FC2ブログ

地域を守る教育

 「教室ツーウェイ」(明治図書)2010年6月号の引用の続きです。  教育は、地域を愛し、地域を理解し、地域から育てられ、地域を誇りに思い、地域を守り、地域を発展させなければならないと思います。地域を離れ、過疎化が進むような教育であってはならない。詳しくは本誌をお読みください。 <色:#0000ff> TOSSは過去30年教育活動のすべての面についてつくってきており、その内容は二千冊に及ぶ出版された本、三千冊を越える十種類の教育雑誌、三千冊を越える全国各地のサークルの研究紀要などにまとめられています。  そのテーマは次のことでした。  第一は「できない子をできるようにする」ということです。跳び箱が飛べない子が五分で跳べるようになるなど、何千もの指導法を用意してきました。  第二は「基礎学力」を向上させてきたことです。算数のクラス平均90点以上など当たり前のことになってきました。  ダントツの日本一の教材になった「あかねこスキル」など、さまざまな教材を開発しました。ちなみに「漢字スキル」「計算スキル」の商標は向山が持っています。  第三に「レベルの高い」教育も追求してきました。分析批判による向山学級の評論文は今も、全ての教師の目標になっています。  酒井式で描かれた中学生の絵が、ヨーロッパ最大の王家「ハプスブルク家」によって買いあげられました。酒井式は宮廷画家を誕生させました。  第四に、子ども達の授業にとって必要なことがらの学習もつくってきました。  エイズ教育を日本で最初につくったのはTOSSです。アメリカのニューヨーク市のエイズ教育部長、CDCの二人のドクターを招き学士会館でセミナーをしました。エイズ授業の原型は、TOSSが作ったのです。  同じく、「ボランティアの教育」をはじめて実践したのもTOSSです。「ジュニアボランティア教育」という雑誌も発刊しました。  地球環境教育もTOSSが作りました。日本には全くなかったので、アメリカにわたり「NASA」と「スミソニアン博物館」から、資料をもらってきました。  日本の各企業のCO2対策の技術を教材化したのもTOSSです。  これらのことは十指にあまります。どれも、子ども達の未来に必要なことした。TOSSの教師は、子ども達と一緒に未来を見つめていたのです。  第五に、特別支援の子への教育を作りあげてきました。特別支援の子への教材・教具・指導法は広く医学会から認められています。TOSSと慶応大学医学部精神科学教室との共同研究は、40大学の医学部の発表の中で最優秀になりました。ペーパーチャレランを使った統合失調症の訓練プログラムです。これは、国際的にも注目されています。  来月の日本小児医学会ではTOSS教材・教具・指導法が発表されます。  各地で、ドクターとTOSS教師の協力がすすんでいます。「ペーパーチャレラン」「五色百人一首」「五色俳句かるた」「直写教材」「直写ノート」「百玉そろばん」などは、特に効果があるとして、医師達がすすめて下さっています。  そして今、第六のテーマにかかっています。それは次のことです。 ①地域を理解し、②地域から育てられ、③地域を誇りに思い、④地域を守り、⑤地域を発展させる教育です。  「地域を守る教育」の一つとして、観光立国教育の全国研究会をつくりました。昨年、静岡で千名もの先生方が参加して大会をしました。本保観光庁長官、西阪審議官はじめ、静岡県知事、観光協会など四団体の会長も参加しました。  現在、ユーチューブに、「小学生が作った地域の観光資源」を、二分の映像として全国五百の学校がのせています。  今年は、夏休みに兵庫で開かれます。「地域から育てられ」の新しい中味として3つを考えています。それは福留先生などと二十年前からすすめてきた「子ほめ条例」の制定です。小学校、中学校の時に「すべての子ども」に対して「賞状を与える」という条例です。これまでに、20の町村で実施されてきました。  そして、小学校4年、「十歳の時に実施する二分の一成人式」、中学二年「十四歳に実施する立志の式」の実施です。  これらの式は、かつて心ある教師によって始められてきました。私たちも、十年前から広めるために努力してきました。  粗く言うと、二分の一成人式は、地域への理解、家族への感謝を確かめる場であり、立志の式は自分の人生を考え、夢を描き、その実現のための努力をしていく場なのです。  生きがいのある地域社会の創出をめざす二十一世紀、日本の教師の役割を私は本誌で次のように述べていました。  「生きがい」を求める第一の場は、「地域社会」である。地域の中にはさまざまな活動を生み出されるだろう。伝統文化、環境、自然、生涯学習、趣味、交流、イベント、これまでの活動を倍する中味が作られるだろう。それは「豊かな社会」への一歩なのである。こうした「生きがいのある社会」「元気な地域」を作っていくために教師が担当できる仕事は多い。一見学校は関係ないように思えるが、こうした活動は、「教え子」に対する「実際的な教育実践活動」なのである。こうした活動は、教え子を支えることであり、教え子の豊かな未来を準備させることであり、教え子に生きがいのある社会を準備することなのだ。これは教え子に対する誠実さのあらわれであり、教え子への連帯の証なのである。
TITLE: 日本人類遺伝学会第55回大会 URL: http://gakkai.robot.schoolbus.jp/?eid=120 IP: 210.172.182.33 BLOG NAME: 学会の宿泊案内 DATE: 06/06/2010 22:08:33 日本人類遺伝学会第55回大会の宿泊案内 宿泊  会場近くの宿・ホテル 学会情報 学会日本人類遺伝学会第55回大会日時10月27日(水) - 30日(日)託児所あり  詳細会場大宮ソニックシティ住所埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5アクセスガイド●JR大宮駅西口より徒歩4分 *ママさん研究者にはうれしい託児所があります^^ JUGEMテーマ:国内ホテル
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR