FC2ブログ

小中高で自殺予防教育

 今朝の朝刊に「小中高で自殺予防教育 文科省が導入方針 米を参考、13年度にも」という記事が載っていた。  これは賛否両論ありそうですね。  子どもの自殺を食い止めようと、文部科学省は七日、小中高校に自殺予防教育を導入する方針を決めた。先進的な米国の教育を参考に、授業にどう取り入れるかを近く設置する専門家会議で論議する。ストレスとの向き合い方や、悩みを一人で抱えない対処法を学ぶことを想定し、二〇一三年度にもモデル校を選ぶ。  文科省によると、一〇年度の児童生徒の自殺は百四十七人で、ここ数年は年間百五十人前後で推移している。原因はいじめがクローズアップされることが多く、対策を強化してきたが「実際は家庭環境や不安など多様な要因が絡んでいる」(文科省幹部)とされ、抜本的な対策に結び付いていないのが実情だ。  このため文科省は、自分がストレスを感じた際の対応や、友人の変化に気付いた場合の接し方などを身に付けさせて自殺者を減らした米国の予防教育に注目した。  米国の学校は授業で、地域にある相談機関を教えたり、友達から深刻な悩みを打ち明けられたら大人に話すことをアドバイスしたりしている。アンケートで自殺の危険が高い子を教員が見つけた場合、カウンセラーらにつなぐこともある。  専門家会議では(1)米国を参考にした実践的な授業方法の開発(2)教員や校長がより子どもに配慮するための意識向上策(3)心療内科医ら地域の専門家との連携の在り方-などを中心に具体策や課題を検討する。  子どもを刺激する可能性があるとして、学校では自殺を授業で取り上げることへの抵抗感もあるが、文科省は「予防教育が効果を上げれば、全国で年間三万人を超える自殺者全体を減らすことにつながる」としている。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011080802000026.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニャン太郎

Author:ニャン太郎
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
COUNTER
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR