FC2ブログ

リーダーが行うべき2つの仕事

「リーダーが行うべき2つの仕事」
 組織におけるリーダーを厳密に定義すると、「組織・チームの目標達成を使命とし、そのために、PDCAを主導的な立場で管理する役割」であるといえます。難しいですね。簡単に言ってしまえば、次の2つがリーダーの大きな仕事になるということです。
 1 チーム・組織に方向性を与える役目
 2 指し示した方向性に向けてメンバーを動かす役目
 校長、担任、生徒会長、学級委員、部活の部長・・・それぞれがその役割をもとにメンバーの「ローモデル」となり得ているでしょうか?!具体的にはここから更に5つの役割が生じます。
「リーダーの役割5箇条」
1 ビジョンを伝える
 ビジョンをチームメンバーのレベルに合わせて、分かりやすく伝えていく力
2 メンバーのモチベーションを上げる
 個人のモチベーションは、チームのモチベーションにつながる
3 現場管理
 現場の空気を読みながら、臨機応変に場の雰囲気を変える役目
4 人材育成
 有能な人材を育てることは、チームを束ねること以上に大切な役割である
5 目標達成のためのコーチング
 答えを導くのではなく、メンバーが自ら答えにたどり着けるようなコーチングをすることが大切
 このようなリーダーの役割を考えると、リーダーに向く性質が見えてきます。
「リーダーに向く性質」
〇自分が主導的な立場から、メンバーに自分の意見を押しつけるリーダーは、チームや組織のメンバーから自主性を奪う傾向がある。
〇メンバーを尊重し、ひとりひとりの能力を生かそうとするリーダーは、メンバーが創造性を発揮できるチーム・組織になりやすい。
 気が強く自信家な人ほど、「俺についてこい!」「俺がこのチームのすべてを決める!」という、いわゆる独裁的なチーム運営になりがちです(上意下達式)。その逆に、気が弱い人は、「自分よりも周期」に気配りができます。メンバーの意見を、相手の立場に立って考え、尊重できるのです(権限移譲式)。その結果、メンバーに活躍の場を与えることになり、それがみんなのやる気につながります。
 現在の組織論から言えば、メンバーに活躍の場を与えるチームの方が、より大きな成果を生み出すことでしょう。つまり、リーダーとしての適性は、気の弱い人の方にあると言ってもいいのかもしれません・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR