FC2ブログ

子どもの暴力 過去最多

 2010年9月15日の朝刊によると、子どもの暴力が過去最多になったということだ。今の教育システムに何か問題はないのだろうか?理想論ではダメだ。現実を見つめてほしい!  全国の国公私立の小中高校が二〇〇九年度に把握した学校内外の暴力行為が、前年度より千二百九十五件増の六万九百十三件と過去最多だったことが十四日、文部科学省の問題行動調査で分かった。四年連続の増加で、初めて六万件を超えた。高校では減ったが、小中学校では増加しており、暴力行為の低年齢化が浮き彫りになった。  文科省の担当者は「感情のコントロールができず、コミュニケーション能力が低くなっている。集団の暴力から、特定の子が繰り返して起こす個別の暴力に変化しつつある」と分析。早期の対応に努めるよう全国の都道府県教育委員会などに通知した。  内訳は小学校七千百十五件(前年度比六百三十一件増)、中学校四万三千七百十五件(同九百六十一件増)、高校一万八十三件(同二百九十七件減)。  状況別では、生徒同士が三万四千二百七十七件と過半数を占め、器物損壊が一万六千六百四件、「教師への暴力」が八千三百四件、「見知らぬ人などその他の人へ」は千七百二十八件。人への暴力のうち被害者が病院で治療を受けたのは一万千七百八件に上り、文科省は粗暴化している可能性もあるとみている。  いじめは七万二千七百七十八件で、前年度より一万千八百七十件減。内訳は小学校三万四千七百六十六件、中学校三万二千百十一件、高校は五千六百四十二件、特別支援学校は二百五十九件だった。  いじめの内容(複数回答)は「冷やかしや悪口」が64・7%と最多で、インターネット掲示板などを使った中傷などは4・4%。自殺した児童生徒は前年度より二十九人増の百六十五人で、うち二人はいじめが原因とされた。  文科省は、いじめを把握した学校が37・9%で、前年度より2・1ポイント減ったことなどから、学校が把握できていない可能性があるとして、都道府県教委に実態を把握するよう求めた。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010091502000031.html
AUTHOR: 今年は野武士 EMAIL: bonhouse@icv-net.ne.jp URL: http://edublog.jp/nakachan44/ IP: 180.148.207.78 DATE: 10/03/2010 01:23:05 「こんなことはやってはいけない。」 人の行動を抑制するのは前頭葉の働きとか。 ということは、子どもの前頭葉の働きを阻害する何らかの要因があるのかも…って、大人も似たようなものですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

 コメントありがとうございます。
 早期の対応が必要だったかと思います。セカンドステップも幼児向けだったと思います。
 35歳ですか・・・専門機関に相談してみるのがいいのではないでしょうか。
プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR