ会長)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR