FC2ブログ

心理検査「P-Fスタディ」

 「P-Fスタディ」、確かに大学で勉強したが、実際の検査結果を見て、指導に生かすのは、現在の職場に赴任してからのことだ。  P-Fスタディ(絵画・欲求不満テスト)とは、ローゼンツァイクRosenzweig.Sによって、欲求や怒りの表現を測定するために考案された、投影法による人格検査です。  P-Fスタディの検査は、だれもが日常的に経験するような、軽い欲求不満場面が漫画風に描かれている24枚の絵を使って行われます。各場面にはふたりの人物が描かれており、左側の人物が右側の人物を欲求不満に陥れるような言葉が吹き出しに描いてあります。  それに被験者がどのように反応するかを右側の人物の空白になっている吹き出し部分に自由に書き込んでいきます。  被験者がどのように反応するかによって、被験者の反応の背景に潜む人格の独自性が採点されます。  P-Fスタディの反応結果の採点は、「攻撃の方向」と「反応の型」の2次元の組み合わせによって行われます。「攻撃の方向」には、外罰・内罰・無罰、の3方向があり、「反応の型」には、障害優位(障害の指摘に重点をおく)・自我防衛型(自我の強調)・要求固執型(問題の解決に重点をおく)の3つの型があります。  この2次元の組み合わせからできる9カテゴリーと2つの変種からなる計11種類によって、反応が採点されます。 http://www.12counseling.com/archives/2005/08/pf.html http://shinrigaku.info/ http://www.saccess55.co.jp/kobetu/detail/pf.shtml
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR