FC2ブログ

児童自立支援施設に赴任して「療育手帳」

 お恥ずかしい話だが、療育手帳というものを、初めて知った。そこで、療育手帳について調べてみた。都道府県により若干の違いがあるようである。  療育手帳とは、知的障害のある人に一貫した指導・助言を行うことと、福祉の援護を受けやすくするためのもので、専門機関で判定した後に交付されます。  療育手帳には有効期間があり、手帳に記載されている次回判定日前に再度判定を受ける必要があります(ある一定の年齢に達すると生涯認定になる場合もあります)。  手帳のランクは心理判定、医学判定、調査結果などを総合して決定します。IQ(知能指数)も測定し、判断材料にするようです。  ランクは地域によってつけ方(AとBの区分のみ、A1~B2、1度~4度など)が違います。詳細は住んでいる地域の市役所や児童相談所などに問い合わせてください。  ある県の例:   マルA(最重度)  IQ20以下くらい   A(重度)     IQ21~35くらい   B(中度)     IQ36~50くらい   C(軽度)     IQ51~70くらい  ただし、IQはあくまで「目安」です。  療育手帳を提示すると税金の減免、医療費の免除、交通機関の割引、遊園地や博物館などの入場料の減免などが受けられます(減免率は手帳のランクにより異なります)。  また、マルA、A、Bでは特別児童福祉手当てが、マルAでは障害児福祉手当をもらえます(ただし手当てには所得制限がありますが)。  また、最近多くなってきたのは障害者雇用のための使い方です。長引く不況で障害者の雇用状況は大変きびしく、手帳を取って障害者雇用を目指す人が増えています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR