FC2ブログ

子どもが変わるためには・・・

 リーフレットよりの引用。 <色:#0000ff>「大人」や「地域」が変われば、子どもは変わります。 大人から変わりましょう  大人が子どもや若者のマナーの悪さを他人事のように嘆いていても問題は解決しません。まず大人が、身の回りから行動を見直し、実行していく必要があります。  大人が「美しく挨拶しよう」「美しく歩こう」「美しく話そう」を実践すれば、子どもは美しい言葉や立居振舞を身につけます。その結果、子どもが自分で自分をしつけることができるようになります。 地域社会が関わりましょう  家庭だけでなく、地域社会がいろいろな活動を通して子どもを育てていく必要があります。  地域社会では、地域がもつ伝統や習慣を伝えていくことで、子どもは自分の倫理観、美意識を磨きながら、他者と出会い、他者を気遣い、自分を完成させていきます。 みんなで取り組んでみましょう! ①明るく美しい”挨拶”  大人は子どもに、明るく美しい”挨拶”をしていきましょう。挨は「心をひらく」、拶は「相手に近づく」という意味です。  挨拶されると、子どもには「見守られている」という安心感が生まれます。 6つの言葉を笑顔ではっきりと・・・ ・おはよう ・おやすみ ・いただきます ・ごちそうさま ・おやすみなさい ・ありがとう ②美しい立居振舞  大人から子どもへいろいろな美しい立居振舞を見せましょう。 ・靴をきちんとそろえる ・箸の持ち方を美しく  ・・・等々、様々なテーマがあります。 ③美しく話す  母語ではっきり、美しく話す習慣をつけることは、筋道を立てて物事を考える基礎になります。 ・日本語の美しいひびきや表現をまず大人が楽しみ、その楽しさを子どもに伝えていきましょう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR