FC2ブログ

『HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法』高田明和(廣済堂出版)1512円



 2019年6月13日の朝刊のニュースに「浜松医科大 高田名誉教授が本出版」というものがあった。
敏感すぎる人、一読を
 「人の言葉を真に受けすぎる」「昔のことをいつまでも気にしてしまう」といった傾向を持つ人へアドバイスを届ける本を浜松医科大の高田明和名誉教授(83)=東京都墨田区=が出版した。
 題名は「HSPとうつ 自己肯定感を取り戻す方法」(廣済堂出版)。自身も同じ傾向に悩んだという著者が経験を基に書いた。
 HSPは「Highly Sensitive Person」の略。一九九六年に米国の心理学者が提唱した。音や光、色彩、人間関係にとても敏感に反応する気質の人を指す。うつ病などの心の病気とは診断されないが、社会には15~20%ほど存在するという。
 この気質のため、例えば職場で上司の発言を気にし過ぎてしまい、つらくなることも。本著では、他人と自分を比較しないことや、自分が心地よい時間を過ごす習慣を持つことなどが大事と紹介する。
 高田名誉教授によると、HSPがよく表れているのが森友・加計学園を巡る一連の問題などの権力中枢への忖度(そんたく)だという。「現代は敏感な人にとって特に生きづらい世の中になってきた。だからこそ、多くの人がこの気質について理解を深めてほしい」と話す。B6判、百九十八ページ、千五百十二円。
(鎌倉優太)

https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20190613/CK2019061302000028.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR