FC2ブログ

学校の先生が国を滅ぼす

 昨日の「たかじんのそこまで言って委員会」というテレビで『学校の先生が国を滅ぼす』(産経新聞出版)の著者が出演して、教育問題について討論していた。  『学校の先生が国を滅ぼす』という本は、タイトルに惹かれて買った。著者である元校長は、養護学校(現:特別支援学校)に勤めた時のことを書いている。  タイトルからするとどんな内容なのだろうと思ってしまったが、要は「国旗」と「国歌」の問題である。「日の丸」も「君が代」も天皇を称えるものなので、軍国主義に行ってしまうから反対ということなのだろう。(こんな本買って損をしたと思った・・・が、すでに時遅し・・・!)  テレビでは、教職員組合の平和主義?との衝突について話していた。そして日教組を攻撃してたが、大阪の養護学校の先生方が日教組に入っている確率は低い。他の教職員組合だろう。著者も日教組ではないと言っていたが、出演者は日教組を攻撃していた。これは話をすり替えている。(自分は別に日教組を擁護するわけではないが)  著者が勤めていた都道府県の特性もあると思う。教職員組合の組織率が高い県でも穏やかな県があると聞く。  平和主義と愛国心は、難しい問題だよね。 http://www.ytv.co.jp/takajin/
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR