FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発達障害 前頭葉を鍛えて克服

 新聞に「前頭葉を鍛えて克服 軽度発達障害で講演」という記事が載っていた。  長野県天龍村の私立小中学校「どんぐり向方学園」の中野昌俊理事長の講演があったらしい。不登校の原因とも言われる軽度発達障害の児童生徒を持つ家庭や教育関係者に、立ち直りのきっかけにしてもらおうと不定期に開くセミナーだということだ。 (以下引用)  中野理事長は「軽度発達障害は現代っ子によく見られる症状で、病気とはいえない。前頭葉を鍛えれば克服できる」と説明。同学園で実践する自然体験学習を紹介しながら「暗記学習でなく、自分で計画、実行、反省させ、我慢や工夫することを学ばせることが大事」と訴えた。  各家庭でも好きな物を与え続けると「親を召し使い代わりにして、徐々に要求が高まる」とも。自由にならないことを体感させれば「けじめや思いやりの心がはぐくまれる」とアドバイスした。 http://www.donguri-gakuen.jp/  この意見に、賛成の部分もあるし、反対の部分もある。  多くのADHD児の場合、成長するほどに落ち着きが出てくるような気がしている。それは、所属している集団の雰囲気が落ち着きが出てくること、さらにその児童が適切な指導によって所作を学んでいるからなのだと思う。ただし、注意ばかりされ、褒められずにいて、二次障害の反抗挑戦性障害(ODD)になった場合は、行為障害(CD)に発展する場合が多いようだ。  前頭葉を鍛える必要は感じている。脳医学者の著書に「計算練習や暗唱は前頭葉を使っている」と書いてあったと思ったが、この講演者は暗記学習はダメだといっているようだ。暗記学習ばかりとか考える学習ばかりという両極端ではなく、バランスが大切だと思う。  我慢を学ばせる必要性は感じる。PDD児の場合、注意してはいけない、何でも好きな通りやらせなさいというような間違った(?)考えもまかり通っているようだ。その辺は、躾とも関連してくる。
AUTHOR: みつお IP: 210.230.147.59 DATE: 07/21/2008 17:34:50 後遺障害は「行為障害」なのでは…、変換指摘で申しわけありません。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

発達障害者と向き合って最も重視すべき事

自閉症の子供達は小脳に動作回路を記憶できず、長期記憶に頼らざるを得ないと前節で書いた。

コメントの投稿

非公開コメント

 コメントありがとうございます。
 辻井正次先生の「自分らしく」という言葉を思い出します。
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。