FC2ブログ

ADHD(注意欠如・多動症)と学校生活―当事者の視点から②

(前回からのつづき)
学生時代を振り返って
 当時を振り返ってみると、忘れ物や失くし物がとにかく多く、宿題などの提出物の期限を忘れる、渡された配布物などを紛失する、といったことを日常的に繰り返しているような子どもでした。私の意識の中では、決して不真面目にしているつもりではなかったのですが、周囲の大人、特に学校の先生には、「できること」と「できないこと」の差があまりにも大きいため、「なぜこんなことができないのだろう」と、不思議に思われていたように思います。
 一方で成績の方も、学習の内容は理解できているにもかかわらず、いざ試験となると、例えば英語であれば簡単な単語のスペリングミスや文法の間違い、数学であれば単純な四則計算のミスなどが多く、「もったいない」「もっと良くなるはずなのに」と毎回のように言われていました。
 これらの学習面の問題は間違いなくADHDの症状に由来するものだったと思うのですが、当時は発達障害についての認識は一般的ではなかったこともあり、周囲からADHDを疑われることもありませんでした。そのため、ケアレスミスで成績が伸びないのは「本当はできるはずなのに、努力が足りないから」、忘れ物や失くし物が多いのは「いい加減で不真面目だから」と評価されがちで、先生や両親に叱られてばかりいました。そして叱られるたびに私も「このままではダメだ」「何とかしよう」と、自分なりの対処法を色々と考えるのですが、結局上手くいかずに同じ失敗を繰り返してしまい、そのたびにまた叱られる、といったことを繰り返していました。いつしか私も自分自身のことを「叱られてばかりの悪い子」「何度言われてもできないダメな子」だと思い込むようになり、同時に頭ごなしに叱ってばかりの周囲の大人に対して反発や不信感を抱くようになっていました。
 中学校に進学する頃になると、クラスでのいじめがさらにエスカレートしたことで、学校生活のストレスと学校への不信感がピークに達し、学校に通えなくなりました。その頃には両親と家庭内で衝突することも多くなり、家庭での生活もかなり荒んでいました。当時の私は本当に扱いにくく、周囲を困らせる子どもだったと思いますが、今になって振り返ると、本心では「自分はこんなに頑張っているのに、なぜわかってくれないんだ!」と、必死に周囲の大人に訴えていたのではないかと思います。

(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR